ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

泌尿器科

 高度な病院設備のもとで幅広く泌尿器科領域全般やすべての血液浄化に対応できるよう心掛けています。以下に診療内容を紹介します。不明な点がありましたら気軽にお問い合わせください。(外来は完全予約制

対象疾患

泌尿器系腫瘍

 腎がん、腎盂尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がんなどの悪性腫瘍に対しての根治手術、抗がん剤を用いた化学療法、放射線治療は原則すべて自前で施行しています。また、腎がん、腎盂尿管がん、副腎腫瘍に対しては腹腔鏡での摘出術も行っています。前立腺がんについては令和元年秋から手術支援ロボットを使用した体に負担の少ない最先端の腹腔鏡手術を開始しました。

尿路結石症

 自然排石しない腎尿管結石患者さんに対しては経尿道的に内視鏡を用いた結石砕石術(f-TUL)を尿管鏡とレーザーを用いて多数行っています。患者さんによっては体外衝撃波による結石破砕(ESWL)を1泊2日入院で施行しています。

男性の排尿障害

 薬物治療が効かない前立腺肥大症、神経因性膀胱の患者さんに対しては内視鏡手術や自己導尿指導等を行っています。

女性泌尿器科疾患

 尿失禁、膀胱脱(瘤)で悩む患者さんに対して薬物治療が効かない場合、尿失禁手術(TOT)や膀胱脱根治手術(TVM)を行っています。いずれも経膣操作がメインですので、皮膚にはほとんど傷がつきません。

小児泌尿器科疾患

 停留精巣、陰嚢水腫、真性包茎手術等を行っています。複雑な疾患は症例に応じて、札幌の病院(北海道大学病院、コドモックル)に適宜相談して診療しています。

尿路感染症

 腎盂腎炎、前立腺炎、膀胱炎といった性病以外の一般の尿路感染症には、もちろん通常対応しています。また、近年尿路結石関連の重症感染症が増加しており、尿管ステントも含めた緊急対応も随時行っていますのでお気軽にご相談ください。
 

血液浄化

 急性腎不全、慢性腎不全に対する総合病院としての緊急透析、シャント作製、血液透析導入等はもちろんのこと、腹膜透析(CAPD)導入も行っています。腎移植を希望される患者さんに対しては窓口となります。腎不全以外にもSLEやC型肝炎、敗血症等に対する血漿交換、血液吸着も依頼があれば対応しています。

診療実績 令和2年度(4~3月)

手術件数456件

開腹手術

腎摘出術 6件
腎部分切除術 3件
膀胱全摘術 5件
前立腺全摘術 6件
腎尿管全摘出 2件
 

内視鏡手術(結石除く)

腎尿管 11件
膀胱 69件
前立腺 18件
尿道 3件

腹腔鏡手術

腹腔鏡下副腎摘出術  4件
腹腔鏡下腎摘出術 9件
腹腔鏡下腎尿管全摘術 5件
ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術 23件
 

結石関係手術

経尿道的腎尿管結石砕石術  39件
経尿道的膀胱結石砕石術 4件
経皮的腎結石砕石術 2件

経直腸的前立腺生検 58件

内シャント造設術 40件

除睾術 11件

高位精巣摘出術 2件

小児手術 13件

女性尿失禁・膀胱瘤手術 4件

その他

尿管ステント挿入・交換 57例 
シャントPTA 29件
ESWL 総回数 23回    総結石数 15
 

担当医職・氏名 資格 専門(得意)分野

副院長

竹内 一郎
(タケウチ イチロウ)
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
日本透析医学会透析指導医
日本透析医学会透析専門医
日本移植学会移植認定医
泌尿器科全般
診療部長 杉下 圭治
(スギシタ ケイジ)
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 
家庭医療専門医
日本プライマリ・ケア連合学会
プライマリ・ケア認定医
日本医師会認定産業医
ロボット支援鏡視下手術認定資格
泌尿器科全般
総合診療科
(地域医療)
医  長 樋口 はるか
(ヒグチ ハルカ)
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
日本移植学会移植認定医
日本臨床腎移植学会腎移植認定医
泌尿器科全般
医 員 花井 阿宜
(ハナイ アタカ
泌尿器科全般
泌尿器科詳細はこちら・・・

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません