ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

歯科・歯科口腔外科

【重要なお知らせ】

新型コロナウイルス感染症の対応について

 歯科・歯科口腔外科で行われる口の中の処置は、唾液や血液を含んだ飛沫(エアロゾル)が発生することが多く、新型コロナウイルスの感染リスクが高いと考えられています。報道にありますようにマスクや手袋などの医療物資の供給も先行きが不透明な状況です。
 感染拡大防止のため、歯科・歯科口腔外科は当面の間、次のとおり対応させていただきます。

 

  • 急性症状のある場合や外傷、腫瘍などを除き、不要不急の診療、飛沫発生を伴う治療や抜歯は延期しております。
  • 全身麻酔などの入院を伴う処置は延期しております。
  • 患者さんが急ぎの処置を希望される場合は、他院の歯科口腔外科を紹介させていただいております。
     

 その他、ご不明な点は、お電話で確認してくださいますようお願いいたします。
 新型コロナウイルスが収束に向かい、通常どおりの診療が再開される際は、ホームページ上でご連絡いたします。
 
 歯科治療が原因となる新型コロナウイルス感染を防止するため、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願
いたします。

 

診療体制

診療内容

 顎、顔面、口腔領域に発生するいろいろな疾患を対象として、診療しています。特に当科では、苫小牧を中心とした胆振、日高地域の歯科医療において、他医療機関等からの紹介患者の診療に力を注ぎ、病診連携の核として現在約60.4%の紹介率です。
 一般歯科治療は原則行っておりません。地域の診療所と連携・紹介させていただいています。 

平成29年度実績

紹介患者数:1,436人
紹介率:61.2%

平成30年度実績

紹介患者数:1,497人
紹介率:65.5%

令和元年度実績

紹介患者数:1,755人
紹介率:63.9%

令和2年度実績

紹介患者数:1,303人
紹介率:60.4%

 

外来体制(完全予約制)

 外来では、歯科診療ユニットが7台設置され、常勤歯科医師3名、非常勤歯科医師が月に約2名(北大歯学部教官)、歯科衛生士6名、歯科受付数名の体制で診療を行っています。患者数は1日に約60~80人です。

入院実績

 当科の入院病床は西6階病棟に2床用意しています。混合病床ですが、全体で48床を看護師23人で管理しています。入院患者は1日平均4人という状況であり、口腔外科疾患や障害者、有病者など入院が必要な患者さんの診療を行っております。

以下、平成29~令和2年度の実績を紹介します。
 
歯科・口腔外科 入院実績
H29年度 H30年度 R1年度 R2年度
延べ入院患者数 1,618 1,757 1,868 1,419
全麻手術患者数 267 309 324 212
実入院患者数 443 470 540 355
症患別患者数 顎変形症 18 5 15 14
顎骨骨折 11 19 18 17
のう胞 87 86 62 28
埋状歯 218 257 307 231
炎症 77 62 72 39
その他 37 41 66 26
 
担当医職
担当医職・氏名 資格 専門(得意)分野
診療部長 浅香 雄一郎
(アサカ ユウイチロウ)
日本口腔外科学会口腔外科専門医
歯科医師臨床研修指導医
口腔外科
医  長 村田 翼
(ムラタ ツバサ)
日本口腔科学会認定医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定歯科医師
歯科医師臨床研修指導医
口腔外科
医  員 日笠 紘志
(ヒカサ ヒロシ)
日本口腔外科学会認定医
日本救急医学会ICLS認定インストラクター
口腔外科
歯科・歯科口腔外科詳細へ・・・

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません