ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

化学療法

外来化学療法とは

外来受診での抗がん剤投与によるがん治療で、がん患者さま及びご家族の方に入院治療による心身・医療費の負担を軽減させるために近ごろは多くの医療機関で導入されています。
現在、日本国民の死因トップである「がん」に対する治療法には、大きく分けると「手術」「放射線療法」「抗がん剤による化学療法」の3つに大別されます。
 これらの3つの方法を、がんの種類などに応じて組み合わせて治療していきます。
 とりわけ、抗がん剤による化学療法は、固形がんといわれる胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、卵巣がんなど幅広いがんに対して行われています。
 ひと昔前までは、薬の使用方法や副作用を抑えるために入院治療以外は不可能でしたが、近ごろ効果の高い抗がん剤の登場や副作用をコントロールできる治療法が開発されるなど、化学療法を取り巻く環境は大きく変化を遂げてきています。
 外来化学療法は、患者さまが家で日常の生活を送りながら通院を継続できることから、生活の質(QOL)の向上や、入院にかかる経費の軽減につながるなどのメリットがあります。

当院の外来化学療法室の特徴

外来化学療法室では、専用ベッド13床が整備され、抗がん剤による治療を行います。
感染予防のために、薬局の無菌室で専任の薬剤師による注射薬剤の調剤を行うほか、それぞれのベッドやチェアにはテレビが備え付けられ、患者様ができるだけ治療中に快適に過ごしていただけるように配慮しています。
外来化学療法室 外来化学療法室 外来化学療法室
外来化学療法室 外来化学療法室 外来化学療法室

外来化学療法室で治療可能ながんの種類

外科・消化器科

  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肝臓がん
  • 食道がん
  • 胆のう・すい臓などの消化器のがん
  • 乳がん

呼吸器科

肺がん

婦人科

子宮体がん、卵巣がんなどの女性のがん
 

化学療法登録レジメン

登録レジメン一覧 pdfこちら(642.13 KB) (2020/12/18更新)
 

化学療法トレーシングレポート

保険薬局で患者様から聞き取った化学療法に関する情報で、「即時性は低いものの医師へ情報提供した方が望ましい」と判断された内容を、薬剤部宛てにご報告ください。
注意事項:このトレーシングレポートによる情報提供は疑義照会ではありません。緊急性のある問い合わせや報告は、各科外来に直接連絡をお願いします。
利用方法:下記の書式を用い必要事項をご記入の上、薬剤部までFAX送信してください。

 FAX:0144-31-5100   書式:xlsxこちら(18.24 KB) (2020/12/18更新)
  

外来化学療法の実施件数


2016年度 2751件
2017年度 2980件
2018年度 2792件
2019年度 2290件
2020年度 2647件
 
常に患者さまが安心して治療を受けられるように支援してまいります。
何でもお気軽にご相談ください。
ケミカルハザード室調剤風景 ケミカルハザード室調剤風景
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません