きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

現在位置
アスベスト除去に係る届出等の様式について
 アスベスト(以下、石綿)含有建材を除去するにあたって、大気汚染防止法に基づく「特定粉じん排出等作業届」等を提出する場合は、以下の様式を使用してください。

※以下、令和3年度時点での内容となります。
 令和4年度から義務化される事前調査結果の電子申請につきましては、こちらで順次情報が公表される予定です。
 

届出様式

 吹付け石綿(レベル1)、石綿を含有する断熱材・保温材・耐火被覆材(レベル2)に該当する建材を除去する場合は、作業開始の14日前までに市へ特定粉じん排出等作業届を提出しなければなりません。

・令和3年度中の取扱い先
 ①事業所の場合:苫小牧市環境衛生部環境保全課       必要部数:2部(正本及び副本)
 ②工場の場合 :北海道胆振総合振興局保健環境部環境生活課 必要部数:3部
※令和4年度以降
 ①事業所及び工場:苫小牧市環境衛生部環境保全課      必要部数:2部(正本及び副本)

特定粉じん排出等作業
種類 概要 届出期限 添付書類
doc事前調査結果報告書(91.50 KB)
(参考様式)
発注者等に石綿含有建材に係る事前調査結果を報告する場合(様式に定めはありません) -
docx事前調査結果報告書(16.75 KB)
 (様式第3の4)
令和4年4月1日から使用
市へ、法第18条の15第6項に基づく事前調査結果の報告をする場合(電子申請でない場合)
こちらの様式は法で定められています
解体等工事の着手前 建材の写真、分析結果、
工事場所の
見取り図
特定粉じん排出等
作業実施届出書
レベル1又は2に該当する石綿含有建材の除去作業を実施する場合 作業開始の
14日以前
下記①
特定粉じん排出等
作業完了報告書
特定粉じん排出等作業が完了した場合 - 下記②
※届出はA4用紙に印刷の上、提出してください。

添付書類
特定粉じん排出等作業実施届出書
 ・特定粉じん排出等作業の対象となる建築物や工作物の概要、配置図及び付近の状況(主要寸法、
 特定建築材料の使用箇所等を記入)
 ・特定粉じん排出等作業に係る工程表(養生作業、除去作業の開始日等)
 ・作業場の隔離状況及び前室の設置状況を示す見取り図(主要寸法、隔離範囲、集じん・排気装置
   の設置場所及び排気口の位置を記入)
 ・参考資料
  工事に係る組織体制図(発注者、元請業者及び下請業者等)
  使用する機材及び資材等の詳細(カタログ等) 
  総繊維数濃度の測定位置を示すもの
  事前調査結果報告書(発注者へ報告したものと同様で可) ※提出済みの場合は不要です。

特定粉じん排出等作業完了届出書
 ・工事記録となる写真
  1 建築物等外観
  2 除去対象建材
  3 養生様子
  4 除去作業
  5 廃棄物関係(保管搬入処理)
 ・総繊維数濃度測定結果
 ・産業廃棄物管理票の写し等
 

届出等に係る留意事項

 以下のような作業の場合に限り、特定粉じん排出等作業実施届は不要です。
・石綿を含有する保温材が取り付けられたエルボー部分等を除去する際に、両側の直管部分等アスベストが含有していないことが明らかな部分のみを切断することで、含有部分に一切手を加えず取り外す等の作業。


 

お問い合わせ

環境衛生部環境保全課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-57-8806
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

苫小牧市の環境監視

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません