ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

検査科

検査科の仕事

検査室で行われる検査は、血液・尿・便・喀痰などを検査する検体検査、安全な輸血を行うための輸血検査、手術により摘出された臓器(組織)を検査する病理検査、患者様に対して直接検査を行う生体(生理)機能検査に部類されます。病気の診断や治療効果を知るために、医師の指示により行われる検査です。

検体検査

血液検査、生化学検査、尿・便検査、感染症検査、細菌検査、輸血検査などが行われています。

血液一般検査

血液検査は血液中の細胞(赤血球、白血球、血小板)を測定する検査で、貧血や感染症などの病態診断、出血の原因を診る基本的な検査です。また、血液凝固検査は出血傾向や血栓症などの診断・治療時に行われ、経口抗凝固薬(ワーファリン)を服用している患者様も抗凝固治療域の把握として検査が実施されます。
尿検査 血液検査

生化学検査

肝機能検査

体内の病態で特に肝臓の機能を診る為の検査です。代謝機能、排泄機能、解毒機能など多様な機能を持つ肝臓の疾患では、AST、ALT、LDH、γGTPなど異常値(基準値を外れた検査項目)の組み合わせから肝障害度の診断や病態の把握が可能です。
生化学 生化学
 

腎機能検査

血液中の老廃物を排出しているのが腎臓で、機能が低下している場合BUNやCREが異常高値になります。また、尿酸(UA)は通風や尿路結石の診断に用いられます。

脂質検査

コレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)の増加による高脂血症の診断時に行われ、動脈硬化や心臓病などの循環器疾患の診断や経過判定に有用な検査です。

内分泌検査

糖尿病で重要なインシュリン検査、レニン(レニン活性)検査は体液量や血圧の調整に重要な役割を果たしているホルモンです。他甲状腺や婦人科系のホルモン検査も行っています。

腫瘍マーカー検査

AFP(肝臓)、CEA(消化管)、CA19-9(膵臓・胆道)などの腫瘍マーカーの測定を行っています。画像診断検査の補助的データとして利用されています。

尿・便検査

一般尿検査・尿成分検査

尿中に微量な出血がないか、糖や蛋白が出ていないかを試験紙を使い迅速に検査します。また、尿沈査(顕微鏡検査)にて、赤血球や白血球の出現を観察し腎臓疾患や膀胱、尿道感染などの炎症を検査します。
尿検査

便検査・便潜血検査

便潜血(出血)は消化管の出血を診る検査で、食道から大腸までの消化管の出血所見が反映されます。消化管癌の他、潰瘍や腸炎、ポリープでも検査が陽性になり、大腸癌の集団検診や人間ドックでも広く行われ日常検査では必須のものになっています。

細菌検査

一般細菌検査

各種細菌感染症や伝染病の検査を実施しており、急性感染症の場合など顕微鏡検査では迅速に原因菌の推定が可能です。食中毒(O-157等)の原因菌推定、海外渡航での感染症(赤痢・コレラ・チフス)にも迅速に対応します。
細菌検査

結核菌検査

近年、増加しつつある結核菌の検査においても顕微鏡検査、培養検査を実施し早期診断・治療に貢献しています。

ウィルス検査

マイコプラズマ肺炎、インフルエンザ、ウィルス性腸炎などの感染症に対する迅速診断に対応しています。30~60分以内の短時間検査を実施しています。

輸血検査

輸血関連検査

血液型判定検査、不規則性抗体検査・同定検査、輸血交差適合試験、母児血液型不適合検査など迅速で安全な輸血療法の実施に勤めています。
輸血検査 輸血検査

輸血管理業務

輸血血液製剤の適正保管・管理業務、輸血副作用報告の管理と把握、自己輸血管理など血液製剤の適正な使用推進、他製剤の保管管理などを行っています。また、安全な輸血療法を実施するため、院内の輸血療法委員会のデータ管理を行っています。

病理検査

組織検査、細胞検査、表面マーカー解析検査、病理解剖などが行われています。

病理組織診断

人体を構成している組織の一部(生検)や手術で摘出された組織から組織標本を作製し、様々な方法を用い病気の最終診断を行っています。最近では、免疫組織化学染色も行われ病気のより詳細な診断が可能になりました。また、これらの診断は病理医によって行われています。
病理検査 病理検査

迅速病理組織診断

手術中に病変組織の一部を採り、組織診断を行う方法でゲフリールと呼ばれています。この方法により、良性・悪性の判定や手術での摘出する組織の範囲を確定します。

細胞診検査

尿・痰・乳汁・子宮粘膜・気管支粘膜・胸水・腹水などを採取し出現している細胞を顕微鏡検査します。また、甲状腺や乳腺は病巣の一部を細い針で直接採取する場合もあります。悪性・異常細胞の有無を調べますが細胞のチェックは、認定された専門技師(日本臨床細胞学会:細胞検査士)と細胞診指導医が担当しています。
病理検査

腎生検組織診断

背中から細い針を刺し、腎組織の一部を採取します。腎臓病の診断は、特殊な染色や電子顕微鏡的検索が必要なため、道内ではこの検査を実施している施設が少なく札幌圏の病院に依頼しています。

病理解剖

不幸にして患者様がお亡くなりになった場合、御家族の承諾のもと、病理解剖をさせて頂く場合があります(24時間体制)。死因の究明や病気の原因を更に追求し、治療結果・治療効果についての検討がなされます。今後の医療のために役立たせて頂いております。

生体機能検査

生体検査(生理検査)は血液や尿などの検体を使う検査とは異なり、検査機器を用い直接医師や技師が接して行う検査です。現在行われている生理検査には、心電図検査、脳波検査、超音波検査、肺機能検査、筋電図検査、ABI検査、聴覚検査などがあります。病院によって検査室だけではなく診療科や病棟、放射線室などでも検査が行われています。現在、当病院で行われている主な検査について紹介します。

心電図検査

不整脈、心筋虚血、心肥大などを見る検査で、動悸や息切れ、胸が苦しい、めまいや失神といった症状がある時に検査します。また、手術や治療前にも検査を実施することがあります。
心電図

運動負荷心電図検査

トレッドミルという機械の動くベルト上を歩いてもらう検査で、医師の立会いの下に行われます。運動することで心臓に負荷をかけ、狭心症などによる波形変化や不整脈の発生を観察します。

ホルター心電図検査

通常生活での心電図変化を長時間(24時間)記録します。動悸や胸痛の原因を調べたり、不整脈や狭心症の評価や症状発生時の心電図変化をとらえる目的で行います。
  1. お風呂には入れません。
  2. 一日の行動の記録を書いていただきます。
  3. 翌日、記録機の返却のため来院していただきます。

指先容積脈波

手や足の指に小さなトランスデューサーと呼ばれる機械をつけ、血流の変化によって起こる血管容積の変動をみる検査です。手や足がしびれる、冷たくなるなどの症状がある時に行います。

血圧脈波検査(ABI)

この検査は最近注目され始めた比較的新しい検査です。両手両足の血圧と心電図、心音図を同時に測定し動脈硬化の進行度を診る検査です。

心臓超音波検査(UCG、心エコー)

心臓に超音波プローブをあてて心臓の動きや大きさ、形をみる検査です。形態・機能の両面から評価することができます。体表面からの検査は医師か技師で、経食道の検査は医師が行います。
心エコー

腹部超音波検査(腹部エコー)

お腹が痛い場合や血液検査で異常が見つかった場合などに、腹部に超音波プローブをあて肝臓や胆嚢、腎臓や消化管の形態を検査します。
腹部エコー

脳波検査

頭皮に電極をつけて脳の活動電位を測定する検査で、頭痛、けいれん、意識障害などの症状がある時に検査をします。CTやMRIと違い脳の機能を調べるもので、一度の検査で診断できるとは限りません。睡眠時脳波はとても大切で検査を受ける時には寝不足の方が都合よく、ご飯もきちんと食べてくるなど注意事項が有ります。

肺機能検査

マウスピースと呼ばれる筒を口でくわえ、鼻をつまみ、息が漏れないように呼吸をして肺活量などを測定します。喘息や息切れ等がある時に検査をします。また、手術で全身麻酔をかける時などにも検査します。この検査は患者様の努力と協力が必要で、説明をよく聞いて頑張っていただくと良い結果が出せます。

聴覚検査

標準純音聴力検査、耳小骨筋反射、ティンパノメトリー検査などを行い聞こえ具合と障害部位を調べる検査です。
聴覚検査

平衡機能検査

めまいの検査で、身体のふらつき具合を調べる検査です。

睡眠時無呼吸検査

睡眠中に呼吸が止まっていないか、一晩に何回無呼吸が起きているかを調べます。

CPX検査

運動中の心肺機能を調べる体力測定検査で、心機能評価や心臓リハビリテーションの適応を調べる運動負荷検査です。エルゴメーター(自転車)を漕ぎながら、呼吸(息)を専用機器で分析します(マスク装着)。心臓に負担を掛けすぎない運動量を調べる事ができ、心臓リハビリの効果判定や日常生活での運動維持のためにも行われる検査です。

検査の精度向上を目指し、以下の調査事業に参加しております

  • 日本医師会臨床検査精度管理調査
  • 日本臨床衛生検査技師会精度管理調査
  • 北海道臨床衛生検査技師会精度管理調査
  • その他各種精度管理調査

取得資格

  • 細胞検査士
  • 日本検査血液学会認定技師   
  • 認定臨床微生物検査技師
  • 認定心電図検査技師
  • 認定一般検査技師
  • 消化器領域超音波検査士
  • 循環器領域超音波検査士
  • 体表領域超音波検査士
  • 二級臨床検査士認定(臨床科学、免疫血清、血液)
  • 緊急検査士認定
  • 2種ME技術検定資格
  • 感染制御認定臨床微生物検査技師
  • 糖尿病療養指導士

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません