ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

放射線科

 放射線科は平成18年7月から常勤1名でスタートした診療科です。平成21年4月からは後期研修医1名が加わり2名の常勤医体制になりましたが、平成23年度からは常勤医1名に戻っています。
 ほか、核医学出張医と放射線治療の出張医が北大から派遣され、週1回の診療を行っていましたが、核医学は現在遠隔診断に変更となっています。放射線治療に関しては平成28年5月から週2回の出張となり、これまで以上に放射線治療症例をこなすことが可能となりました。また、初期研修医は本年度も7名全員が2か月から5か月程度の期間で研修を行う予定です。

検査及び診療項目

CT

 64列と16列のmultidetectorCTを用いた全身の画像診断を行います。撮像条件の設定や造影剤による副作用発生時の一次対応を行い、読影依頼症例に加えて可能な範囲で診断報告書を作成しています。

MRI

 1.5テスラのMRIを用いた全身の画像診断を行います。撮像条件の設定や、読影依頼症例ほか可能な範囲で診断報告書を作成しています。平成29年度秋に最新の1.5テスラMRIに更新されます。
 

FDG PET/CT

 がん画像診断に特化した画像診断装置です。同時に撮像するCTも必要例では造影を行います。全例で診断報告書を作成しています。

RI

 従来からある核医学診断装置で、骨、脳、心など様々な種類の検査に対応しています。平成27年度に新機種に更新されました。現在は読影依頼症例に対して診断報告書を作成しています。

DSA

 全身用の血管造影装置を用いて、心及び脳血管領域以外のvascularIVRを行っています。また依頼に応じてCVポートの日帰り留置も行っています。平成26年に新機種に更新されました。

その他

 超音波を用いた生検などnon vascularIVRを行っています。

放射線治療

 平成20年5月より開始しています。

地域連携

 上記の最新画像診断装置を地域医療機関でも利用できるよう、地域医療連携室を通して検査依頼をいただければ、当科外来を受診してから、適切な撮像条件で検査を行います。検査終了後は診断報告書を作成し、画像とともに紹介先医療機関へ送付いたします。

診療実績 平成28年度(4~3月)

  • CT:4,492(4,221)件
  • MRI:1,438(1,232)件
  • PET/CT:569(822)件
  • RI:462(370)件
  • VascularIVR:201(187)件
  • non vascularIVR:39(41)件
  • 放射線治療:139例203部位(166例252部位)
※()内は昨年実績
 
担当医職・氏名 資格 専門(得意)分野
副院長 久保 公三
(クボ コウゾウ)
日本医学放射線学会放射線科専門医
日本医学放射線学会研修指導医
日本IVR学会IVR専門医
日本核医学会核医学専門医
PET核医学認定医
一般画像診断
IVR
PET/CT診断

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません