ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

呼吸器内科

 呼吸器内科は苫小牧地区において王子総合病院呼吸器内科、道立苫小牧病院呼吸器内科(現在は廃院)に続いて平成15年4月に新設されました。道内の呼吸器内科医師不足により平成29年4月から当院の呼吸器内科診療体制が呼吸器内科医師1名で、外来・入院診療を行っています。
 苫小牧市で常勤の呼吸器内科専門医がおり入院施設を有する病院は当院(呼吸器内科常勤医師1名)と王子総合病院(呼吸器内科常勤医師4名)です。  
 

外来(紹介状必要、午後完全予約制)

 上記事由で外来は新患(7か月以上当科に通院歴のない場合も新患扱いとなります)については紹介状が必要です。再来は平成29年4月以前から当院に通院されている中等症以上の呼吸器疾患の患者さんを中心に診療しております。安定している患者さん、軽症の患者さんはできるだけ市内の呼吸器内科クリニック、一般内科クリニックを紹介させていただいております。
 また、肺がんなど呼吸器悪性疾患の新患患者さんは平成28年10月からは当院での受け入れは停止しており、王子総合病院などへの受診をお願いしております。

病棟・入院

    当院が二次救急当番日で搬送された呼吸器疾患の患者さん、平成29年4月以前より当科に通院されている患者さんの入院、他医療機関医師から直接依頼のあった患者さんで対応可能な場合は対応しています。入院の必要な初診の肺炎患者さんは当院では内科で担当させていただいております。

対象疾患

医師1名ですので肺がんなど悪性疾患、間質性肺炎、肺結核・肺非結核性抗酸菌症、気管支喘息重積発作、気胸、細菌性胸膜炎や膿胸、呼吸不全、気道出血などを優先して診療しています。睡眠時無呼吸症候群のF-PSGの検査入院には対応しておりますが、その後の鼻CPAP治療は市内の呼吸器内科クリニック、耳鼻科クリニック、一般内科クリニックを紹介させていただいております。

治療実績 平成29年度(4~3月)

平成29年4月から平成30年3月までの呼吸器内科の入院患者数は401人(同一人での再入院も含む、肺炎46、肺がん221、気管支喘息16、誤嚥性肺炎5、気胸7、肺・縦隔感染・膿瘍形成19、インフルエンザ3、間質性肺炎21、悪性胸膜中皮種5、COPD2、胸膜炎3、気道出血4、胸腺がんなど13、抗酸菌症1、ARDS2、睡眠時無呼吸症候群29、胸部異常陰影3、その他1)延べ5,379人(入院患者数×在院日数)でした。平成30年4月現在、外来患者数433人、内訳は肺がん136(治療継続中40、術後経過観察、BSC含む)CORD71、気管支喘息69(難治性気管支喘息で抗IgE抗体オマリズマブ投与中7例、抗IL-5抗体メポリズマブ投与中4例)特発性間質性肺炎を含む間質性肺炎52(抗線維化薬ピルフェニドン投与中1例、ニンテダニブ投与中20例)肺非結核性抗酸菌症23、サルコイドーシス12、気管支拡張症8、睡眠時無呼吸症候群8、その他54。在宅酸素療法43例、在宅人工呼吸器(BiPAP)3例。外来患者総数は延べ5,326人、気管支鏡検査61件でした。

担当医 職・氏名

資   格

専門(得意)分野

 理 事

中野 剛
(ナカノ ツヨシ)

日本内科学会認定内科医   
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本呼吸器学会ICD

呼吸器内科一般

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません