ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

呼吸器内科

 呼吸器内科は苫小牧地区において王子総合病院呼吸器内科、道立苫小牧病院呼吸器内科に続いて平成15年4月に新設されました。平成26年3月に道立苫小牧病院廃院後、王子総合病院とともに東胆振・日高医療圏の呼吸器診療を担ってきました。しかしながら、道内の呼吸器内科医師不足により平成29年4月から当院の呼吸器内科診療体制が呼吸器内科医師1名となり、1名で外来・入院診療に対応せざるを得ない状況です。
 苫小牧市で常勤の呼吸器内科専門医がおり入院施設を有する病院は当院(呼吸器内科常勤医師1名)と王子総合病院(呼吸器内科常勤医師4名)です。  
 

外来

 上記事由で外来は新患患者(7か月以上当科に通院歴のない場合も新患扱いとなります)さんにおかれましては紹介状が必要です。再来は平成29年4月以前から当院に通院されている中等症以上の呼吸器疾患の患者さんを中心に診療しております。安定している患者さん、軽症の患者さんはできるだけ市内の呼吸器内科クリニック、一般内科クリニックを紹介させていただいております。
 また、肺がんなど呼吸器悪性疾患の新患患者さんは平成28年10月からは当院での受け入れは停止しており、王子総合病院などへの受診をお願いしております。平成28年10月以前からの肺がんなど呼吸器悪性疾患の再来患者さんは引き続き当院で対応させていただいております。

病棟

    当院が二次救急当番日で搬送された呼吸器疾患の患者さん、平成29年4月以前より当科に通院されている患者さんの入院、他医療機関医師から直接依頼のあった患者さんで対応可能な場合対応しております。入院の必要な肺炎の患者さんは当院では内科で担当させていただいております。

対象疾患

呼吸器内科医師数が少ない状況で呼吸器内科医師が優先的に診療しなければならない疾患は、肺がんなど胸部悪性疾患、間質性肺炎、肺結核・肺非結核性抗酸菌症、気管支喘息重積発作、気胸、呼吸不全、気道出血などになります。睡眠時無呼吸症候群のF-PSGの検査入院は対応しておりますが、その後の鼻CPAP治療は市内の呼吸器内科クリニック、耳鼻咽喉科クリニック、一般内科クリニックを紹介させていただいております。
 

 

治療実績 平成28年度(4~3月)

延べ入院患者総数7,545人、外来患者総数7,478人、気管支鏡検査95件
 

担当医 職・氏名

資   格

専門(得意)分野

 理 事

中野 剛
(ナカノ ツヨシ)

日本内科学会認定内科医   
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本呼吸器学会ICD

呼吸器内科一般

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません