ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

沿革・概要

苫小牧市立病院沿革

苫小牧市立病院沿革
年号 年月日 内容
昭和 21年10月11日 苫小牧町立病院として創設、内科、外科、小児科、耳鼻科の4科を設置、26床で診療開始
23年4月1日 市政施行により苫小牧市立病院と改称
23年7月 医療法公布を契機として、本幸町1丁目2番21号に木造モルタル仕上げ2階建2,061平方メートルの建設にかかる。
25年8月1日 本幸町に病院新築(木造モルタル2階建2,061平方メートル)66病床の認可、苫小牧市立保健病院と改称
26年3月 診療科目産婦人科を新設、翌4月に眼科を新設して6科となる。
27年8月1日 2病棟、3病棟、給食室、手術室を新築、鉄筋ブロック2階建2,385平方メートル、163病床の認可
27年10月 看護婦寄宿舎、鉄筋ブロック造330.50平方メートル新築、30人収容
28年7月 沼の端127番地に分院開設、敷地991.50平方メートル ブロック造213.17平方メートル(住宅付き)
29年6月 錦岡296番地に分院開設、敷地991.50平方メートル ブロック造194.99平方メートル(住宅付き)
29年8月9日 附属伝染病棟完成、鉄筋ブロック造平屋建456.90平方メートル
30年2月4日 給食、中央材料室増築、用途変更により179病床認可
30年3月1日 苫小牧市立病院と改称
30年11月4日 附属准看護婦養成所建設、鉄筋ブロック造173.80平方メートル
32年7月1日 病棟及び診療棟を新築(鉄筋ブロック3階建2,696.70平方メートル)整形外科、皮膚泌尿器科、歯科を新設して9科となる。276病床の認可同時に看護婦宿舎を新築(鉄筋ブロック3階建919平方メートル 70人収容)
32年10月 基準看護実施、353病床認可
33年4月1日 苫小牧市立総合病院と改称
33年10月 基準給食実施
34年11月1日 用途変更により342病床となる。
36年4月1日 附属高等看護学院設置、定員45名
36年7月1日 北海道労災保険指定病院の指定を受ける
37年3月31日 准看護婦養成所閉鎖
37年4月1日 健康保険法の規定による療養に要する費用の額の算定方法(昭和33年厚生省告示177号)による診療報酬点数を甲表に変更
38年10月30日 鉄筋コンクリート造3階建、高等看護学院宿舎完成659.44平方メートル(55名収容)
39年3月5日 基準寝具実施
40年6月30日 錦岡分院休止
41年3月26日 3ヶ年計画にて病院増築工事に着手
41年4月30日 沼の端分院休止
41年6月1日 用途変更により331病床となる
41年11月24日 救急病院の指定を受ける
42年4月1日 健康保険法に基づく診療報酬点数を乙表に変更
42年8月 第1期計画工事の新病棟及び管理部内完成8,563.89平方メートル 同年10月444病床の認可(隔離23床含む)
42年10月1日 事務分掌規定に理学療法科を加え、臨床検査室を臨床検査科とする。
43年3月25日 皮膚科、泌尿器科を分離10科となる。
43年7月 第2期計画工事の診療棟完成1,185.12平方メートル
43年10月 看護婦宿舎増築、鉄筋コンクリート造2階建335.44平方メートル(30名収容)
45年2月 高等看護学院及び寄宿舎完成、鉄筋コンクリート造3階建1,545.60平方メートル 学院定員90名、寄宿舎90名(寄宿舎43名収容)
46年2月 看護婦寄宿舎完成、鉄筋コンクリート4階建1,238.34平方メートル(47名収容)(本建設により1人1室として97名収容可能となる。)
48年5月3日 救急センター開設、514平方メートル
49年8月1日 人工腎臓透析室新設
49年10月1日 基準看護特二類認可
50年12月 院内保育所新築、木造モルタル平屋120.285平方メートル
51年3月 放射線棟増築、鉄筋コンクリート3階建595.01平方メートル
51年4月 脳神経外科開設39床11科となる。
53年10月1日 夜間の受付を嘱託職員とする。
54年4月 麻酔科開設で12科となる。
55年9月 3ヶ年計画にて病院増改築着手
57年3月 新病棟完成、鉄筋コンクリート5階建6,885平方メートル
57年12月 433病床の認可(隔離12床含む)
58年3月 放射線科増築完成117.13平方メートル、中央病棟改修工事完成、東胆振地域センター病院指定
61年8月 在宅酸素療法指導管理の施設基準認可
62年5月 高気圧酸素治療室開設
平成 元年2月 基準看護特3類一部認可(第2、小児科、産婦人科病棟)
元年2月6日 給食時間(夕食)の変更(16:30→17:00)
3年10月 薬局調剤室増設、投薬窓口の変更、待合ホールの変更
3年12月 医療廃棄物焼却炉導入
4年1月29日 自動錠剤分包機、薬袋プリンターの導入
4年4月1日 健康保険法に基づく診療報酬点数を甲表に変更
4年4月1日 夜間看護等加算に係る算定開始
4年8月1日 在宅療養指導管理等の認可
5年2月23日 内視鏡室新設(1F)、麻酔科室移転(1F→3F)
5年5月 土曜日(第2、第4閉院)
5年7月 第5、第6内科病棟2分化、詰所新設
5年7月 救急センター採光面積増設工事(天窓設置)
5年8月1日 病棟名の変更並びに病棟詰所の呼称の変更
5年10月1日 基準看護特3類一部認可(A-2.A-3.A-4.B-4.B-5.B-6.C-4.C-5.C-6.救急センター.計337床→特3類、A-5.B-4計84床→特2類)
6年4月1日 医事課給食係を医局へ所管変え、栄養管理科に名称変更
6年8月1日 基準看護特3類全部認可(421床)
6年9月1日 薬剤管理指導の施設基準認可
6年10月1日 新看護等に係る届出受理(2対1看護) 看護(A)加算
6年10月1日 西館1FでのMRI(磁気共鳴断層撮影装置)新規設置工事開始
7年1月26日 西館1FでのMRI(磁気共鳴断層撮影装置)設置工事完了により使用開始
7年2月7日 中央棟3階救急医療センター部分の脳神経外科を2分化して神経内科を増設使用許可
7年3月31日 苫小牧市立総合病院附属高等看護学院学生寄宿舎用途廃止
7年4月1日 神経内科診療開始で13科となる。
7年6月15日 神経内科診察室及び受付、準備室拡張工事終了により使用許可
7年9月1日 脳神経外科にて脳ドック検診開始
7年11月1日 高度難聴指導管理の施設基準算定開始
8年1月1日 病院歯科の施設基準算定開始
8年4月1日 歯科補綴物維持管理料に係る算定開始
8年4月1日 歯科の紹介患者初診の施設基準算定開始
8年4月1日 院内感染防止対策の施設基準算定開始
8年4月1日 夜間勤務等看護加算に係る算定開始
8年5月1日 X線骨密度測定装置室での診療開始
8年8月1日 入院時食事療養における特別管理・特別食加算適用実施 給食時間(夕食)の変更(17:00→18:00)
9年4月1日 一般病棟入院時医学管理(I)の基準に係る算定開始
9年4月1日 医事課診療料金収納事務・夜間受付事務の委託化
9年4月21日 人工腎臓透析室で二部透析開始
9年7月1日 夜間ボイラー業務の委託化
10年2月2日 皮膚科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・麻酔科・歯科で院外処方実施
10年3月2日 小児科で院外処方実施
10年4月1日 歯科口腔外科を新設し診療開始、14科となる。
10年4月1日 ボイラー業務の委託化(日中も含め)
10年9月1日 外科・整形外科・脳神経外科・神経内科・泌尿器科で院外処方実施
11年4月1日 消化器科・循環器科を新設し診療開始し16科となる。
11年4月1日 伝染病予防法の廃止に伴い、伝染病棟(12床)を廃止 第二種感染症指定医療機関に指定され、感染症病床を4床設置(「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づく)
12年2月16日 看護業務の効率化を図る為、救急センターを外科病棟(A-2)内に吸収統合し、11病棟を10病棟に変更
12年4月1日 検体検査管理加算(I)の基準に係る算定開始
12年4月1日 夜間専門嘱託看護婦を配置
12年6月1日 病院歯科感染予防対策管理料の基準に係る算定開始
12年7月1日 内科・消化器科・循環器科で院外処方実施
12年8月29日 消化器科診察室を移設
13年3月31日 看護婦寄宿舎を閉鎖
13年4月1日 初診患者に係る初診特定療養費(420円)の徴収実施
13年4月1日 物品器材管理システム(SPD)を導入
13年8月1日 副院長2人制とする
13年9月6日 ボランティア導入試行開始
13年9月10日 開放型病床の試行開始(内科系6床、外科系4床、小児科4床)
13年9月28日 地域周産期母子医療センターの認定
14年6月1日 新生児特定集中治療室設置
14年9月1日 体外衝撃波腎・尿管結石破砕装置導入
15年4月1日 呼吸器科診療開始
15年5月15日 中央採血室の新設
16年4月1日 特定不妊治療指定医療機関指定(体外受精・顕微受精)
16年6月1日 院内全面禁煙
17年4月1日 小児救急医療拠点病院の指定
17年7月1日 化学外来療法室の開設
18年4月1日 検体検査ブランチ化
18年7月1日 放射線科を新設し診療開始 18科となる
18年7月1日 セカンドオピニオン外来の開設
18年10月1日 苫小牧市立病院 開院
清水町1丁目5番20号
敷地面積:41,602.52平方メートル 延床面積:28,590.49平方メートル
19年4月1日 土曜全面閉院開始
19年4月1日 副院長3人制とする
19年6月4日 中国秦皇島市港口病院と友好病院を締結
19年10月1日 新生児特定集中治療室6床認可
20年4月1日 妊産婦緊急搬送入院加算算定開始
20年4月1日 外来科学療法加算1算定開始
20年5月20日 放射線治療「リニアック」稼動開始
20年6月16日 ヘリポート整備
20年6月24日 地域医療連携ネットワークシステム稼動開始
20年7月1日 小児入院医療管理料2算定開始
20年9月1日 看護体制7:1算定開始
20年9月1日 医療機器安全管理料1算定開始
20年11月1日 外来クラーク配置(医師事務作業補助体制加算算定開始)
20年12月1日 糖尿病合併症管理料算定開始
21年3月1日 地域連携診療計画管理料算定開始
21年4月1日 厚生労働省よりDPC対象病院として認定を受ける
21年4月1日 組織機構改革
21年4月1日 ハイリスク妊娠・分娩管理加算算定開始
21年4月1日 ニコチン依存症管理料算定開始
21年6月1日 医療安全対策加算算定開始
21年7月1日 褥瘡ハイリスク患者ケア加算算定開始
21年8月1日 総合入院体制加算算定開始
21年8月1日 医師事務作業補助体制加算算定開始(50対1)
21年11月1日 地域連携診療計画管理料算定開始(脳卒中)
22年4月1日 救急医療・乳幼児救急医療管理加算算定開始
22年4月1日 急性期看護補助体制加算算定開始
22年4月1日 急性期病棟等退院調整加算算定開始
22年4月1日 栄養サポートチーム加算算定開始
22年4月1日 感染防止対策加算算定開始
22年4月1日 急性期病棟等退院調整加算算定開始
22年4月1日 新生児特定集中治療室退院調整加算算定開始
22年4月1日 がん性疼痛緩和指導管理科・がん患者カウンセリング料算定開始
22年4月1日 医薬品安全性情報等管理体制加算算定開始
22年4月1日 センチネルリンパ節生検(乳がんにかかるものに限る)
22年4月1日 抗悪性腫瘍剤処方管理加算算定開始
22年4月1日 透析液水質加算算定開始
22年4月1日 乳がんセンチネルリンパ節加算1・2算定開始
22年4月1日 地域歯科診療支援病院歯科初診料算定開始
22年4月1日 内視鏡外科を新設 20科となる
22年7月1日 医事課内の地域医療連携室と医療福祉相談室を統合し、地域連携相談センター発足
22年8月1日 地域連携相談センター内にがん相談支援室を設置、緩和ケア外来を開設
23年4月1日 学資金貸与制度を開始
23年4月1日 東日本大震災に伴う医療救護班の派遣(第1回/宮城県気仙沼市)
23年5月20日 東日本大震災に伴う医療救護班の派遣(第2回/岩手県陸前高田市)
23年11月1日 災害拠点病院に指定
24年1月1日 専任看護師室を新設
24年4月1日 検査説明コーナー設置
24年12月21日 新生児特定集中治療室増床運用開始(6床→9床)
25年2月1日 コルポ外来を新設
25年3月26日 DMAT発足
25年4月1日 組織機構改革(医療安全対策室、感染制御室ほか)
25年4月1日 病理診断科を新設 21科となる
25年4月1日 北海道がん診療連携指定病院に指定
25年6月1日 東胆振医療情報連携ネットワークシステム(東胆振メディカルネット)に参加
26年3月24日 医療情報システムを更新
26年4月1日 新院長就任
26年4月1日 新生児科を新設 22科となる
26年5月7日 入院支援センター開設
26年5月27日 室蘭、伊達、八雲の災害拠点病院5院と、災害時における相互支援協定締結
26年10月1日 東4病棟一部再開
27年6月3日 麻酔科外来再開
28年2月1日 地域包括ケア病棟設置に伴い、病棟の配置変更
28年4月1日 形成外科開設 23科となる

苫小牧市立病院概要

 
苫小牧市立病院概要
項目 内容
開設者 苫小牧市長
院長 松岡 伸一(マツオカ シンイチ)
副院長 佐治 裕(サジ ユタカ)
久保 公三(クボ コウゾウ)
町田 正晴(マチダ マサハル)
看護部長 立花 枝美子(タチバナ エミコ)
事務部長 椿 勇喜(ツバキ ユウキ)
診療科目 内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、小児科、新生児科、外科、内視鏡外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、放射線科、病理診断科、歯科・歯科口腔外科、リハビリテーション科
病床数 382床(内、一般病床378床・感染症病床4床)
看護体制 7:1

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません