ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置

病院長のあいさつ


苫小牧市立病院は、昭和21年10月11日内科、外科、小児科、耳鼻科の4科、26床からなる町立病院として発足し、昭和23年4月1日市制施行により苫小牧市立病院と改称されました。その後、高度成長期に当院は診療科増設と病棟増築等により規模を拡大し、平成15年4月1日には17科、425床となって市民の健康を守り、地域センター病院としての役割を果たしてまいりました。
 建築後40年を経過した旧病院の老朽化と狭隘化は、市民が求める医療提供を実現する上で支障となり、平成16年6月に新病院工事が着工し、平成18年10月1日には現在地に移転開院となりました。開院時は19診療科、病床は急性期に対応した382床とし、平成26年4月1日には22診療科となりました。新病院では、市民の願いである高度な医療に適応できるPET/CTをはじめとする最新医療機器と設備を数多く整えました。さらに道内自治体病院で初めて導入された本格的電子カルテシステムを軸とする総合医療情報システムの構築により、院内のみならず地域医療機関とも情報の共有化をはかり、患者さんにとって安全で質の高い医療提供を目指しております。
 「市民の健康は私たちの願い」という病院理念を掲げた当院の使命は、苫小牧市を中心とした東胆振、さらには日高医療圏の中核病院として地域住民の健康を守ることです。当院は「市民に選ばれる病院づくり」を大きな柱に、患者さんの立場にたった医療、急性期に特化した医療、地域医療機関と連携強化、より良い医療人の育成、経営健全化の実現を病院の方針としております。
 医療をとりまく環境には大変厳しいものがありますが、これからも患者さんの視点にたち、職員一丸となって地域医療の充実と技術の向上に精励し、先輩たちが築いてきた地域の基幹病院としての役割をしっかりと引き継ぎ、安定した病院運営を行っていきたいと考えております。
 
 
平成26年4月
院長 松岡 伸一



 

お問い合わせ先

苫小牧市立病院
電話:0144-33-3131

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません