ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

感染制御室

感染制御室

院内で起こりうる様々な感染症から、職員、患者さんやご家族を守ることを目的に活動しています。院内外の感染症発生状況を把握し、指導・管理を行い、感染症防止対策に取り組んでいます。
 

ICT(感染対策チーム)

Infection Control Teamの頭文字をとった名称で、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師の4職種からなる専門職によって構成されています。
ICTは感染制御室の中核となり、病院組織を横断した活動をしています。


ICTの主な活動内容

週1回以上の院内ラウンド
 月に1回以上、院内全ての部署をラウンドし、各部署の問題抽出や意見交換等を行っています。

院内研修会の開催
 年に2回以上、全職員を対象に感染対策に関わる研修を開催し、職員教育を行っています。

地域病院との連携
 近隣病院と連携し、定期に院内感染に関するカンファレンスを行っています。
 また、互いの病院に赴き相互評価を行う取り組みを行っています。

院内感染サーベイランス
菌検出状況の監視
抗菌薬の届出制許可の管理
アウトブレイク発生時の初動対応
院内感染対策マニュアルの作成
 など


 

他の医療機関の皆様へ(針刺し・刺傷事故等の対応)

当院はエイズ協力医療機関の施設認定を受け、抗HIV薬を配備しています。
HIV曝露事故が発生した場合に、迅速に内服できる体制を整えています。


 pdf抗HIV予防服用フローチャート(737.45 KB)


 

Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ先

苫小牧市立病院
電話:0144-33-3131

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません