ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置

医療情報システム(電子カルテシステム)

苫小牧市立病院では、地域中核病院としての役割を担うため
「電子カルテシステム」を導入しております。
医療情報システム導入の主なメリットを紹介します。
  1. 受付から会計までの待ち時間の短縮が可能になります。
    再診予約、各種検査や処置予約、薬の処方箋発行、会計など、患者様のあらゆる情報がリアルタイムかつ正確に関係部署に伝達されるため、効率的な受診が可能になり、待ち時間が短縮されます。
  2. 患者様に分かりやすい診断結果をお伝えできます。
    放射線検査などの画像診断結果が、患者様に分かりやすい画面で即時にお伝えでき、「わかりやすい説明」、「インフォームドコンセント」が可能になります。
  3. チーム医療の実現が可能になります。
    電子カルテの実現により、複数の科を受診される患者様の診療情報を院内で共有することができるため、チーム医療の実現が可能になります。
  4. 医療の安全を図ることが可能になります。
    患者認証システムの導入により、病棟や手術室、処置室などで医療の安全を図ることが可能になります。
  5. 地域医療連携が可能になります。
    他の医療機関とのシステム接続により、オンラインで患者様の診療内容等の情報交換が可能となり、医療機関同士の地域連携強化を図ることが可能となります。
電子カルテシステム

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません