ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置

患者の責任と権利

患者の権利

  • どのような病気にかかった場合でも、ひとりの人間として、人格、価値観などを尊重され、医療提供者との相互の協力関係のもとで良質な医療を公平に受ける権利があります。
  • 病気、検査、治療、見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、納得できるまで十分な説明と情報を受ける権利があります。
  • 十分な説明と情報提供を受けた上で、治療方法などを自らの意思で選択する権利があります。
  • 自らの診療記録の開示を求める権利があります。
  • 診療過程で得られた個人情報の秘密が守られ、病院内での私的な生活が保持される権利があります。

患者の責務

  • 良質な医療を実現するためには、自分の健康に関する情報を正確に提供する責務があります。
  • 納得できる医療を受けるために、十分理解できるまで質問する責務があります。
  • 治療の内容に応じた医療費を支払う責務があります。
  • 医師、看護師およびその他の医療従事者がする指示や病院の規則、宣言を守る責務があります。

患者の皆様へのお願い

  • 当院で行う医療人育成の教育実習に協力していただきます。
  • 治療行為や医療提供に支障を与える大声・暴言・暴力・セクハラ等の行為はつつしんでいただきます。

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません