ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

認定看護師


認定看護師の資格取得を経済面からサポート
 

 在職中の看護師が認定看護師の資格取得に積極的に取り組めるように、バックアップ体制を整えています。認定看護師養成学校の授業料の負担や通学中の給与の保障等、経済面での手厚いサポートにより、積極的にキャリアアップを望む人を応援しています。 
 現在は6名の認定看護師がいます。スペシャリスト育成に向けて看護師のスキルアップを応援
し、高水準の医療体制を確立できるよう応援しています。



◆感染管理認定看護師



病院にいる全ての人々が感染しないために、感染予防策を基本に活動しています。
 患者、家族、病院に関わる全ての職員を感染症から守るために、医師、薬剤師、検査技師のチームで、感染症の監視と早急な対応、日常的な感染対策の実践指導といった、組織横断的な活動を行います。
 患者さんの一番身近にいる看護師として、患者さんが安全で信頼できる療養生活を送るために、考え実践し、それを伝えていける事を目指します。









◆皮膚・排泄ケア認定看護師
 
 褥瘡(床ずれ)・瘻孔・下腿潰瘍などの創傷ケア、ストーマ(人工肛門)ケア、便尿失禁に伴って生じる問題に対し、予防的・治療的スキンケアを主とした専門的な知識・技術を用いて質の高い看護実践に努めています。
 スキンケアや排泄のケアは日常的に行われるものであり、欠くことのできない看護の基本です。多職種と協働し医療チームの一員として、患者さん・ご家族がより良い生活を過ごしていただけることを常に考えて活動しています。


◆緩和ケア認定看護師
 
 緩和ケアはがんと診断されたときから始める大切な治療のひとつで「最後のケア」ではありません。症状を緩和することで入院中だけではなく通院治療中でもその人らしく安心して生活が送れるように患者さんとそのご家族のサポートをさせていただきます。
 医師から診断を受けた後、今後の治療の選択について考えるときなど、体のつらさや、心のつらさなど様々な問題についてのお話を伺い、少しでも症状が軽くなるように調整をしたり、気持ちの整理のお手伝いをします。がんと向き合いながら、よりよく生きていけるように患者さんとご家族の方の支援をさせていただきます。








◆救急看護認定看護師
 
救急看護の対象は疾病、外傷、脳血管障害、中毒などの多種多様な疾病、外傷を有したあらゆるライフステージの患者さんとその御家族です。
救急看護領域の幅広い知識と専門的な技術をもったうえでの看護実践と、突然の出来事で危機的状態にある患者さんとその御家族の精神的サポートを軸に活動しています。










◆がん化学療法認定看護師
 
 化学療法とは抗がん剤治療のことをいい、他のがん治療と比べ治療期間が長くなることがあります。
 また、治療により様々な副作用症状が現れる場合がございます。そのため、副作用症状が最小限になるよう、専門的な知識・技術を用いた看護実践に努めています。そして、治療に関する様々な不安が軽減し治療が受けれるよう、患者さん、ご家族をサポートさせていただきます。

 








◆認知症看護認定看護師
 
 近年、入院患者さんも高齢の方や認知症を持ちながら急性期の治療を受ける方が増えています。
 入院環境は入院する前の環境に比べ、ベッドでの安静など制限が多く、さらには点滴や様々なチューブといった普段ではみることのない物が身体の周囲に取り付けられることで、認知症の方や高齢の患者さんは混乱をきたしやすい環境となっています。
患者さんの入院前の生活状況を知ることで、入院による環境の変化を減らす工夫を行い、不安や緊張が少しでも和らぎ、よりよい環境で入院生活を送れるよう支援していきたいと考えています。
 
また、患者さんとご家族が住み慣れた地域で安心して生活できるよう、認知症に関わる多職種のスタッフと力を合わせ認知症ケアの質の向上を目指して行きたいと思います。

お問い合わせ先

苫小牧市立病院
電話:0144-33-3131

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません