きせかえ
きせかえ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

環境月間
 1972年6月5日、国連人間環境会議は、人類とその子孫のため人間環境の保全と改善を世界共通の努力目標とし、実現の意思を表明するため「人間環境宣言」を採択しました。これを記念して、毎年6月5日を「世界環境デー」と定め、世界各国でいろいろな行事が行われています。
 わが国では、6月を「環境月間」、6月5日を「環境の日」と定め、将来により良い環境を継承するため、国・地方自治体・民間団体などによって各種の催しが実施されています。
 

令和4年度の取組

 地球温暖化の原因となるCO2(二酸化炭素)の排出抑制を図るとともに、市民・事業者への率先行動に取り組んでいます。
行事名 内容
懸垂幕の掲示 環境月間をPRする懸垂幕を市役所本庁舎(北側)に掲示
のぼりの設置 環境月間をPRするのぼりを市役所本庁舎、のぞみ・沼ノ端・勇払各出張所、豊川・住吉・沼ノ端各コミセンに設置
庁内放送による啓発 市役所本庁舎内放送で環境月間の取組を啓発
広報とまこまい、新聞への掲載 環境月間の取組記事等の掲載
エコドライブのすすめ 市職員が率先してエコドライブに取り組む
環境保全に関するパネル展 省エネの重要性や具体的な実践方法、ゼロカーボン、エコドライブ等についてのパネルを市役所本庁舎12階展望回廊にて展示
【6/3(金)~6/24(金)】
「#環境の日はグリーン」グリーンライトアップキャンペーン
(主催:環境省)
6月5日「環境の日」の日没後、「緑ヶ丘公園展望台」「苫小牧信用金庫本店」「ふれんど高齢者複合施設Ⅲ」にて、環境を想起させる緑色へのライトアップを実施
SNSでのPR
月間事業実施内容のPR及び報告
 

エコドライブのすすめ

 全市職員を対象に、車を運転する全ての機会においてエコドライブに努める。(ただし、緊急車両、二輪車等を除く)
 
エコドライブの定義
pdf「エコドライブのすすめ」(241.52 KB)
 
取組期間
6月1日から6月30日の1ヶ月間
 
取組状況
pdf令和4年度(437.68 KB)
pdf令和3年度(160.50 KB)
pdf令和2年度(517.89 KB)


 

パネル展

 地球温暖化の現状や、ゼロカーボン・省エネの重要性、SDGsと環境保全課での取り組みなどを紹介したパネルを展示します。
 また、令和3年度実施の「ゼロカーボンポスターコンテスト」応募作品についても展示します。

日時:令和4年6月3日(金)~令和4年6月24日(金)
場所:市役所本庁舎12階 展望回廊(昨年度と会場が異なります)




 

#環境の日はグリーン (主催:環境省)

 環境省では、「環境の日」の認知度向上及び環境問題へのさらなる意識向上を目的に、広報活動の一環として「#環境の日はグリーン」を日本全国で展開します。
 苫小牧市では、6月5日の日没後、「緑ヶ丘公園展望台」「苫小牧信用金庫本店」「ふれんど高齢者複合施設Ⅲ」の3施設において、環境について想起させる「グリーン」へのライトアップを実施します。
 「#環境の日はグリーン」キャンペーン詳細についてはこちら(環境省ホームページ)
 
【 令和4年6月5日(日)日没後~ グリーンライトアップの様子 】

↑緑ヶ丘公園展望台


↑苫小牧信用金庫本店


↑ふれんど高齢者複合施設Ⅲ

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

環境衛生部環境保全課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:ゼロカーボン担当:0144-84-1620、総務計画・環境監視担当:0144-57-8806
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません