きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

現在位置
認可保育施設等における新型コロナウイルス感染症への対応について

型コロナウイルス感染症に伴う家庭保育等のご協力へのお願いNew!

 うとない保育園において複数の陽性者が確認され、北海道において集団感染事例とされました。
 各施設では、消毒の徹底等により感染予防に努めているところではありますが、本市においても感染が拡大する中で、各施設の努力だけでは感染を防ぐことが難しいことから、保護者の皆さまに下記の点についてご対応いただきますようお願いします。

 

1 家庭での保育について

  可能な範囲での家庭保育へのご協力をお願いいたします。
  なお、保育が必要な方につきましては引き続き各施設で保育を行います。

 

2 子どもの体調管理等について

 ⑴ 子どもの体調にはより一層ご注意いただき、体調が悪い場合の登園は行わないよう
  
お願いいたします

 ⑵ 手荒い等の徹底や定期的な検温など、ご自身と子どもの健康管理の徹底のほか、発
  熱時等の外出は自粛願います。

 

3 その他

  各施設においては感染予防に努めているところではございますが、利用児童や施設職
 員が新型コロナウイルスに感染した場合には、感染された方の状況により施設の全部又
 は一部の休園を行い、必要な対策を講じることとなりますことを御理解願います。


 
詳細は、pdfこちら(140.42 KB)をご覧ください
〔保護者向け便り令和2年12月15日付「新型コロナウイルス感染症に伴う家庭保育等のご協力について(お願い)」〕
 

新型コロナウイルス感染症ステージ引き上げに伴う対応について

 新型コロナウイルス感染症の警戒ステージが、11月7日から「ステージ3」となりました。
 これまでも保護者の皆さまには、可能な範囲での家庭保育のお願いや体調不良時の登園自粛のお願いをしてきたところですが、この機会に改めて下記の点について、ご対応いただきますようお願いします。

1 保育園等への登園について

  ⑴ 当該児童が新型コロナに感染した場合

  ⑵ 当該児童又は同居の家族がPCR検査を受け結果が出るまでの間

  ⑶ 同居の家族等の感染により、当該児童が濃厚接触者となった場合

以上に該当する場合には、原則登園を自粛していただきます。
 また、このような場合には、必ず在籍園にご連絡をいただくようお願いいたします。
 
なお、この欠席に伴う保育料は日割りとなります。

  ※ ⑴及び⑶の登園自粛期間は、保健所の指示によります
 ※ PCR検査は、保健所の指示又は診察した医師の判断で行われるものを言い、会社の指示や自主的に受けた場合などは含まれません。 

 

 2 各家庭での感染拡大防止の実践について

3 可能な範囲での家庭保育への協力について

  詳細は、pdfこちら(138.70 KB)をご覧ください
〔保護者向け便り令和2年11月9日付「新型コロナウイルス感染症警戒ステージ引き上げに伴う対応について(お願い)」〕


 
過去の通知は、以下をご覧ください
pdf〔保護者向け便り令和2年6月1日付「家庭保育等の要請解除に伴う対応について(お願い)」〕(147.16 KB)
pdf〔保護者向け便り令和2年5月5日付「緊急事態宣言延長に伴う家庭保育等のご協力継続について(お願い)」〕(127.35 KB)
pdf〔保護者向け便り令和2年4月17日付「新型コロナウイルス感染症に伴う家庭保育等のご協力へのお願い」〕(148.93 KB)

 

新型コロナウイルス感染症による保育料日割について


 保育料について、保育施設を以下の理由に基づき欠席した場合、日割りとします。
 

対象となる欠席理由

 1 当該児童が新型コロナに感染した場合 
 2 当該児童又は同居の家族がPCR検査を受け結果が出るまでの間
 3 同居の家族等の感染により、当該児童が濃厚接触者となった場合
  ※ 1及び3の登園自粛期間は、保健所の指示によります
  ※ PCR検査は、保健所の指示又は診察した医師の判断で行われるものを言い、会社の指示や自主的に受けた場合などは含まれません。

※施設からの欠席日数報告に基づき、日割後の保育料額を改めて通知します。
※保育所は市から、認定こども園及び小規模保育事業所はそれぞれの施設から過払い済みの保育料額を返還しますが、返還方法(充当含む)や時期については、改めてご連絡します。  

 

発熱等の風邪症状がある児童への対応について

 保育所・幼稚園等では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、当面の間、以下のとおりの対応についてご協力をお願いしております。
 ご迷惑をお掛けしますが、保護者の皆様のご協力をお願いします。 
 

発熱がある場合は登園を避け、外出を控えてください。

 過去に発熱等が認められた場合にあっては、解熱後24時間が経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまでは同様の取扱いとします。
 
1 相談・受診の前に心がけていただきたいこと
〇 発熱等の風邪症状が見られるときは、休み外出を控える。
〇 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
2 ご相談いただく目安
〇 以下のいずれかに該当する方は、まずはかかりつけ医や地域の医療機関にご相談ください。
(1)強いだるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)、高熱等の強い症状のいずれかがある方 
(2)重症化しやすい方(※1)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合
(※1) 高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
(3)上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ず相談ください。症状に個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

 
※詳しくは「新型コロナウイルス感染症について」をご覧ください。
   
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部こども育成課
電話:総務係:0144-32-6224、幼児保育係:0144-32-6378
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

子育ての取り組み

くらしの手続き
子育て

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません