きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

現在位置
新型コロナウイルス感染症への対応について

まん延防止等重点措置の適用に伴う対応について

 各施設では、消毒の徹底等により感染予防に努めているところではありますが、各施設の努力だけでは感染を防ぐことが難しいことから、保護者の皆さまに家庭保育やお子さんの体調管理などのご協力をいただいているところです。
 
このたび、北海道へまん延防止等重点措置が適用されることとなりましたが、さらなる感染拡大により勤務できない職員が増え、保育に支障をきたす可能性があるため、保育体制確保の観点から、各家庭の皆様には下記のとおりご協力をいただきますようお願いいたします。

 pdf保護者周知文(保育施設用)(50.42 KB)
 pdf保護者周知文(幼稚園用)(50.24 KB)

 

家庭での保育について

 ⑴ 可能な限り、家庭での保育にご協力をお願いいたします。幼稚園等の教育時間の前後に行われる
   「預かり保育」についてもご協力をお願いいたします。
 ⑵ 子どもだけでなく、ご家族に発熱、咳、のどの痛み等の風邪症状がある場合にも、登園を控えて
   いただくようお願いいたします。
 ⑶ 期間は令和4年1月27日(木)から2月20日(日)までとします。
 

保育料の日割りについて  

 令和4年1月27日(木)から2月20日(日)までのまん延防止等重点措置の適用期間中、保育施設を欠席した場合については、保育料を日割りとします。
 

保育施設への連絡について

  ⑴ 当該児童が新型コロナに感染した場合

  ⑵ 当該児童又は同居の家族がPCR検査を受け結果が出るまでの間

  ⑶ 同居の家族等の感染により、当該児童が濃厚接触者となった場合

以上に該当する場合には、登園することができません。
 このような場合には、在籍園にご連絡をいただくようお願いいたします。
 
なお、まん延防止等重点措置の適用期間中に限らず、この欠席に伴う保育料は日割りとなります。
 ※ ⑴及び⑶の登園自粛期間は、保健所の指示によります
 

各家庭での感染拡大防止の実践について

  「三つの密(密閉・密集・密接)」、「感染リスクが高まる「5つの場面」」等の回避や、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指消毒」、「換気」をはじめとした基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いいたします。
 

その他

 各施設においては感染予防に努めているところではございますが、利用児童や施設職員が新型コロナウイルスに感染した場合には、感染された方の状況により施設の全部又は一部の休園を行い、必要な対策を講じることとなりますことをご理解願います。
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部こども育成課
電話:総務係:0144-32-6224、幼児保育係:0144-32-6378
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません