きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

現在位置
急速充電設備に関する火災予防条例の改正について

 電気自動車等に充電するための設備は、その全出力が20キロワットを超え50キロワット以下のものを「急速充電設備」として、苫小牧市火災予防条例第13条の2で規制していましたが、対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令が改正されたことに伴い、令和3年3月19日に改正を行いました。

 主な改正内容は以下のとおりです。
  1 全出力の上限を50キロワットから200キロワットまで拡大しました。
  2 出力の上限を拡大したことに伴う、火災予防上必要な措置を追加しました。
  3 50キロワットを超える急速充電設備については、設置する場所を消防機関へ届出をする義務を設けました。

 改正内容につきましては、令和3年4月1日から施行されます。

 提出先及びご不明な点は、予防室予防担当までお願いします。

お問い合わせ

消防本部予防室
053-0052
北海道苫小牧市新開町2丁目12番7号
電話:予防担当:0144-84-5026、危険物担当:0144-84-5035、査察担当:0144-84-5030
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません