きせかえ
きせかえ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置
令和5年度「女性に対する暴力をなくす運動」(パープルライトアップ)を実施します(R5.11)
  
 
 『暴力は絶対に許さない』という社会を形成できるのは、私たちひとりひとりです。

 毎年11月12日から25日(11月25日は「女性に対する暴力撤廃国際日」)までの2週間は、「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。
 

DV(ドメスティック・バイオレンス)を知っていますか?

 配偶者やパートナーなどからふるわれる暴力のことを「DV(ドメスティック・バイオレンス)」、交際中の相手からふるわれる暴力のことを「デートDV」といいます。
 

ひとつでも当てはまれば、それはDVです

配偶者・パートナー等が
□物を投げつける、室内を荒らす、部屋の壁に穴をあける
□(車に同乗しているときに)危険な運転をする
□暴力を正当化して暴力をふるう
□収入以上の買い物をする、借金を強要する
配偶者・パートナー等から
□殴られたり、蹴られたりする
□(別れようとすると)「俺(私)が死んだらお前(あなた)の責任だ」「死んでやる」と脅される
□勝手にルールを作られ、それを守らないと怒られる
□殴るふりや物を投げるふりをして恐怖を与えられる
□(何をいっても)無視される
□友人や家族の付き合いを制限される
□仕事に行くことを制限される
□生活費をもらえない
□GPSや携帯電話で行動を監視される
□(理不尽に)何時間も説教される
□「お前(あなた)はほんとに何もできない」「バカ」などと人格を否定される
□望まない性行為を強要される。断ると機嫌が悪くなるから断れない
 

家庭内の暴力からは、ひとりでは抜け出せません

 家庭内の暴力からは、ひとりでは抜け出せません。また、DVが起きている家庭では、子どもに対する暴力が同時に行われている場合があることなど、DVと児童虐待は深く関係しています。
 

性暴力を、なくそう

 レイプ、盗撮、痴漢、わいせつ行為、AV出演被害など、本人の同意のない性的な行為は、性暴力です。性暴力は、性別や年齢にかかわらず起こります。身近な人や交際相手、配偶者から被害を受けることもあります。


 ◉悩んでいる方を見かけたら、相談先を教えてあげてください!
 ◉悩んでいる方は、がまんしないで、まずは相談を!
 ◉児童虐待に気づいたときは、すぐに連絡を!



 多くの皆様に、「女性に対する暴力の根絶」のための活動を知っていただくために、「女性に対する暴力をなくす運動」を実施しています。
 

パープルライトアップ

 パープルライトアップには、暴力根絶の呼びかけと、被害者に対して「あなたは一人ではない!相談をしてください!」というメッセージが込められており、趣旨に御賛同いただいた5施設実施しています。また、本年度より新たに2施設が趣旨に御賛同いただきました。

 ★ライトアップ場所★
  ①苫小牧信用金庫本店(表町3丁目)
  ②緑ヶ丘公園展望台(字高丘41)
  ③浄土真宗本願寺派正光寺(高砂町2丁目)
  ④苫小牧西港フェリーターミナル(入船町1丁目)
  ⑤nepiaアイスアリーナ(若草町2丁目)

  ⑥キラキラ公園(入船町1丁目)本年度より新たに追加されました!
 
⑦expcafe!(末広町3丁目)本年度より新たに追加されました!

 ★ライトアップ期間★
  11月12日(日)~25日(土) 
      ※③、⑦以外は11月14日(火)を除く

 

 ★ライトアップの模様★
   ▼苫小牧信用金庫本店
 
 

  ▼緑ヶ丘公園展望台
 
 

   ▼浄土真宗本願寺派 正光寺
 

   ▼苫小牧西港フェリーターミナル
 

 
▼nepiaアイスアリーナ

 

DV防止啓発動画

  「一人で悩まず相談してください!」そんな思いを込めて、見やすい・分かりやすい・届きやすいDV防止啓発動画を3本制作しました。詳しくは、本室公式Youtubeチャンネル「自分らしさ応援チャンネル」からご覧ください。

DV防止啓発動画2023①「四葉のクローバー」- YouTube

DV防止啓発動画2023②「どれがDV?」- YouTube

DV防止啓発動画2023③「漫画で学ぶ!DVのサイクル」- YouTube
 

DV防止啓発パネル展

 「女性に対する暴力をなくす運動」期間中、苫小牧市役所1階ロビーにて啓発パネル展を実施いたします。ぜひお立ち寄りください。

 ★パネル展示期間★
  11月13日(月)~11月24日(金)まで

 

配偶者からの暴力相談窓口 DVかもしれません

「こわい」「つらい」と感じたら それはDVかもしれません。勇気を出して、ご相談ください。
もしあなたの周りの人が悩んでいたら、相談できる場所があることを教えてあげてください。

◉苫小牧市配偶者暴力相談支援センター
☎:0144-84-8985(平日8:45~17:15。ただし、毎月第2水曜日は19:30まで)
※12月29日~1月3日は除く
DV被害を受けた方への支援や各種専門機関の紹介などを行います。
女性の困り事の相談も受け付けています。

◉苫小牧警察署
☎:0144-35-0110(24時間対応)
命に係わるなど、緊急性が高い場合には苫小牧警察署へご相談ください。

◉DV相談+(全国共通ダイヤル)
☎:0120-279-889 (24時間対応)
メール・チャットでの相談は こちら またはQRコードから
(メール:24時間受付/チャット:受付時間12:00~22:00)


◉性暴力被害者支援センター北海道「さくらこ」
☎:050-3786-0799 (月~金10:00~20:00)
または#8891 (夜間休日もつながります)※年末年始は除く
LINE・メールでの相談は下記、まはたQRコードから

LINE:https://works.do/R/ti/p/soudan@sacrach
メール:sacrach20191101@leaf.ocn.ne.jp

  <LINE相談>      <メール相談>
  
※プライバシーは遵守されます。
 また、相談者の性別にかかわらず相談を受け付けています。

お問い合わせ

総合政策部協働・男女平等参画室
電話:市民自治担当:0144-32-6156、広聴担当:0144-32-6152、男女平等参画担当:0144-84-4052
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

DVに関すること

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません