きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

アートフェスティバル2021の開催中止について

令和3年7月31日(土)~8月1日(日)に開催予定しておりました「苫小牧アートフェスティバル2021」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止とさせていただきます。
アートフェスティバルを楽しみにしていた市民の皆様、また、参加を予定されていた皆様、関係各位には大変申し訳ございませんが、御理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 

中止広報アートについて

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年も中止となってしまいましたが、「苫小牧アートフェスティバル2021」開催中止の告知をアートで表現するため、市内外で活躍されているアーティスト集団「樽前arty+」の全面協力のもと、札幌を拠点に活躍する歌人、久石ソナ氏の作品(短歌)を苫小牧市美術博物館ラウンジや中央図書館エントランスに描画することとなり、7月23日(金)に完成しましたのでお知らせします。
 作品のタイトルは「順光と街」で、”日常を見つめ、日常を楽しむ”をテーマに描かれています。

本作品は8月31日(火)まで展示予定ですので、出光カルチャーパークや美術博物館・中央図書館など近くにお越しの際は、ぜひご覧いただき、短歌を楽しみ、文化エリアも楽しんでいただければと思います。

 美術博物館 展示風景






 中央図書館 展示風景



 作業風景






 

お問い合わせ

教育部生涯学習課
電話:0144-32-6752、0144-32-6756
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません