きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

現在位置
家庭ごみ収集におけるマスク着用について
環境省及び厚生労働省より、夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなる恐れがあるため、屋外で人と十分に距離が保てる場合には、マスクを外すよう注意喚起がありました。

ごみの収集現場におきましても、高温下でマスクを着用したまま作業を行った場合、熱中症のリスクが高まることが懸念されますので、その日の気温や収集作業員の体調などにより、マスクを着用せずに作業を行うことがあります。
市民の皆様におかれましては、このことにご理解いただきますとともに、収集作業員にお声掛けいただく際は、2メートル以上の距離を確保して、お話しいただくようご協力をお願いします。

今後も、安全で安心な収集業務を継続してまいりますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

pdf<<令和2年度の熱中症予防行動リーフレット>>(657.13 KB)  (環境省・厚生労働省)
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

環境衛生部ゼロごみ推進室ゼロごみ推進課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-55-4077
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません