きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

ふくし大作戦Ⅳ2021

ふくし大作戦IV2021の概要

『笑顔あふれるふくしのまちづくり~warm heart~つながる・生まれる』をテーマに様々な事業を展開します。ふくし大作戦は今回で4回目の実施となっており、ふくしのこころ/ふくしの気持ちと向き合って行動し、市民の皆様が住みやすい、笑顔あふれるふくしのまちを目指します。

《warm heart ふくしのこころ》3つの心構え

 1.ちょっとした心遣いを行動に!
 2.人のために少しでも役立とうとする素直な心!
 3.困っている人がいたらできる範囲で少しでも助けようとする前向きな気持ち!
 

最新情報

ふくし基調講演会

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、地域活動の中止や縮小など、実施することが難しい状況が続いています。そのような中でも、地域とのつながりが途切れることのないよう工夫をしながら、活動に取り組まれている地域もあります。さまざまな事例を参考に、地域においてどのような活動ができるか一緒に考えてみませんか。

《演題》  「Withコロナ時代における地域活動」
《講師》  畠山 明子氏(星槎道都大学社会福祉学部社会福祉学科専任講師)
《開催日時》令和3年10月30日(土) 13時30分~14時50分(開場:13時)
《開催場所》市民会館 大ホール
《対象》  市内在住の方
《定員》  200名(申し込み順)入場無料
《申し込み》市役所、社会福祉協議会、各コミセンで配布の申込用紙に氏名、住所、電話番号、事前質問(任意)を記入し、郵送またはファクス、Eメールにて受け付けております。

pdfチラシ&申込用紙はこちら(912.71 KB)



【担当課】福祉部生活支援第2課
電話:0144-32-6405
FAX:0144-32-6351
Eメール:seikatusien-2@city.tomakomai.hokkaido.jp
フォームからのお問い合わせ(リンク)
 

認知症フレンドリー図書館

 緊急事態宣言の延長に伴い、令和3年9月18日~令和3年9月30日に開催を予定しておりました「認知症フレンドリー図書館」は、一部日程、内容を変更し、下記のとおり開催します。

 認知症の方に関する知識や理解を深めていただくためのイベントを中央図書館で行います。
①えがおの写真展(認知症の方の写真展)および認知症に関わる展示(本を含む)
《開催日時》令和3年10月1日(金)~令和3年10月31日(日)
《開催場所》中央図書館 1階エントランス(直接会場へ)
②認知症フレンドリー市民上映会(上映作品:ケアニン~こころに咲く花~)
 介護施設を舞台に奮闘する介護福祉士の青年と、入居者・スタッフの愛と感動の物語です。
《開催日時》令和3年10月17日(日) 10時~12時、13時30分~15時30分
《開催場所》中央図書館 2階講堂
《定員》  各40名(申し込み順)
《申し込み》令和3年10月14日(木)まで介護福祉課で電話にて受け付けております。
※当初開催を予定しておりました「認知症VR体験」は新型コロナウイルス感染症まん延防止のため、中止とさせて頂きます。

pdf認知症フレンドリー図書館(3.28 MB)pdfチラシ(3.28 MB)


共催:苫小牧市、苫小牧市認知症地域支援推進員、苫小牧市地域包括支援センター連絡協議会

※新型コロナウイルス感染症の状況により、日程や内容の変更または中止の可能性があります。

【担当課】福祉部介護福祉課
電話:0144-32-6347(地域包括係)
フォームからのお問い合わせ(リンク)
 

実施事業の報告

あいサポート運動

 様々な障がいの特性を理解し、障がいのある人に温かく接するとともに、ちょっとした手助けや配慮を行うことができるよう、サポートのノウハウを広げる運動を行いました。

あいサポート運動のページはこちら

         (あいサポーター研修)         (あいサポートキッズ講座)

【担当課】福祉部障がい福祉課
電話:0144-32-6356(総務給付・サービス認定担当)
Fax : 0144-36-3121
Eメール:syogaifukusi@city.tomakomai.hokkaido.jp
フォームからのお問い合わせ(リンク)
 

とまレット関連事業を通じた福祉への理解促進

 福祉への理解を深めることを目的として、福祉トイレカー「とまレット」体験事業を行いました。

とまレットのページはこちら


【担当課】福祉部障がい福祉課
電話:0144-32-6356(総務給付・サービス認定担当)
フォームからのお問い合わせ(リンク)
 

ふくしICT・ロボット活用講習会

 ふくしICT・ロボット活用講習会が6月24日に苫小牧市民会館で行われました。会場には13社のソフトや機器の開発を手掛ける企業が参加し介護職の方の負担軽減や業務の効率化に効果のあるロボットや、事務負担を軽減し、ICT化を進めるソフトなどを展示形式で紹介されました。また、ICT機器やロボットを身近に感じてもらうため、デモンストレーションを交えた活用方法のレクチャーや、実際に体験や試用を行って頂きました。当日は137名の来場者が訪れ、非常に充実した講習会となりました。



pdfふくしICT・ロボット活用講習会チラシ(1.46 MB)


【担当課】福祉部介護福祉課
電話:0144-32-6340(総務)
フォームからのお問い合わせ(リンク)
 

とまチョップ生誕10周年記念事業とのコラボ事業~大作戦オープニング~

ふくし大作戦IV2021オープニングセレモニー
~ふくし隊鳥任命式~

 オープニングセレモニーが4月2日に行われ、併せてとまチョップの「ふくし隊鳥」任命式を実施しました。今年の8月22日に生誕10周年を迎える「とまチョップ」を『ふくし隊鳥』に任命し、今後1年間市民の皆様に「支えあい、助けあいの温かい心」を広める取り組みに参加してもらうこととなります。
 とまチョップは、岩倉市長より任命状交付、隊鳥章の贈呈が行われ、決意表明(ポーズ)を行いました。


        (任命状交付)            (決意表明のポーズ!)
 
 また、4月2日は世界自閉症啓発デーと国連により定められており、世界各地で自閉症を理解してもらうための取り組みが行われております。苫小牧市でも「ライト・イット・アップ・ブルー2021inとまこまい」と題して、発達障がい啓発週間(4/2~4/8)にイベントが行われています。

【担当課】福祉部障がい福祉課
電話:0144-32-6356(総務給付・サービス認定担当)
フォームからのお問い合わせ(リンク)

とまチョップ生誕10周年記念事業についてのページはこちら

【担当課】総合政策部まちづくり推進室まちづくり推進課
電話:0144-32-6062(まちなか再生)
フォームからのお問い合わせ(リンク)
 

実施事業の紹介

 ふくし大作戦IV2021では、以下の事業を予定しております。詳細については、決定次第順次情報を更新します。また、既に実施された事業については、上記の「実施事業の報告」に掲載します。

※新型コロナウイルス感染症の状況により、各事業の日程や内容を変更または中止とする可能性があります。ご了承ください。
 

福祉ふれあいセンター地域交流会 

 福祉ふれあいセンターの活動内容や利用者の障がいの特性等の理解を目的とした交流会を開催します。
 
《開催日程》
令和3年秋頃に開催予定

【担当課】福祉部発達支援課
053-0045
北海道苫小牧市双葉町3丁目7番3号 福祉ふれあいセンター内
電話:0144-34-5821(おおぞら園)
 

まちのふくし出前相談会

 市内コミュニティセンターなどに臨時のふくし相談窓口を設置し、個人が抱える生活課題等の解決への支援を行います。

《開催日程》
令和3年10月~12月に開催予定

【担当課】福祉部総合福祉課
電話:0144-32-6189(福祉相談担当)
フォームからのお問い合わせ(リンク)
 

あいサポート運動

 様々な障がいの特性を理解し、障がいのある人に温かく接するとともに、ちょっとした手助けや配慮を行うことができるよう、サポートのノウハウを広げる運動です。

あいサポート運動のページはこちら
 
あいサポーター研修
 緊急事態宣言の延長に伴い、令和3年9月15日に開催を予定しておりました「あいサポーター研修」の開催を中止することとしましたので、お知らせします。
 参加を予定されていた皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。


【次回開催】
《開催日時》令和3年10月28日(木) 18時~19時30分
《開催場所》福祉ふれあいセンター
《定員》  10名(申し込み順)

※申し込みにつきましては、前日まで障がい福祉課で電話またはファクス・Eメールにて受け付けております。ファクス・Eメールでの申し込みの際は、氏名・電話番号を記載してください。
※手話通訳が必要な方は要問い合わせ
※新型コロナウイルス感染症の状況により、日程や内容の変更または中止の可能性があります。

【担当課】福祉部障がい福祉課
電話:0144-32-6356(総務給付・サービス認定担当)
Fax : 0144-36-3121
Eメール:syogaifukusi@city.tomakomai.hokkaido.jp
フォームからのお問い合わせ(リンク)
 

認知症関連施策の展開

 認知症への理解を目的とした、認知症サポーター養成講座や認知症の声市民フォーラムの開催、認知症フレンドリー図書館などの事業を開催します。

認知症サポーターのページはこちら
認知症サポーター養成講座のページはpdfこちら(316.35 KB)
 
認知症サポーター養成講座
 緊急事態宣言の延長に伴い、令和3年9月21日に開催を予定しておりました「認知症サポーター養成講座」の開催を中止することとしましたので、お知らせします。
 参加を予定されていた皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。


※新型コロナウイルス感染症の状況により、日程や内容の変更または中止の可能性があります。

【担当課】福祉部介護福祉課
電話:0144-32-6347(地域包括係)
フォームからのお問い合わせ(リンク)
 

社会福祉協議会との連携による取組み

 福祉活動事例の紹介などを通じ、地域における福祉活動の支援を行います。

【担当課】福祉部総合福祉課
電話:0144-32-6354(福祉総務担当)
フォームからのお問い合わせ(リンク)
 

社会福祉法人研修会

 住み慣れた地域で生涯暮らし続けることができるよう、社会福祉法人の責務として位置付けられている「公益的な取組」に関する情報交換会を開催します。

【担当課】福祉部総合福祉課
電話:0144-32-6354(福祉総務担当)
フォームからのお問い合わせ(リンク)
 

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません