きせかえ
きせかえ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置
障害者雇用奨励金について(要件が変更になりました!!)

障がい者を雇い入れた事業所に雇用奨励金

 本市では、障がい者の雇用の促進を図るため障がい者を雇い入れた事業所に対し、雇用奨励金を交付します。



 

対象者

(1)厚生労働者が実施する特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)の対象となる障がい者を雇い入れた事業所であること。
(2)特定求職者雇用開発助成金の助成対象期間終了後、引き続き6カ月以上、雇用保険被保険者として雇用契約を結んでいること。
(3)市内で就労すること。
 

支給額

      
 
 ※期間の定めのない雇用契約、又は12か月以上の雇用契約の場合、2期分まとめて申請できます。
 

申請方法・リーフレット

所定の交付申請書(第1号様式)に関係書類を添付して窓口もしくは郵送にて提出してください。
   

障害者トライアルコースについては、こちらをご覧ください

【厚生労働省】特定求職者雇用開発助成金(特定求職困難者コース)


 

その他の助成制度

 

【厚生労働省】キャリアアップ助成金(障害者正社員化コース)

キャリアアップ助成金(障害者正社員化コース)は、障害者の雇用を促進するとともに職場定着を図るために、
  • 有期雇用労働者を正規雇用労働者(多様な正社員を含む)または無期雇用労働者に転換する措置
  • 無期雇用労働者を正規雇用労働者に転換する措置
 のいずれかを継続的に講じた場合、助成金を受けることができます。

 
支給対象者 措置内容 支給総額 支給対象期間 各支給対象期
における支給額
重度身体障害者、重度知的障害者
および精神障害者
有期雇用から
正規雇用への転換
120万円
(90万円)
1年
(1年)
60万円×2期
(45万円×2期)
有期雇用から
無期雇用への転換
60万円
(45万円)
30万円×2期
(22.5万円×2期)
無期雇用から
正規雇用への転換
60万円
(45万円)
30万円×2期
(22.5万円×2期)
重度以外の身体障害者、
重度以外の知的障害者、
発達障害者、難病患者、
高次脳機能障害と診断された者
有期雇用から
正規雇用への転換
90万円
(67.5万円)
45万円×2期
(33.5万円※×2期)
※第2期の支給額は34万円
有期雇用から
無期雇用への転換
45万円
(33万円)
22.5万円×2期
(16.5万円×2期)
無期雇用から
正規雇用への転換
45万円
(33万円)
22.5万円×2期
(16.5万円×2期)
※支給対象者1人あたり、上記の額を支給します。( )内は中小企業以外の額です。支給対象期間1年間のうち、最初の6か月を第1期、次の6か月を第2期といいます。ただし、この支給額が、各々の支給対象期における労働に対する賃金の額を超える場合には、当該賃金の総額を上限額とします。

詳細はこちらをご覧ください
【厚生労働省】キャリアアップ助成金(障害者正社員化コース)


 

苫小牧市】ジョブコーチ養成研修受講費助成制度(ページへリンク)

【厚生労働省】障害者を雇い入れた場合などの助成(ページへリンク)


 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

産業経済部企業政策室工業・雇用振興課
電話:工業振興担当:0144-32-6432、労政担当:0144-32-6436
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません