きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

苫小牧市技能功労者表彰について

  技能功労者表彰は、本市における技能者の社会的地位及び技能水準の向上を図るため、技能を通じて労働者の福祉の増進又は産業の発展に功労のあった者を表彰する
 

令和3年度苫小牧市技能功労者表彰 受賞者について

 
氏名(敬称略)
職種
概要
井尻 和美
建築大工

 平成13年より20年間にわたり建築大工として従事し、特に在来工法での全ての仕上げ作業における技能・技術は、業界内からも高く評価されているほか、高断熱・高気密通気工法における徹底した現場管理や、女性技能士ならではの繊細な施工は顧客からも高く評価されている。
 また、苫小牧建築大工技能士会の役員を務め、技能祭や港まつりへ積極的に参加し、ボランティア活動などを通じて、技能士の知名度向上に貢献している。

岩田 浩憲
自動車整備工

 昭和55年より41年間にわたり自動車整備の業務に従事し、軽自動車から普通貨物自動車に至る幅広い分野における、的確で精度の高い整備技術や故障診断技術は業界内からも高く評価されている。
 また、苫小牧地区自動車整備協同組合が推進する「技術情報ネットワーク事業」に対し、情報提供に努めるなど、業界の技術レベル向上と各種研修会を通じた後進育成に貢献している。

鈴木 秀作
配管工
 

 昭和59年より37年間にわたり水道施設、給排水設備工事に従事し、配管技能者として多種多様な現場状況に対応できる知識・技能を持ち、特に給排水設備に関する優れた技術は高い評価を得ている。
 また、苫小牧地区配管技能士会で役員を務めたほか、実践的な専門知識や豊富な現場経験で培った技能を、後進技術者へ親切丁寧に指導し、優秀な技能者育成に尽力している。

畠山 伸久
板金工

 昭和48年より41年間にわたり建築板金業務に従事し、特に屋根葺の技能については業界内において高く評価されている。積雪期における屋根の氷柱(つらら)・すが漏り対策となる施工方法の考案や、屋根の形状に合わせて装着可能な鋼板製スノーダクトカバーを考案し、品質・生産性向上、納期短縮を実現した。
 また、技能者として多種の屋根に携わってきた経験を活かし、若年技能者の育成に尽力している。

花﨑 久司
電気工事士
 

 昭和53年より43年間にわたり電気工事士として従事し、安全第一に電設工事を手掛け、特に作業工程管理の効率化に資する配線工事方法の確立に非常に優れており、業界内からも高く評価されている。
 また、苫小牧電気工事業協同組合の理事等を歴任し、同組合の第一種・第二種電気工事士の専任講師として技能講習を担当するなど、後進の育成指導に尽力している。

選考委員

団体名 役職 氏名

一般社団法人苫小牧地域職業訓練センター運営協会

理事長 山﨑 啓二
北海道立苫小牧高等技術専門学院 学院長 鈴木 克尚
苫小牧商工会議所 副会頭 北條 康夫
苫小牧地区技能士協会 会長 福森 希志雄
一般社団法人苫小牧建設協会 副会長 山口 志郎
※2021年9月現在
※敬称略

お問い合わせ

産業経済部企業政策室工業・雇用振興課
電話:工業振興担当:0144-32-6432、労政担当:0144-32-6436
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

各種表彰関連

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません