きせかえ
きせかえ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置
苫小牧観光振興ビジョンについて

訪日外国人観光客の急増に見られるように、近年、我が国の観光を取り巻く社会経済情勢は大きく変化しています。そこで、苫小牧市における観光振興の進むべき方向性とあり方を示し、施策の体系的な展開を図るため、平成28(2016)年2月に「苫小牧市観光振興ビジョン」を策定いたしました。今後は、本ビジョンに基づき、本市が観光客に選ばれるまちとなるため、地域一体での観光まちづくりに取り組んでいきます。
 

目的

交流人口の増加による地域経済の活性化

将来の人口減少・少子高齢社会に対応するためには、新たな成長産業を育成する必要がありますが、観光振興には、新たな消費や新たな産業の創出につながる可能性があります。そこで、長期的な視点からまちぐるみで観光振興に取り組み、交流人口の増加による地域経済の活性化を図ります。

 

目標

地域の魅力の有効活用

観光入込客数を令和6年度までに260万人 (令和2年度実績:142.1万人)

【目標値の変遷】
 令和4年3月   新型コロナウイルスの影響を受け、翌年度での目標達成は困難と
          判断し、目標値は変えずに、達成年度を令和6年度とした。
 平成28年12月 昨年、訪日外国人観光客数が過去最高を記録し、2020年に開幕す
          る「オリンピック・パラリンピック東京大会」、白老町には「民族  
          共生の象徴となる空間(仮)」の整備が予定され、年間入込客数は          
          100万人と想定されている。こうした動きから、10万人を上積みし
          260万人に上方修正を行った。
 

まちぐるみでの観光推進

観光案内所利用状況を令和6年度までに40,000件 (令和2年度実績:14,935件)

【目標値の変遷】
 令和4年3月  新型コロナウイルスの影響を受け、翌年度での目標達成は困難と
         判断し、目標値は変えずに、達成年度を令和6年度とした。  
 令和2年2月  本年目標値を達成し、翌年には「ウポポイ」、「苫小牧中央IC」の
         開設・開通を控えていることから、 10,000件を上積みし、40,000件  
         に上方修正を行った。
 平成31年3月 昨年4月に道の駅ウトナイ湖内に観光案内所を開設したことにより、
         12月時点で目標値を達成。平成30年の訪日外国人観光客数が過去最 
         高を記録したこと、2020年には「苫小牧中央IC」の開通、「ウポポ
         イ」の開設を控えていることから、5,000件を上積みし、30,000件に
         上方修正を行った。

新たな魅力づくり

とまこまい港まつり、とまこまいスケートまつり、たるまえサンフェスティバル、東胆振物産まつり等の観客動員数を令和6年度までに55万人(令和2年度実績:1.7万人)

【目標値の変遷】
 令和4年3月  新型コロナウイルスの影響を受け、翌年度での目標達成は困難と
         判断し、目標値は変えずに、達成年度を令和6年度とした。

関連資料

Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

産業経済部産業振興室観光振興課
053-0022
北海道苫小牧市表町5丁目11番5号(ふれんどビル テナント棟3階)
電話:0144-32-6448
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません