きせかえ
きせかえ

ここから本文です。

現在位置
指定管理者職員の新型コロナウイルス感染について(3月1日更新)

令和3年3月1日(月)

 2月28日、指定管理施設の「アブロス日新温水プール」を管理する「都市総合開発株式会社」より、スタジオ講座を担当するインストラクター1名から新型コロナウイルスの感染が確認されとの報告がありました。
 なお、保健所において感染者の勤務状況や行動履歴を確認した結果、不特定多数の接触者や施設内における濃厚接触者に該当する者はなく、施設の消毒作業も既に終了しているため、スタジオ講座のみ3月1日(月)から14日(日)までの間、休講することとし、他は通常通り開館いたします。
 

令和2年12月11日(金)

 指定管理施設の「アブロス日新温水プール」を管理する「都市総合開発株式会社」より、職員1名の感染が確認されました。
 この職員は、濃厚接触者としてPCR検査を行った結果、12月10日に感染が判明したものであります。
 なお、苫小牧保健所において感染者の勤務状況や行動履歴を確認した結果、不特定多数の接触者や施設内における濃厚接触者に該当する者はおりませんでした。
 既に施設の消毒作業は終了しており、通常通り開館することとしております。
 

令和2年12月7日(月)

 この度、指定管理施設の「白鳥王子アイスアリーナ」を管理する「公益財団法人苫小牧市スポーツ協会」より、職員1名の感染が確認されたとの報告がありました。
 この職員は、濃厚接触者としてPCR検査を行った結果、12月6日に感染が判明したものでありますが、市民との接触はない事務業務に従事しており、施設職員も濃厚接触者に該当していないところでございます。 
 このことを受け、施設の消毒作業は既に終了しており、本日以降、通常通り開館することとしています。

お問い合わせ

総合政策部まちづくり推進室スポーツ都市推進課
電話:0144-34-9601
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません