きせかえ
きせかえ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

児童虐待について
児童虐待の相談・通報をお受けしています。
「自分が子どもを虐待しているかもしれない」と感じたら、一人で悩まずに、ご相談ください。
「子どもの虐待を見た、聞いた、疑わしい」と感じたら、ご連絡ください。早めの相談が、問題解決への第一歩です。
相談に関する秘密は厳守します。
また、子どもの生命の危険を感じたら110番通報してください。

児童虐待とは

  • 身体的虐待・・・殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、戸外に締め出す など
  • 性的虐待 ・・・ 性的行為の強要、性器や性交を見せる、ポルノグラフィティーの被写体にする など
  • ネグレクト・・・ 家に閉じ込める、学校に行かせない、適切な食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、遺棄する など
  • 心理的虐待・・・言葉による脅し、無視、兄弟間の著しい差別的扱い、子どもの目の前で暴力を振るう など

相談の場所は・・・

  • こども相談課(双葉町3丁目7番2号 こども相談センター内) 電話:0144-32-6369
  • 月~金曜日(祝日、年末年始を除く) 午前8時45分~午後5時15分
  • ※夜間・休日の緊急連絡先は、苫小牧市役所(代表) 電話:0144-32-6111

市役所以外の相談・通報先

市役所以外の相談・通報先
相談機関           電話番号
室蘭児童相談所苫小牧分室 0144-61-1882      
児童相談所全国共通ダイヤル 189(いちはやく)
苫小牧警察署 0144-35-0110
※市内各地域での民生委員・児童委員も相談を受けています。

11月は児童虐待防止推進月間です!

 国では平成16年度から児童虐待防止法が施行された11月を「児童虐待防止推進月間」と定め、オレンジリボンをシンボルに様々な啓発活動を展開しております。
 苫小牧市でも「苫小牧市子どもを虐待から守る条例」において、11月を「児童虐待防止推進月間」に定め、次のとおり啓発活動を推進しております。


■市役所庁舎中央ロビーにおける啓発活動(11月4日~11月30日)
(1)オレンジリボンについて
 市職員やとまチョップ自らがオレンジリボンを着用するなど、啓発活動に努めております。

   
(2)ぬくもりの木について
 令和3年度に市内の小学校5~6年生より啓発用ピンバッジやステッカーのデザイン案を募集したところ、約180件の応募がありました。応募のあったデザイン案を転用し、令和4年度はぬくもりの木として展示しております。
 また市民の方にも関心を持っていただけるようオレンジリボン(シール型)をぬくもりの木に貼っていただく形式となっております。
      
   

(3)苫小牧市子どもを虐待から守る条例について
 令和3年1月1日から施行した本条例も併せて掲示しております。


■市役所庁舎前における啓発用看板の設置(11月1日~11月30日)


■苫小牧信用金庫本店におけるオレンジ色ライトアップ(11月1日~11月10日)
 例年に引き続き、今年度もご協力いただいております。


■イオン苫小牧店における啓発用ポケットティッシュの設置(11月1日~11月30日)
 例年に引き続き、今年度もご協力いただいております。

上記のほか、懸垂幕の設置や市内各所へのポスター掲示等で啓発活動を展開しております。

お問い合わせ

健康こども部こども相談課
電話:0144-32-6369
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

子どもに関する相談

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません