ワクチン接種

ここから本文です。

現在位置

新型コロナワクチンを接種したことの証明について

2022年7月26日から、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)のコンビニ交付が開始されました。詳しくはこちらをご覧ください。
 
  • 新型コロナワクチンの接種を受けたことの記録として、接種券台紙に付属の「新型コロナワクチン予防接種接種済証」がお手元に残ります。
  • 接種券台紙に付属の予防接種済証とは別に、コロナワクチンを接種したことの証明が必要な方を対象とした「新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」を発行しています。
  • 接種券なしで接種を受けた場合、実績登録に時間がかかりますことをご了承ください。
     

1 ワクチンパスポート(接種証明書)について

①電子申請(アプリ版)の場合

  • 接種証明アプリで電子版の証明書を取得するためには、スマートフォンとマイナンバーカード(紙の通知カードは不可)が必要です。
  • アプリのインストール方法などは、下記資料をご覧いただくか、厚生労働省ホームページをご確認ください。※インストール方法やアプリの詳細は市ではお答えいたしかねます。
(厚生労働省ホームページ)
www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html
jpg(1.99 MB)
jpg(2.05 MB)
 

②紙の接種証明書の場合(市の窓口への申請)

  • 紙の接種証明書が必要な場合は、申請書類を市に提出してください。
  • 証明できるのは、苫小牧市に住民登録がある間に受けた接種のみです。

 ■ 提出書類
xlsx新型コロナワクチン予防接種証明書交付申請書(21.95 KB)
② 被接種者の本人確認書類の写し(代理人が申請する場合は代理人分も添付)
③ 海外用を希望する場合は、パスポート(旅券番号と氏名ローマ字表記が記載されたページ)の写し

④ あれば接種券台紙付属の予防接種済証または予診票の本人控えの写し
docx委任状(16.12 KB)(代理人が申請する場合)
⑥ 返信用封筒(簡易書留や特定記録郵便での交付を希望する場合のみ)

 
■ 申請方法
郵送または市役所の窓口で提出
 
■ 提出先
〒053-8722 苫小牧市旭町4丁目5番6号
新型コロナウイルスワクチン接種対策室
 
■ 交付のタイミング
  • 後日郵送での交付となります(申請書受理から概ね1週間程度で郵送。ただし、接種記録が確認できない場合等には、さらに時間がかかる可能性があります)。
  • 普通郵便での交付となります。郵便事故等の責任は負いかねますので、簡易書留や特定記録郵便をご希望の場合は、返信用封筒に必要な分の切手を貼付し、交付申請書と一緒にお送りください。

③紙の接種証明書の場合(コンビニ交付)

  • マイナンバーカードをお持ちの方であれば、コンビニで紙の接種証明書を取得可能となりました(2022年7月26日交付開始)。
  • 接種記録が接種証明書に反映されるまでに時間を要する場合や、接種記録の登録内容に誤りがある場合がありますので、発行前にキオスク端末の画面上で必ず内容をご確認ください。
  • 印刷不良の場合を除き、発行後の代金の返還には対応できません。
  • 万が一、発行後に内容の誤りに気付いた場合は、市役所で正しい接種記録を確認・登録の上、再発行します。
必要なもの ・マイナンバーカード(紙の通知書は不可)
・証明書発行料(1部につき120円)
サービス提供時間 6:30~23:00(土日祝日を含む)
北海道内の
利用できる店舗
(2023/1/12時点)
・㈱セイコーマート(北海道、茨城県、埼玉県の1,162店舗)
・㈱ハセガワストア(北海道内の12店舗)
・㈱タイエー(北海道内の3店舗)
・㈱道南ラルズ(北海道内の1店舗)
・㈱セブン-イレブンジャパン(全国)
・㈱サッポロドラッグストアー(北海道内の99店舗)
・㈱ラルズ(北海道内の53店舗)
・イオン北海道㈱(北海道内の95店舗)
・㈱ローソン(全国、一部キオスク端末未設置の店舗あり)
・㈱ファミリーマート(全国)

※利用できる店舗は随時追加・変更となる場合がありますので、最新情報は、厚生労働省ホームページをご確認ください。
海外用の取得について
  • 海外用の接種証明書は、旅券番号などパスポートの記載情報が必要となるため、2022年7月21日以降に自治体窓口か接種証明書アプリで海外用の証明書を取得している必要があります
  • 接種証明書に印字されるパスポート情報は、直近の発行履歴を活用しますので、氏名変更やパスポート更新等で旅券番号が変わっている場合は、御注意ください。
コンビニでの取得方法 pdfこちら(3.42 MB)の資料をご覧ください】
 
jpg(2.27 MB) jpg(2.25 MB)
 

3 接種証明書発行上の留意事項

  • ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。
  • 接種証明書を所持していないことをもって、海外への渡航ができなくなるものではありません。
  • この接種証明書は、接種証明書を提示することにより防疫措置の緩和等が認められる国や地域に渡航する場合に限って申請していただくようお願いいたします。
  • この接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、最新の状況を外務省のホームページにおいて随時公表する予定です。
  • 現時点では、接種証明書を持っていることによって日本への入国時の防疫措置が緩和されることはありません。日本の入国時の防疫措置については、「水際対策に係る新たな措置について」のページでご確認ください。
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません