感染予防対策

ここから本文です。

現在位置

新型コロナウイルス感染症対策に係る市及び北海道の対応について

新型コロナウイルス感染症対策に伴う道民の皆様へのお願い

 年末年始や冬休みが終わり、生活が通常モードに切り替わる中、道内は引き続き高い感染レベルにあり、季節性インフルエンザも流行入りしていることから、改めて混雑する場面などにおける三密回避、手洗い等の手指衛生、適切なマスクの着脱等、十分な換気の実施など、基本的な感染防止行動を実践いただくようご協力をお願いします。
 

措置区域

 全道を対象
 

対策期間

 令和4年10月1日(土)~

 ※取組内容の詳細についてはこちら(北海道のホームページ)をご覧ください
 

冬の感染拡大防止に向けた道民の皆様へのお願い

基本的な感染防止行動の徹底
①混雑する場面などにおける基本的な感染対策を再徹底してください。
 (三密回避、手洗い等の手指衛生、適切なマスクの着脱等)
②高齢者や基礎疾患のある方、そうした方々と会う方の双方が基本的な感染対策を再徹底してください。
③普段と異なる症状がある場合は、外出・出勤・登校・登園等を控え、発熱等の症状がある場合は、自己検査を実施し、陽性者登録センター等を活用してください。
④飲食では、大声での会話や長時間の飲食を回避し、会話する際にはマスクの着用をお願いします。
⑤屋内等では、室内温度に留意し十分な換気を実施してください。
⑥無症状で感染に不安を感じるときは、ワクチン接種の有無にかかわらず検査を実施を行ってください。特に高齢者や基礎疾患のある方と接する場合には事前に検査を行ってください。

【冬のイベントなど接触機会が増える場面では基本的な感染防止行動をより一層徹底してください】

 
ワクチン接種
○オミクロン株対応ワクチンの速やかな接種の検討をお願いします。
(季節性インフルエンザワクチン接種についても検討をお願いします)
日頃からの備え
○解熱剤、検査キット、体温計、食料品、日用品の準備をお願いします。
○発熱等の北海道陽性者登録センター(0120-607-601:9時~17時30分)等の活用をお願いします。

「冬の感染拡大防止に向けた」リーフレット


 

苫小牧市の対応方針について

国及び北海道の方針を踏まえ、当面の苫小牧市の対応は下記のとおりとします

市公共施設の取扱い

○感染防止対策を徹底のうえ開館

市主催の会議及びイベントについて

○市主催の会議及びイベントは、十分な感染対策を講じ感染リスクを回避のうえ開催

その他

○今後、苫小牧市に関わり「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」が適用された場合は、速やかに対策を講じる
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません