感染予防対策

ここから本文です。

現在位置

新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行後の市及び北海道の対応について

市及び北海道の対応について

 令和5年5月8日から、新型コロナウイルス感染症は感染症法上の5類感染症に位置付けられることとなりました。
 移行後の市及び北海道の対応は下記のとおりです。
北海道の対応について
○基本的感染対策・・・・・・・個人や事業者の判断が基本となる
○医療提供体制・・・・・・・・新たな医療機関の患者受け入れなど協力を働きかける
○高齢者施設対応・・・・・・・施設内療養施設への補助を当面継続する
○発熱等の相談・・・・・・・・健康相談センター(0120-501-507 24時間)に窓口を一本化し、陽性者登録センターは廃止する
○療養支援・・・・・・・・・・自宅療養セットの送付、パルスオキシメーターの貸出、宿泊療養施設、無料検査事業はすべて廃止する
○道対策本部・・・・・・・・・廃止し、新たに感染症対策連絡本部を立ち上げる
○療養期間・・・・・・・・・・5日間を推奨(症状軽快後24時間経過)
○イベント等への要請・・・・・終了する

 

pdf「5類感染症移行後の感染症対策」リーフレット(232.82 KB)

※取組内容の詳細についてはこちら(北海道のホームページ)をご覧ください

 
市の対応について
○感染対策の考え方・・・・・・個人や事業者の判断が基本となる
○市主催の会議、イベント・・・制限なし(流行期においては手指消毒や換気などの感染対策を実施する)
○市役所内検温器、消毒液・・・市役所庁舎内に設置している検温器及び消毒液等については、状況により撤去可とする

○市職員のマスク着用・・・・・市民と接する職員は6月末までマスクを着用する
○市対策本部・・・・・・・・・対策本部体制から担当部署による情報収集体制に移行する
○その他・・・・・・・・・・・新型コロナウイルス専用フォローアップセンター(電話)は閉鎖する
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

感染予防対策

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません