感染予防対策

ここから本文です。

現在位置

感染拡大防止に係る市及び北海道の対応について

北海道の「BA.5対策強化宣言」の延長に伴う道民の皆様へのお願い

 北海道ではこれまで、「夏の感染拡大防止パッケージ」により、集中的に取組を展開してきました。最近の感染者数は減少傾向に転じたものの、病床使用率は昨冬ピークの水準で推移しており、未だ減少は見通せない状況にあります。こうしたことから、引き続き「BA.5対策強化宣言」の下、医療のひっ迫を防ぎ、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るため、基本的な感染防止行動の徹底や事業継続に向けた取組を実践いただくよう、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。
 

措置区域

 全道を対象
 

対策期間

 令和4年9月1日(木)~9月30日(金)まで

 ※要請内容の詳細についてはこちら(北海道のホームページ)をご覧ください
 

北海道の「BA.5対策強化宣言」の主な内容

基本的な感染防止行動の徹底とワクチン接種の促進
【日常生活】
○三密回避、人との距離確保、手指消毒、マスク着用、換気を徹底してください
○高齢者や基礎疾患のある方、そうした方々と会う方双方が基本的な感染防止行動を徹底してください

【飲食】
○短時間、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用してください

【検査】
○感染に不安を感じる時は、ワクチン接種の有無にかかわらず、検査を受けてください(無症状の方に限ります)
【ワクチン】
○特に高齢者や若年層の方は積極的な接種のご検討をお願いします
【高齢者施設等】
○高齢者等と面会する際は、オンライン面会を実施するなど「介護現場における感染対策の手引き」等に基づく対応を徹底するとともに、保健所をはじめ道・市町村の関係部局と連携し、感染管理や医療に関する支援体制をより一層確保してください
【学校】
○衛生管理マニュアルに基づき、学校教育活動等における感染防止対策を徹底し、それでもなお感染リスクが高い活動は、実施を慎重に検討してください
【保育所等】
○保育所における感染症対策ガイドライン等に基づき、基本的対策を徹底するとともに、発熱等の症状がある児童の登園自粛等を徹底してください

 
社会経済活動の維持に向けた事業継続の取組
【事業者】
○社会経済活動の維持に向け、事業継続計画(BCP)の策定、点検など、事業継続に支障が起きないための必要な取組を実施してください
○道の事業展開を通じた事業者と利用者双方による感染拡大防止の取組の普及・定着をお願いします ※「どうみん割」、「北海道認証店応援クーポン」、「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」

 
保健・医療提供体制の充実・確保
【必要な方に適切に医療を提供するために】
○有症状の方への検査キットの配布、陽性者登録を行う「北海道陽性者登録センター」を早期に全道展開します
○無料検査の実施期間延長(9月末まで)と事業所の拡大など検査体制の充実をはかります

苫小牧市の対応方針について

国及び北海道の方針を踏まえ、当面の苫小牧市の対応は下記のとおりとします

市公共施設の取扱い

●感染防止対策を徹底のうえ開館

市主催の会議及びイベントについて

●市主催の会議及びイベントは、十分な感染対策を講じ感染リスクを回避のうえ開催

その他

●今後、苫小牧市に関わり「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」が適用された場合は、速やかに対策を講じる
 

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません