ここから本文です。

現在位置

ご自身や身近な人が新型コロナウイルスに感染した時の対応について

 新型コロナウイルス感染症の急拡大を踏まえ、重症化リスクが高い患者を迅速かつ的確に必要な医療に繋げるため、北海道では、保健所業務を重点化し、自主的な外出自粛や健康観察をお願いすることとなりました。
 市民の皆様には、以下についてご協力をお願いいたします。

 なお、すでに体調不良を訴えている方や緊急性が高い方については、かかりつけ医もしくは「北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター」(0120-501-507)へご連絡をお願いします。

 また、このページのお知らせは北海道における取組を抜粋して掲載しています。詳細については北海道のページをご確認ください。

発熱等の症状がありPCR検査を受けたい場合

発熱等、新型コロナウイルス感染症の疑いがある方がPCR検査を受ける流れは、大きく分けて以下の2通りがあります。

【パターン1】
発熱外来のある医療機関を予約・受診し、その医療機関でPCR検査を受ける
  • 発熱外来の一覧は、北海道のホームページに掲載されていますので、こちらをご覧ください。
  • 市役所で発熱外来の予約受付やあっせんは行っていません。各自医療機関にご予約をお願いします。

【パターン2】
かかりつけ医など身近な医療機関を受診し、医師が必要と判断した場合に「苫小牧PCR検査センター」で検査を受ける
  • あらかじめお電話で「コロナ疑いの症状がある」と伝えた上で受診してください。
  • 検査は即日ではなく、後日保健所から指定された日時で受けていただきます。
 

感染を疑う症状がある場合

 ご自身の状況によって対応が変わりますので、以下の項目をご参照ください。
pdf(102.43 KB)pdf(190.11 KB)
※詳細については、北海道のページをご確認ください。
 

65歳未満で症状が軽く、自己検査を希望する方

 検査キットのWeb申請(無料)、もしくは自費購入し、陽性の疑いがある場合は陽性者登録センターへ電子申請を行っていただきます。

抗原検査キットのWeb申込みはこちら
陽性者登録はこちら

 陽性判定後の健康管理の際に体調が悪化した場合は、北海道陽性者健康サポートセンターへお問い合わせください。(℡:0120-303-111 24時間対応)
 

受診が必要な方(65歳以上の方、基礎疾患のある方、妊娠している方等)

 かかりつけ医へ電話、またはかかりつけ医がいない方は健康相談センター(0120-501-507)へご連絡いただき、発熱外来にて受診・検査となります。

 陽性判定後の健康管理の際に体調が悪化した場合は、北海道陽性者健康サポートセンターへお問い合わせください。(℡:0120-303-111 24時間対応)

 
【注意!】
抗原検査キットは「体外診断用医薬品」をお選びください。「研究用」として市販されている検査キットは、性能が確認されたものではなく、新型コロナウイルスの感染有無を調べることを目的としているものではありません。
(消費者庁から注意喚起換文書はpdfこちら(154.46 KB))
 

自分が陽性者となったら

 手順1 「職場や学校」などにご自身で連絡をしてください。

 手順2 「発症の前後に会った方(感染の可能性がある方)」などにご自身で連絡をしてください。
     ※感染の可能性がある方の判断に際しては、北海道作成の以下の例を参考にしてください。
pdf(409.11 KB) 
pdf(409.11 KB)

陽性者から「感染の可能性がある」と連絡を受けたら

 手順1 陽性者と最後に接触した日の翌日から一定期間(目安として5日間)の自宅待機(外出自粛)をお願いします。また、7日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や、リスクの高い場所の利用や会食を避けること、マスクを着用すること等の感染対策をお願いします。

 手順2 連絡を受けたご自身に症状がある(もしくは健康観察期間中に症状が出た)場合は、「かかりつけ医」もしくは「北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター」(0120-501-507)へご相談ください。

 ※詳細については、北海道のページをご確認ください。
 

 

陽性者が発生した事業者の皆様へのお願い

 職場等で陽性者と接触した「感染の可能性のある方」を選定の上、陽性者と最後に接触した日の翌日から一定期間(目安として5日間)の自宅待機(外出自粛)を求めてください。
(※ただし、2日目・3日目の検査により陰性確認ができた場合は、3日目で待機解除することが可能です。)

 また、7日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や、リスクの高い場所の利用や会食を避けること、マスクを着用すること等の感染対策をお願いします。
  
 
 ※詳細については、北海道のページをご確認ください。
 

PCR等無料検査事業所について

 無症状の方を対象とした無料の検査事業所については、こちらのページをご確認ください。
 

療養終了後も続く症状(いわゆる後遺症)について

 治療や療養が終了しても疲労感・倦怠感、咳、息切れ、胸痛、味覚・嗅覚障害などの症状が現れ、長引くことがあります。その場合の相談先として、新型コロナウイルス感染症健康相談センター(☎0120-501-507 24時間)または苫小牧保健所(☎0144-34-4168)に連絡してください。

受診については、かかりつけ医や身近な医療機関、または症状に応じた医療機関に受診・相談をお願いします。

 ※詳細については、北海道のページをご確認ください。

Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません