令和2年度 苫小牧市立病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 677 179 199 340 382 452 1046 1619 1031 289
 苫小牧市を中心とした東胆振、さらに日高医療圏の中核病院として幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。循環器系や消化器系の疾患を多く診療しているため60代以上の割合が多い傾向にあります。
 また、妊娠後期から新生児早期までの周産期医療に力を入れていることから、新生児・乳幼児も多い傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 54 13.94 13.00 5.56% 73.33
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病 インスリン製剤使用 45 12.51 14.60 6.67% 63.93 糖尿病教育入院パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 33 19.91 20.51 33.33% 79.67
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 30 20.03 18.61 6.67% 73.33
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 25 20.40 15.28 0.00% 63.76 全身性エリテマトーデス エンドトキサンパス
 膠原病、自己免疫疾患、糖尿病、内分泌、代謝、腎疾患、血液疾患等をはじめとする内科的診療を行っています。
 尿路感染症が最も多く、2番目は2型糖尿病の教育入院(糖尿病を理解し、自己管理ができることを目的とした入院)、3番目は高齢者などに多い誤嚥性肺炎、4番目は呼吸困難や呼吸不全が主体となる間質性肺炎、5番目は全身性エリトマトーデスなどの自己免疫疾患となっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx01x 喘息(副傷病名:慢性閉塞性肺疾患) 12 1.75 11.42 0.00% 47.92
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 11 23.91 18.61 18.18% 75.45
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 10 19.50 13.30 10.00% 74.90
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 終夜睡眠ポリグラフィー 睡眠時無呼吸症候群パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 経皮的肺生検法など
 肺癌、肺炎、胸膜疾患、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺疾患などの呼吸器疾患全般の診療を行っています。
 喘息が最も多く、2番目は呼吸困難や呼吸不全が主体となる「間質性肺炎」となっています。その他は、睡眠時無呼吸症候群に対する検査の症例や5大癌の1つである肺癌の症例が多くなっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 73 2.95 2.66 1.37% 70.64 大腸ポリペクトミーパス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術など 71 9.18 9.53 2.82% 77.14 内視鏡的逆行性胆管膵管造影パス
060035xx99x0xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 54 5.83 8.33 7.41% 74.19
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 35 9.11 9.08 8.57% 72.09
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 内視鏡的胆道ステント留置術など 33 9.42 12.33 3.03% 76.85 内視鏡的逆行性胆管膵管造影パス
 食道、胃、大腸、肝臓、胆のう、胆管、膵管などの腹部臓器全般の診療を担当しています。
 入院では、内視鏡手術を要する早期胃癌、早期大腸癌の治療が最も多く、胆管結石や悪性胆道狭窄に対するステント留置術が2番目に多くなっています。小さな大腸ポリープのほとんどは外来で切除しています。
 そのほか、肝硬変、消化器癌の抗癌剤治療、放射線治療、経皮治療、血管治療などを行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心臓カテーテル法による諸検査 168 2.48 3.07 0.00% 69.33 心臓カテーテル検査パス(1泊2日)
050130xx9900xx 心不全 手術なし 82 15.63 17.23 8.54% 81.70
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術など 56 4.50 4.44 1.79% 69.73
050050xx9920xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心臓カテーテル法による諸検査、血管内超音波検査 49 3.14 3.26 2.04% 70.22 心臓カテーテル検査パス(2泊3日)
050210xx97000x 徐脈性不整脈 ペースメーカー移植、交換術 37 10.70 10.56 2.70% 78.00 ペースメーカー交換術パス
 心臓の病気(狭心症・心筋梗塞・心不全・不整脈・弁膜症・心筋症)や血管系の病気(閉塞性動脈硬化症・大動脈瘤・大動脈解離・肺動脈疾患)などの循環器疾患全般の診療ならびに、カテーテル検査・治療部門を行っています。救急治療を要する循環器疾患の救急に関しても、循環器内科担当医が診療を行っています。
 心不全は心臓の機能が低下し労作時の息切れや足の浮腫といった症状が出現する病気です。原因には心筋梗塞など虚血性心疾患、心臓弁膜症、心臓の筋肉(心筋)そのものの病気である心筋症、高血圧や不整脈など様々なものがあります。近年高齢化に伴い、心不全の患者数も増加傾向にあります。心不全の治療を行い、原因検索を行い、それに対して加療を行い、心不全の再発予防に努めていきます。
 不整脈には大きく分けて脈が遅くなる徐脈性不整脈と脈が速くなる頻脈性不整脈があります。徐脈性不整脈に対してはペースメーカー治療が必要で、当院でも植え込み術を行っています。また、心房細動などの頻脈性不整脈に対してもカテーテルアブレーション治療を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 56 5.02 6.46 0.00% 3.80 喘息パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 38 2.21 7.48 0.00% 7.74
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 28 10.18 20.56 0.00% 8.96 ネフローゼ再発パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 20 8.30 13.00 0.00% 3.65
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 18 4.06 5.86 0.00% 3.89
 当科は日本小児科学会の小児医療提供体制においては地域小児科センターに位置づけられ、東胆振・日高地方の小児救急医療支援病院、地域周産期母子医療センターです。
 入院件数では喘息が最も多く、次いで、てんかん治療が多くなっています。その他では、ネフローゼ症候群や尿路感染症、ウイルス性腸炎の順に多くなっています。
新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(新生児黄疸など)(出生時体重2500g以上) 手術なし 106 6.77 6.13 0.94% 0.01
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(新生児黄疸など)(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 32 13.28 11.19 6.25% 0.00
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(新生児黄疸など)(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし シナジス 29 27.00 28.12 0.00% 0.00
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(新生児黄疸など)(出生時体重2500g以上) 新生児仮死蘇生術など 14 9.00 8.37 0.00% 0.00
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(新生児黄疸など)(出生時体重2500g以上) 手術なし
 地域周産期母子医療センターとして、新生児特定集中治療室・新生児治療回復室を有し、低出生体重児などの新生児に対して高度な医療を提供しています。
 そのため新生児科では、早産などによる低出生体重児の症例が入院患者の大半を占めています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術など 39 6.49 7.23 0.00% 62.85 胆のう摘出術パス
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術など 36 13.42 16.19 0.00% 74.86 腹腔鏡下結腸癌パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニアなど 25 4.12 4.86 0.00% 68.48 成人鼠径ヘルニアパス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないものなど 22 4.55 5.44 0.00% 35.55 腹腔鏡下虫垂切除術パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 21 7.67 7.17 0.00% 54.14
 消化器疾患、呼吸器疾患や乳腺疾患など幅広い一般外科領域に対して診療を行っています。
 胆石症や胆のう炎に対する「腹腔鏡下胆嚢摘出術」が最も多く、2番目は大腸癌に対する手術、3番目は鼠径ヘルニアに対する「ヘルニア手術」、4・5番目は、虫垂炎に対する手術等の治療となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股など 28 32.29 25.09 50.00% 79.04
160800xx99xxxx 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 20 42.10 15.20 35.00% 86.30
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 12 25.75 18.81 16.67% 77.75
160800xx97xxxx 股関節・大腿近位の骨折 その他の手術(輸血など)
160760xx97xx0x 前腕の骨折 骨折非観血的整復術など
 骨折、関節障害、脊椎疾患、骨粗しょう症などに対して診療を行っています。
 転倒や骨粗しょう症患者などに多発する大腿骨近位部骨折が最も多く、1番目は手術症例、2番目は認知症や心疾患などの合併症を持っている患者さんは手術の危険が大きいため、保存的治療の症例です。3番目も骨粗しょう症などの影響で発症することが多い腰椎圧迫骨折となっています。
 当科に入院する高齢者の多くが足の骨折であるため、リハビリ目的で転院する割合が高くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし エダラボン 発症前Rankin Scale 0、1又は2 32 16.56 15.64 28.13% 67.44
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 28 34.68 18.86 64.29% 67.64
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 22 14.50 8.18 18.18% 59.45
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 21 9.43 6.36 0.00% 74.81
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術など 12 17.17 12.04 25.00% 79.17
 脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血など)、頭部外傷(頭蓋内血腫、脳実質損傷)、意識障害、けいれん発作や、脳腫瘍、顔面けいれん、てんかん、のほか、脊椎脊髄疾患(脊椎変性疾患、脊椎外傷、脊髄損傷)から末梢神経障害(手足のしびれ、痛み)まで、幅広く診療・治療を行っています。
 脳梗塞に対する脳保護療法として「エダラボン(活性酸素除去剤)」を使用した症例が最も多く、発症早期であればt―PA(組織プラスミノゲン活性化因子)による急性期血栓溶解療法や血栓回収術などを行っています。2番目は非外傷性頭蓋内血腫(脳内出血)。3番目は外傷による急性硬膜下血腫。4番目は一時的に脳が虚血状態となる一過性脳虚血発作。5番目は非外傷性の急性硬膜下血腫に対して手術を実施した症例です。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常(既往帝切後妊娠)子宮全摘術など 73 8.90 9.45 0.00% 32.04 帝王切開術パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術など 38 8.97 9.45 0.00% 32.00 帝王切開術パス
120180xx02xxxx 胎児及び胎児付属物の異常(既往帝切後妊娠)骨盤位娩出術など 21 8.76 7.97 0.00% 32.71
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術など 20 2.45 3.11 0.00% 32.75
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術など 19 5.84 6.10 0.00% 43.37 腹腔鏡下子宮全摘・核出術パス
 地域周産期母子医療センターとして、胆振・日高管内を中心に重症妊産婦を受け入れていることから、「帝王切開手術」が上位を占めています。また、子宮筋腫などの婦人科良性疾患に対する腹腔鏡手術や、婦人科悪性腫瘍手術も数多く行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患  水晶体再建術 両眼 82 3.94 4.95 2.44% 74.10 白内障パス(3泊4日)
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患  水晶体再建術 片眼 47 2.04 2.76 0.00% 72.04 白内障パス(1泊2日)
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)など
020160xx97xxx0 網膜剥離 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)など 片眼
020220xx97xxx0 緑内障 緑内障手術(流出路再建術)など 片眼
 白内障、網膜硝子体疾患、加齢黄斑変性症に特に力を入れて診療を行っています。
 白内障手術が最も多く、眼科入院全体の約8割を占めています。白内障は、小切開創で行い、通常の単焦点眼内レンズに加え、乱視の強い症例ではトーリック(乱視矯正)眼内レンズの導入も行っています。増殖性糖尿病網膜症、黄斑円孔、網膜前膜(黄斑上膜)といった網膜硝子体疾患に対しては硝子体手術を積極的に行っています。
 また、加齢黄斑変性や網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、糖尿病黄斑浮腫に対しては抗VEGF薬(血管内皮増殖因子阻害薬)の硝子体注射を日帰りで行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 35 3.89 4.94 0.00% 66.86 めまいパス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 30 6.43 5.63 0.00% 43.93
030428xxxxxxxx 突発性難聴 30 7.87 8.81 0.00% 59.20 突発性難聴パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 29 6.38 6.71 0.00% 52.21 鼻副鼻腔手術パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術)など 24 6.54 7.20 0.00% 59.21
 耳、鼻、のど、顔面、頚部、唾液腺などの診療を行っています。
 入院症例数が多い順に列記しますと、1)めまい発作に対する点滴治療、2)扁桃周囲膿瘍や扁桃炎等への点滴治療、3)突発性難聴に対する点滴治療、4)慢性副鼻腔炎の内視鏡手術、5)耳下腺腫瘍などの手術が上位を占めています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 前立腺針生検法 54 2.02 2.54 0.00% 70.65 前立腺針生検法パス
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 49 7.69 7.13 0.00% 71.57 経尿道的膀胱腫瘍手術パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 38 4.89 5.67 0.00% 57.95 経尿道的尿路結石除去術パス
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術など 31 13.58 11.89 0.00% 68.97 前立腺全摘手術パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全動脈形成術、吻合術 その他の動脈など 24 6.67 8.15 0.00% 69.04 内シャント設置術パス
 泌尿器系腫瘍、尿路結石症など泌尿器領域全般の診療を行っています。
 前立腺癌の検査である前立腺針生検法が最も多く、検査結果を踏まえ行う前立腺悪性腫瘍手術が4番目に多くなっています。前立腺悪性腫瘍手術では、患者さんの負担がより少ない手術支援ロボット(ダビンチ)による手術も行っています。
 その他、膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍手術や、腎臓や尿路に出来る結石に対する経尿道的尿路結石除去術、慢性腎臓病で透析療法の必要な患者さんに対して内シャントを造設する症例が上位を占めています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20 19 13 34 1 8
大腸癌 34 19 32 31 34 60 1 7,8
乳癌 14 1 8
肺癌 11 39 1 8
肝癌 22 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 大腸癌の件数が最も多く、次いで胃癌、肺癌となっています。
 手術適応症例については外科的治療や内視鏡的治療を行い、手術適応外症例については化学療法、放射線療法を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 57 12.82 73.95
重症 11 25.45 82.36
超重症
不明 0 0.00 0.00
 患者数が最も多いのは重症度中等症の患者さんとなっています。平均年齢を見てみると重症度中等症では70歳代、重症では80歳以上と高齢になっています。成人市中肺炎は高齢になるほど重症度が高くなることが分かります。平均在院日数も重症度が高くなると長くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 124 22.95 73.73 41.43%
その他 16 23.88 72.31 5.00%
 発症して早期に入院される患者さんがほとんどで、発症3日以内の脳梗塞が高い割合を占めています。平均年齢は73歳となっており、平均22日程度の入院期間で治療を行っています。約41%の方がリハビリのため他院へ転院をしており、地域医療連携の強化しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 93 1.10 10.00 4.30% 77.98 内視鏡的逆行性胆管膵管造影パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 68 1.09 1.10 0.00% 70.81 大腸ポリペクトミーパス
K654 内視鏡的消化管止血術 30 1.27 6.20 20.00% 71.03
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 29 1.79 10.45 3.45% 71.14
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 29 2.41 8.10 6.90% 73.62
 消化器内科で行う手術は内視鏡を用いた手術、経皮穿刺治療などを行います。がんや結石による胆道狭窄に対するステント留置術、乳頭切開術が多く、その他内視鏡的大腸ポリープ切除、消化管出血に対する止血術などが多く行われています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5461 経皮的冠動脈形成術(急性心筋梗塞) 35 0.00 17.89 0.00% 67.14
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 34 1.38 2.26 2.94% 71.26
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 33 0.85 3.39 6.06% 74.15
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 31 3.48 10.35 3.23% 79.39 ペースメーカー植込み手術パス
K597-2 ペースメーカー交換術 14 1.07 10.86 14.29% 80.43 ペースメーカー交換術パス
 急性心筋梗塞や不安定狭心症などの急性冠症候群には、24時間体制で迅速な対応、カテーテル検査・治療を行います。病状の安定した狭心症、慢性冠動脈疾患、またはその疑いがもたれる患者様の診断には、冠動脈CTによる冠動脈評価を行い、適応例に心臓カテーテル検査による検査を進めて適切な治療を検討します。 
 冠動脈カテーテル治療は、加療部位の再狭窄が少ない薬剤溶出性ステント(DES)を用いた病変拡張が中心となります。治療には血管造影に加えて、血管内超音波(IVUS)や光干渉断層法(OCT)などの血管内画像も併用して、より安全かつ効果的な治療の実践に努めていきます。心疾患・大動脈疾患には高率に下肢動脈の閉塞性動脈硬化が合併しており、このような方や、間欠性跛行症状(少し歩くとふくらはぎが痛くなる)を有する方には、四肢血圧脈派測定(ABI)や熟練技師による超音波検査など簡便な検査で下肢動脈の閉塞や狭窄を診断します。下肢動脈や腎動脈などの末梢動脈閉塞性疾患に対してもカテーテル治療を行っています。
 洞機能不全症候群や完全房室ブロックなど脈が遅くなる徐脈性不整脈の治療に関してはペースメーカー治療が重要で、投下でも恒久的ペースメーカー植え込み術を施行しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 39 1.54 3.95 0.00% 62.85 胆のう摘出術パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 37 3.14 10.08 0.00% 75.41 腹腔鏡下結腸癌パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 22 0.68 2.86 0.00% 35.55 腹腔鏡下虫垂切除術パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 19 1.21 1.42 0.00% 60.68 成人鼠経ヘルニアパス
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 12 1.00 6.08 0.00% 40.42 腹腔鏡下虫垂切除術パス
 胆石症や胆のう炎などの治療の対象となる「腹腔鏡下胆嚢摘出術」が最も多く、次いで大腸癌に対する「腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術」、急性虫垂炎に対する「腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)」、鼠径ヘルニア(脱腸)に対する「鼠径ヘルニア手術」、急性虫垂炎に対する「腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)」の順となっています。
 腹腔鏡下手術は手術創が小さいため、早期社会復帰が可能となることから、当科ではできるだけ腹腔鏡下手術での方針としています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 16 4.13 27.25 50.00% 80.25
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 12 5.00 26.17 50.00% 77.42
K0452 骨折経皮的鋼線刺入固定術(前腕、下腿)
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)
K037 腱縫合術
 1・2番目は大腿骨近位部骨折に対する手術です。1・4番目は金属で骨を固定する「骨折観血的手術」、2番目は折れた骨の代わりに人工物でできた骨を置き換える「人工骨頭挿入術」、3番目は器具を使い骨折部を固定する「骨折経皮的鋼線刺入固定術」、5番目は切れた腱の断端を糸やワイヤーで縫い寄せる「腱縫合術」となっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 19 0.74 26.11 73.68% 77.63
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 12 4.17 33.08 33.33% 73.33
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 11 4.09 13.27 27.27% 78.73
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他)
 脳梗塞に対して行う「経皮的脳血栓回収術」が最も多く、手術の際には、超音波ドップラーや術中ICG(インドシアニン・グリーン)、MEP(運動誘発電位)によるモニタリング等を用いて、手術の精度向上に努めます。次いで、頚髄症や頚椎症性脊髄症、腰椎椎間板ヘルニアなどに対する「脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成)」。3番目は硬膜下血腫に対して行う「慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術」。4番目は脳出血などに対して行う「頭蓋内血腫除去術」。5番目は脳にできた腫瘍に対して行う「頭蓋内腫瘍摘出術」となっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 63 5.02 6.97 0.00% 31.83 帝王切開術パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 22 1.09 3.95 0.00% 43.05 腹腔鏡下腟式子宮全摘・核出術パス
K9062 子宮頸管縫縮術(シロッカー法又はラッシュ法) 19 1.68 7.58 0.00% 33.53 子宮頸管縫縮術パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 17 0.29 1.00 0.00% 33.12 子宮頚部円錐切除術パス
K9091ロ 流産手術(妊娠11週までの場合)(その他のもの) 15 0.00 0.20 0.00% 33.40 子宮内容除去術パス
 地域周産期母子医療センターとして、胆振・日高管内を中心に重症妊産婦を受け入れていることから、「帝王切開手術」が上位を占めています。また、子宮筋腫などの婦人科良性疾患に対する腹腔鏡手術や、婦人科悪性腫瘍手術も数多く行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 128 1.26 1.01 1.56% 73.27 白内障パス(1泊2日)
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 13 1.00 7.92 0.00% 67.00
K2682 緑内障手術(流出路再建術)
K2542 治療的角膜切除術(その他)
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)
 当院では、片眼の白内障手術は1泊2日入院、両眼の白内障手術は3泊4日入院が基本となっています。
 その他の疾患に関しては、個別に入院期間を設定することがあります。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 21 1.52 5.76 0.00% 18.29
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 20 1.45 4.20 0.00% 56.45 鼻副鼻腔手術パス
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 12 1.00 1.00 0.00% 5.00
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 10 2.00 5.20 0.00% 60.70
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 10 1.20 4.70 0.00% 57.80
 入院手術で件数の多いものを列記しますと、1)慢性扁桃炎、IgA腎症などの原因となっている扁桃病巣感染症、睡眠時無呼吸症を伴う扁桃肥大などに対する口蓋扁桃摘出術、2)慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻副鼻腔手術(1~4型)計31件、3)滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入術12件、慢性化膿性中耳炎などに対する鼓室形成術14件、4)耳下腺腫瘍に対する耳下腺腫瘍摘出術、5)良性の甲状腺腫瘍に対する甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術10件、その他に内視鏡による甲状腺腫瘍・甲状腺悪性腫瘍手術や甲状腺癌に対する甲状腺悪性腫瘍手術なども多く行っており、計35件となっています。
 また、声帯、後頭下咽頭、口腔咽頭、鼻副鼻腔、耳下腺、顎下腺などの耳鼻咽喉および頭頚部の幅広い手術に対応しています。難易度の高い頭頚部癌手術などでは、北海道大学から専門の医師を招聘しているほか、北海道大学病院、北海道医療センターなど頭頚部専門の先生にご紹介しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 67 1.63 5.10 0.00% 72.88 経尿道的膀胱腫瘍手術パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 49 0.47 4.47 6.12% 70.24 経尿道的ステント留置術パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 38 1.53 2.66 0.00% 57.92 経尿道的尿路結石除去術パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 26 1.58 5.04 3.85% 69.12 内シャント設置術パス
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 24 2.38 10.42 0.00% 69.42 前立腺全摘手術パス
 膀胱にできた悪性腫瘍に対し尿道から内視鏡を膀胱へ挿入し、電気メスにて膀胱腫瘍を切除して腫瘍の膀胱壁へ深達度なども評価できる「膀胱悪性腫瘍手術」が最も多く、次いで、腎臓から膀胱までを繋ぐ尿管に尿路結石などが原因で生じた、尿の通過障害を解除する目的で行う「経尿道的尿管ステント留置術」が多くなっています。3番目は、尿道から細径の内視鏡を挿入し、直接レーザーにより結石を破砕する「経尿道的尿路結石除去術」。4番目は透析療法の必要な患者さんに対して、動脈と静脈を吻合し内シャントを造設する「末梢動静脈造設術」。5番目は、患者さんの負担が少ない手術支援ロボット“ダビンチ”による「腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術」となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 11 0.18%
180010 敗血症 同一 11 0.18%
異なる 35 0.56%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
臨床上ゼロにはなりませんが、少しでも改善すべきものとして、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症があります。
 
 ◆播種性血管内凝固
   感染症等によって起こる全身性の重篤な病態。
 ◆敗血症
   感染症によって起こる全身炎症反応の重篤な病態。
 ◆真菌症
   真菌による感染症。
 ◆手術・処置等の合併症
   手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態。
   術後出血や創部感染などがあげられます。
   また、術後合併症とは異なりますが、人工透析を行うために作った透析シャントのシャント狭窄なども該当します。

 ・「同一」とは、傷病名(医療資源を最も投入した病名)と入院のきっかけとなった病名が同じ事。
 ・「異なる」とは、傷病名(医療資源を最も投入した病名)と入院のきっかけとなった病名が違う事。

【特徴】
 敗血症では、急性期病院のため、重篤な状態で運ばれ入院する症例が多く、全体の症例の0.18%となっています。
更新履歴
2021/9/29