平成29年度 苫小牧市立病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1126 188 223 423 469 680 1580 1830 1296 236
 苫小牧市を中心とした東胆振、さらに日高医療圏の中核病院として幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。循環器系や消化器系の疾患を多く診療しているため60代以上の割合が多い傾向にあります。
 また、妊娠後期から新生児早期までの周産期医療に力を入れていることから、新生児・乳幼児も多い傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患(リウマチ性多発筋痛症など) 46 34.04 17.16 2.17% 60.87
070470xx99x4xx 関節リウマチ 手術なし (使用薬剤:ゼルヤンツなど) 38 5.87 13.17 0.00% 69.55 関節リウマチ(使用薬剤:ゼルヤンツ)パス
100071xx99x110 2型糖尿病 手術なし インスリン製剤 85歳未満 37 16.57 15.63 0.00% 63.73 糖尿病教育入院 パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 36 21.42 12.34 11.11% 74.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 29 18.41 20.83 20.69% 83.14
 膠原病、免疫疾患、糖尿病、内分泌、代謝、腎疾患、血液疾患等をはじめとする内科的診療を行っています。
 内科の全症例の4割を関節リウマチが占めていますが、DPC対象外症例が多いためリウマチ性多発筋痛症が最も多い症例となっています。リウマチと名前がついているが関節リウマチとは別の病気となります。2番目に関節リウマチの治療薬剤のひとつゼルヤンツを使用する症例となっています。3番目は2型糖尿病の教育入院。4番目は尿路細菌感染症。5番目は高齢者などに多い誤嚥性肺炎となっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 化学療法あり 73 11.70 11.99 0.00% 71.05
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 経気管肺生検法 24 2.50 3.59 0.00% 74.38 気管支鏡検査パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術なし 20 22.40 19.65 0.00% 73.90
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 18 15.61 14.60 0.00% 74.06
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置 14 14.79 12.35 0.00% 66.00 肺癌 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置パス
 肺癌、肺炎、胸膜疾患、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺疾患などの呼吸器疾患全般の診療を行っています。
 5大癌の1つである肺癌は呼吸器内科の全症例の約7割を占めています。このため、肺癌に対する症例が上位を占めており、最も多いのは「肺癌に対する化学療法」となっています。DPCコードは使用する薬剤や治療法により異なるため、同じ肺癌でも別症例として分類されます。3番目は、呼吸困難や呼吸不全が主体となる「間質性肺炎」となっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 72 10.92 10.61 4.17% 77.15
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 50 7.08 8.98 0.00% 65.14
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 48 6.56 7.21 0.00% 71.17 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし(使用薬剤:アバスチンなど) 46 3.96 4.47 0.00% 73.30 化学療法パス
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 内視鏡的胆道ステント留置術 44 14.77 15.55 2.27% 77.93
 食道、胃、大腸などの消化管、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓などの消化器疾患全般の診療を担当しており、胆管結石、胆管炎に対する「内視鏡的治療」が最も多くなっています。2番目は腸閉塞の保存的治療となっています。3番目は小腸大腸の結腸腺腫と早期大腸癌に対する「早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術(内視鏡的粘膜下層剥離術)」。4番目は大腸癌に対する化学療法。5番目は胆のう癌、胆管癌に対する「内視鏡的治療」となっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心臓カテーテル法による諸検査 317 2.46 3.03 0.32% 68.56 心臓カテーテル法による諸検査パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 112 4.54 4.62 0.89% 69.38 経皮的冠動脈形成術パス
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心臓カテーテル法による諸検査、血管内超音波検査など 60 2.32 3.19 0.00% 68.93 心臓カテーテル法による諸検査パス
050210xx97000x 徐脈性不整脈 ペースメーカ移植術 49 11.10 11.21 2.04% 78.47 ペースメーカー移植術パス
050130xx9910xx 心不全 手術なし 心臓カテーテル法による諸検査 48 16.42 15.87 6.25% 72.81 心臓カテーテル法による諸検査パス
 心血管疾患を含めて循環器疾患の診断及び治療を行っています。狭心症等冠動脈疾患の診断及び治療後の経過観察目的での心臓カテーテル検査、また冠動脈疾患に対する心臓カテーテル治療のための入院が多く、これらで全症例の50%を占めています。
 高齢化に伴い、心不全の治療のための入院数も増えており、患者さんの平均年齢は70歳を超えています。洞不全症候群、完全房室ブロック等、徐脈(脈が遅くなる疾患)に対して脈拍数を維持するためのペースメーカー移植術も症例が多いです。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 108 5.53 5.94 0.93% 0.89
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 90 4.58 6.03 0.00% 2.62
040100xxxxx00x 喘息 89 5.01 6.32 0.00% 3.44
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(新生児黄疸など)(出生時体重2500g以上) 手術なし 66 6.15 6.18 4.55% 0.00 新生児黄疸 高ビリルビン血症(光線療法)パス
0400801199x00x 肺炎等 63 5.08 5.70 0.00% 3.38 肺炎パス
 日本小児科学会の小児医療提供体制においては地域小児科センターに位置づけられ、東胆振・日高地方の小児救急医療支援病院、地域周産期母子医療センターです。
 小児疾患の特性を反映して、当院も入院件数は、呼吸器感染、気管支喘息、新生児疾患の順となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆のう炎を伴う胆のう結石など腹腔鏡下胆嚢摘出術等 49 6.98 7.40 2.04% 62.51 腹腔鏡下胆嚢摘出術パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 44 13.14 15.61 2.27% 71.45 腹腔鏡下結腸切除術パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし(使用薬剤:アバスチンなど) 44 3.16 4.47 0.00% 69.61 化学療法(大腸癌)パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし(使用薬剤:アバスチンなど) 36 3.08 4.38 0.00% 71.33 化学療法(大腸癌)パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 22 5.50 5.56 0.00% 43.45 虫垂炎 腹腔鏡下虫垂切除術パス
 消化器疾患、呼吸器疾患や乳腺疾患など幅広い一般外科領域に対して診療を行っています。
 胆石症や胆のう炎に対する「腹腔鏡下胆嚢摘出術」が最も多く、2、3番目は5大癌の1つである大腸癌に対する手術と化学療法となっています。4番目は直腸癌に対する化学療法。5番目は、急性虫垂炎に対する「腹腔鏡下虫垂切除術」となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 35 36.91 27.09 34.29% 75.09
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 28 34.61 15.22 42.86% 88.25
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 19.94
160835xx01xx0x 下腿足関節周辺骨折 骨折経皮的鋼線刺入固定術 前腕、下腿等 22.27
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 5.16
 骨折、関節障害、脊椎疾患、骨粗しょう症などに対して診療を行っています。
 高齢化に伴い発症するリスクの高い骨粗しょう症が原因でおこる大腿骨頸部骨折が最も多く、1番目は手術症例となっており、2番目は認知症や心疾患などの合併症を持っている患者さんは手術の危険が大きいため、保存的治療の症例となっています。DPCコードは手術のありなしにより異なるため、同じ大腿骨頸部骨折でも別症例として分類されます。3番目も骨粗しょう症の影響で発症する腰椎圧迫骨折となっています。
 当科に入院する高齢者の多くが足の骨折であるためリハビリ目的で転院する割合が高くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、JCS10未満) 手術なし(使用薬剤:エダラボン) 発症前Rankin Scale 0、1又は2 34 19.71 16.38 26.47% 68.09
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 16 25.06 19.10 37.50% 70.44
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 16 14.63 11.75 31.25% 79.63
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 14 9.36 7.34 7.14% 45.00
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし(使用薬剤:エダラボン)副傷病あり(心房細動など)発症前Rankin Scale 0、1又は2 12 19.83 18.34 25.00% 76.08
 脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血など)、頭部外傷(脳挫傷、硬膜下血腫、硬膜外血腫など)、脳腫瘍、脊髄疾患(脊髄腫瘍、脊髄空洞症)など多岐にわたり診療を行っています。
 脳梗塞に対する脳保護療法として「エダラボン(活性酸素除去剤)」を使用した症例が最も多くなっています。発症早期であればt―PA(組織プラスミノゲン活性化因子)による急性期血栓溶解療法やそれに引き続いて血栓回収術などを行っています。2番目は「非外傷性頭蓋内血腫(脳内出血)」です。血管栓や血腫が多い場合には手術も行っています。3番目は急性の硬膜下血腫となっています。5番目は「脳梗塞の手術無し」となっています。片麻痺など後遺障害が比較的高率に残存することがあるため、リハビリ目的で転院する割合が高くなっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常(既往帝切後妊娠)帝王切開術など 95 9.12 9.75 0.00% 32.94 帝王切開術パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 30 6.93 6.28 0.00% 46.23 腹腔鏡下腟式子宮全摘術パス
120260xx01xxxx 分娩の異常(分娩停止) 帝王切開術など 28 9.29 9.67 0.00% 31.61 帝王切開術パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。)腹腔鏡によるもの等 27 5.93 6.37 0.00% 46.00 腹腔鏡下子宮附属器腫瘍切除術パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 27 9.11 20.41 3.70% 30.59
 地域周産期センターとして、胆振・日高管内をはじめ千歳市・恵庭市など広域の妊産・婦を受け入れていることから、妊娠分娩に関連する症例が多く、特にDPC分類に入らない正常分娩も多くを占めています。
 DPC分類の症例で最も多いのは、合併症妊娠などのハイリスクの妊婦の症例となっています。2番目は子宮の良性腫瘍に対する治療となっています。4番目は卵巣の良性腫瘍に対する治療となっています。5番目は多胎妊娠や子宮頚管無力症などで起こる「切迫早産」となっており、他院からの紹介を受け入れています。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020320xx99xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術なし 8.46
020180xx97x1x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 片眼 11.09
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 3.32 眼瞼内反症パス
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし 2.59
020130xxxxxxxx 原田病 16.52
 白内障、網膜硝子体疾患、加齢黄斑変性症に特に力を入れて診療を行っています。
 白内障手術は小切開創で行い、通常の単焦点眼内レンズに加え、乱視の強い症例ではトーリック(乱視矯正)眼内レンズの導入も開始しました。増殖性糖尿病網膜症、黄斑円孔、網膜前膜(黄斑上膜)といった網膜硝子体疾患に対しては硝子体手術を積極的に行っています。  また、加齢黄斑変性や網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、糖尿病黄斑浮腫に対しては抗VEGF薬(血管内皮増殖因子阻害薬)の硝子体注射を日帰りで行っています。
※ 白内障は当科の9割を占めていますが、DPC対象外症例のため含まれていません。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 62 7.37 7.23 0.00% 56.61 鼻副鼻腔手術パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 52 3.58 5.15 0.00% 65.48
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 40 7.75 8.01 0.00% 15.60 扁桃、アデノイドの慢性疾患パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 34 5.79 5.48 0.00% 34.53
030428xxxxxxxx 突発性難聴 33 8.27 9.18 0.00% 60.36 突発性難聴パス
 耳、鼻、のど、顔面、頚部、唾液腺などの診療を行っています。入院症例数が多い順に列記しますと、1)慢性副鼻腔炎の内視鏡手術 2)めまい発作に対する点滴治療 3)扁桃摘出・アデノイド切除の手術 4)扁桃炎など咽頭喉頭の感染症に対する点滴治療 5)突発性難聴に対する点滴治療が上位を占めています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 54 4.26 5.75 0.00% 52.83
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 37 8.35 7.31 0.00% 71.54 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術パス
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 化学療法あり 16 8.75 11.31 0.00% 71.56 膀胱腫瘍 化学療法パス
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 経尿道的尿管ステント留置術 10 5.50 7.20 20.00% 59 尿管ステントパス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント設置術 10 5.40 8.50 0.00% 60.6 内シャント術パス
 泌尿器系腫瘍、尿路結石症など泌尿器領域全般の診療を行っています。
腎臓や尿路に出来る結石に対する「経尿道的尿路結石除去術」が最も多くなっています。2番目は膀胱癌の「膀胱悪性腫瘍手術」3番目は膀胱癌の化学療法症例となっています。4、5番目は尿管結石等による水腎症、および腎不全となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 54 14 18 11 73 1 7
大腸癌 33 21 55 17 12 248 1 7
乳癌 12 21 44 1 7
肺癌 12 10 202 1 7
肝癌 21 14 13 52 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 大腸癌の件数が最も多く、次いで胃癌、肝癌となっています。また、乳癌は検診を当院で行っていることもあり早期癌が多い傾向にあります。手術適応症例については外科的治療や内視鏡的治療を行います。手術適応外症例については化学療法、放射線療法を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 30 10.13 52.27
中等症 89 15.48 74.42
重症 34 17.41 83.18
超重症 12 30.17 85.50
不明 0 0.00 0.00
 患者数が最も多いのは重症度中等症の患者さんとなっています。
 平均年齢を見てみると重症度軽症は50歳代ですが、重症度中等症以上では70歳代以上と高齢になっています。成人市中肺炎は高齢になるほど重症度が高くなることが分かります。
 平均在院日数も重症度が高くなると長くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 146 29.90 74.19 47.02%
その他
 発症して早期に入院される患者さんがほとんどで、発症3日以内の脳梗塞が高い割合を占めています。平均年齢は74歳以上が多くなっています。平均29日程度の入院期間で治療を行っています。半数の方がリハビリのため他院へ転院をしており、地域医療連携の強化しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 102 1.84 1.88 0.00% 70.82 内視鏡的大腸ポリープ切除術パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 90 4.34 10.49 5.56% 76.67 内視鏡的胆道ステント留置術パス
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 60 1.17 4.28 0.00% 70.82 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 59 2.12 7.59 6.78% 75.29
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 41 6.37 15.78 2.44% 69.07
 内視鏡検査で「癌化する可能性がある腺腫性ポリープ」が発見された場合に行う「内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(EMR)」最も多くなっています。2番目は胆管癌や胆のう炎などで胆汁の流れが悪くなった部分の治療を行う「内視鏡的胆道ステント留置術」となっています。3番目は、早期の大腸癌や腺腫を治療対象とする「早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術(ESD)」です。この手術は、2012年より保険適用となっています。4番目は癌や胆石症により塞がれた出口を治療する「内視鏡的乳頭切開術」。5番目は、抗がん剤治療目的としたポートを皮膚の下に埋め込む「抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置」となっています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 83 2.49 5.98 1.20% 69.64 経皮的冠動脈ステント留置術(その他)パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 39 1.56 2.59 2.56% 74.31 四肢の血管拡張術・血栓除去術パス
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 34 0.03 18.47 0.00% 64.15
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 34 2.62 8.35 0.00% 77.97 ペースメーカー移植術(頸静脈電極の場合)パス
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 21 0.29 7.29 0.00% 69.90 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの)パス
 虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する「経皮的冠動脈ステント留置術」という心臓カテーテル治療を最も多く行っています。心臓カテーテル治療とは、腕や足の(そけい部)の血管から心臓(冠動脈)までカテーテルを進め狭窄及び閉塞した病変を治療する方法です。これは急性心筋梗塞や血行動態が破綻した急性左心不全で緊急に行う場合、検査で病変を確認し、検査と同時又は一旦退院し後日再入院の上行うなど患者様の状況に合わせて様々なタイミングで冠動脈の治療を行っています。他四肢(多くは下肢)血管が動脈硬化で狭窄、閉塞した場合にカテーテルで四肢の血管を拡張する「血管拡張術」も行っています。その他に症候性の徐脈性不整脈に対する根治術として「ペースメーカー移植術」を行い、脈拍を維持するための機器の植え込みを行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 52 1.63 4.58 1.92% 62.94 腹腔鏡下胆嚢摘出術パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 46 3.39 9.80 2.17% 71.89 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 33 1.21 1.94 3.03% 58.00 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 30 1.17 1.60 0.00% 49.60 鼠径ヘルニア手術パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 22 0.59 3.91 0.00% 43.45 腹腔鏡下虫垂切除術パス
 胆石症や胆のう炎などの治療の対象となる「腹腔鏡下胆嚢摘出術」が最も多く、次いで5大癌の1つである大腸癌の手術適応症例に対して施行する「腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術」となっています。次いで鼠径ヘルニア(脱腸)に対する治療「腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術」「ヘルニア手術」。5番目は、日常遭遇頻度の高い疾患で虫垂炎の治療対象となる「腹腔鏡下虫垂切除術」となっています。
 腹腔鏡下手術は手術創が小さいため、早期社会復帰が可能となることから、当科では多くの症例を腹腔鏡下で行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 33 5.33 31.7 42.42% 75.97
K0811 人工骨頭挿入術(股)
K0462 骨折観血的手術(下腿)
K037-2 アキレス腱断裂手術
K0451 骨折経皮的鋼線刺入固定術(肩甲骨,上腕,大腿)
 大腿骨頸部骨折の治療のための手術が上位を占めています。金属で骨を固定する「骨折観血的手術」。折れた骨の代わりに人工物でできた骨を置き換える「人工骨頭挿入術」。股関節全てを人工物に置き換える「人工関節置換術」となっています。5番目の「骨折経皮的鋼線刺入固定術」は多くが小児の患者さんのため手術施行時に全身麻酔を実施しているため当科で手術を施行しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 19 2.63 16.63 31.58% 79.74
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 11 0.73 41.27 100.0% 71.09
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他)
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)
K178-4 経皮的脳血栓回収術
 硬膜下血腫に対して行う「慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術」が最も多くなっています。脳にできた腫瘍に対して行う「頭蓋内腫瘍摘出術」。術中ナビゲーションや術中蛍光造影などを用いて安全で確実な手術を行っています。4番目は、くも膜下出血の初発・再発予防のために行う「脳動脈瘤頸部クリッピング」となっています。5番目は脳梗塞に対して行う「経皮的脳血栓回収術」となっています。手術の際には、超音波ドップラーや術中ICG(インドシアニン・グリーン)、MEP(運動誘発電位)によるモニタリング等を用いて、手術の精度向上に努めます。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 108 7.76 6.95 0.00% 32.82 帝王切開術パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 61 3.25 7.13 0.00% 32.51 帝王切開術パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 33 1.00 5.03 0.00% 47.39 腹腔鏡下腟式子宮全摘術パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 28 0.07 1.00 0.00% 39.71 子宮頸部円錐切除術パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 21 0.86 4.10 0.00% 41.76 子宮付属器腫瘍摘出術(腹腔鏡)パス
 地域周産期センターとして、胆振・日高管内をはじめ千歳市・恵庭市など広域の重症妊産婦を受け入れていることから、「帝王切開手術」が上位を占めています。次いで良性子宮腫瘍の治療で行う「腹腔鏡下腟式子宮全摘術」。CIN3(子宮頸部異形成)や初期の子宮頸癌の治療で行う「子宮頚部切除術」、良性卵巣腫瘍の治療で行う「子宮付属器腫瘍摘出術」となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 192 0.68 1.06 0.00% 74.86 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 硝子体茎顕微鏡離断術(網膜付着組織を含む)パス
K2171 眼瞼内反症手術(縫合法) 眼瞼内反症手術(縫合法)パス
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)
K2022 涙管チューブ挿入術(その他)
 白内障手術(水晶体再建術+眼内レンズ挿入)は、一定の条件を満たす場合(健康面に大きな問題が無い等)、ご希望があれば日帰り手術にも対応しています。硝子体手術については、時間を要する大きな手術であるため、当院では入院対応させていただいています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術(2,3,4型) 62 1.23 5.18 0.00% 56.87 内視鏡下鼻・副鼻腔手術パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 35 0.97 6.11 0.00% 19.89 口蓋扁桃手術パス
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 29 0.93 1.72 0.00% 8.38 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術パス
K319 鼓室形成手術 28 1.00 6.07 0.00% 52.79 鼓室形成手術パス
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 21 1.00 6.10 0.00% 57.52 甲状腺部分切除術パス
 入院手術で件数の多いものを列記しますと、1)慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻副鼻腔手術 2)慢性扁桃炎、IgA腎症などの原因となっている扁桃病巣感染症、睡眠時無呼吸症を伴う扁桃肥大などに対する口蓋扁桃摘出術 3)滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入術 4)慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術 5)良性の甲状腺腫瘍に対する甲状腺片葉切除術および甲状腺癌に対する甲状腺悪性腫瘍手術となっています。
 このほかにも内視鏡下甲状腺腫瘍手術を導入しているほか、声帯、喉頭下咽頭、口腔咽頭、鼻副鼻腔、耳下腺、顎下腺などの耳鼻咽喉および頭頚部の幅広い手術に対応しています。難易度の高い頭頚部癌手術などでは、北海道大学から専門の医師を招聘しているほか、北海道大学病院、北海道医療センターなど頭頚部専門の先生にご紹介しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 56 1.73 2.29 0.00% 53.38 経尿道的尿路結石除去術(レーザー)パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 49 1.00 3.39 3.00% 66.43 経尿道的尿管ステント留置術パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 40 2.45 7.23 1.00% 71.15 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 18 1.00 5.50 1.00% 70.00 経皮的シャント拡張術・血栓除去術パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 10 0.00 4.40 0.00% 60.60 内シャント術パス
 尿道から細径の内視鏡を挿入し、直接レーザーにて結石を破砕する「経尿道的尿路結石除去術」が最も多くなっています。次いで、腎臓から膀胱までを繋ぐ尿管に尿路結石などが原因で通過障害がある場合、尿の通過障害を解除する目的で行う「経尿道的尿管ステント留置術」。3番目は、膀胱にできた悪性腫瘍に対し尿道から内視鏡を膀胱へ挿入し、電気メスにて膀胱腫瘍を切除して腫瘍の膀胱壁へ深達度なども評価できる「膀胱悪性腫瘍手術」。4番目は人工透析を行うためのシャントを拡張し、除去する「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」。5番目は人工透析などに必要な処置で、腕あるいは手首の表面にある静脈と動脈を吻合して、持続的な血液採取を容易にするための「内シャント設置術」となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 16 0.20%
180010 敗血症 同一 23 0.29%
異なる 29 0.36%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 26 0.32%
異なる
臨床上ゼロにはなりませんが、少しでも改善すべきものとして、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症があります。
 
 ◆播種性血管内凝固
   感染症等によって起こる全身性の重篤な病態。
 ◆敗血症
   感染症によって起こる全身炎症反応の重篤な病態。
 ◆真菌症
   真菌による感染症。
 ◆手術・処置等の合併症
   手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態。
   術後出血や創部感染などがあげられます。
   また、術後合併症とは異なりますが、人工透析を行うために作った透析シャントのシャント狭窄なども該当します。

 ・「同一」とは、傷病名(医療資源を最も投入した病名)と入院のきっかけとなった病名が同じ事。
 ・「異なる」とは、傷病名(医療資源を最も投入した病名)と入院のきっかけとなった病名が違う事。

【特徴】
 手術・処置等合併症では、透析シャントに発生した狭窄を治療するために入院する症例が多く、全体の症例の0.32%となっています。
 次いで敗血症で、急性期病院のため、重篤な状態で運ばれ入院する症例が多く、全体の症例の0.29%となっています。
更新履歴
2018/9/28
平成29年度病院指標 更新