ここから本文です。

秦皇島市友好サポーター通信 2013年1月号 ~余洋さん~

2013年1月号 ~余洋さん~ 写真
 苫小牧の皆さん、こんにちは!余洋と申します。私は秦皇島市の河北外国語職業学院で英語を勉強してる学生です。
 昨年8月に、2人の教師とともに苫小牧を訪問し、苫小牧港、病院、学校そして、工場などを訪れました。どれも素晴らしかったです。それから、日本の家庭でのホームスティの経験にも恵まれました。そこでも、大変楽しい時間を過ごすことができました。
2013年1月号 ~余洋さん~ 写真2013年1月号 ~余洋さん~ 写真
 今回、初めて日本を訪れて見た印象は、いたる所にたくさんの緑があり、とても清潔であるということです。また、家々のデザインも上品で素晴らしかったです。特に苫小牧は、本当に美しいところだったので、ここに住んでる人たちは、子供から年配の方まで、皆さん幸せで満ち足りているに違いないと思いました。

2013年1月号 ~余洋さん~ 写真2013年1月号 ~余洋さん~ 写真
 苫小牧の人々は、親切で私達を厚く歓迎してくれました。なかでもホストファミリーと過ごした時間はとても思い出に残っています。私がお世話になった家には、3人の娘さんがいて、二泊三日の間、色々なことを経験させていただけました。大きな公園に行ったり、花火をしたり、バトミントンやボーリングに行って遊んだりもしました。また、買い物に行ったり、プレゼント交換もしました。美味しいものをたくさんいただきました。本当に楽しくて、たくさん写真を撮影しました。私達はとても仲良くなれました。いつか、ホストファミリーの方々に中国に来ていただきたいと思っています!
 それから、日本の学生と一緒にケーキ作りを体験できたのも、とても嬉しかったです。美味しいケーキができ、みんなで食べた時は、とても達成感がありました。

2013年1月号 ~余洋さん~ 写真2013年1月号 ~余洋さん~ 写真
 お別れパーティでは、美味しい食事、たくさんの素敵なお土産、そして皆さんからの祝福を受けました。お世話になった皆さんには、心からの感謝の気持ちを表したいです。苫小牧での貴重な体験を、私はこれからも忘れることはないでしょう。  

2013年1月号 ~余洋さん~ 写真
余洋
2013年1月

※毎月20日に更新予定です。

お問い合わせ

総合政策部政策推進室市民自治推進課
電話:市民自治担当:0144-32-6156、国際交流担当:0144-32-6157、広聴担当:0144-32-6152
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

友好サポーター通信

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません