ここから本文です。

消防クラブについて

 消防クラブは、昭和25年から少年少女達に火災予防の普及徹底(ふきゅうはしご車てってい)を目的に全国的に始まりました。現在では、全国で約4,500クラブ、メンバー41万人以上のクラブ員が活動しています。
 当市でも、子ども達と火災や救急等の災害に役立つ知識を一緒に学び、実践(じっせん)していくことで、子ども達へ防火防災に対する意識(いしき)を高めてもらうために昭和26年4月から学校単位で消防クラブが結成され、平成28年度は、市内8小学校で219名のクラブ員が活動しました。
 

ク ラ ブ 名 クラブ員数
大成小学校消防クラブ 18名
北光小学校消防クラブ 31名
明野小学校消防クラブ 41名
沼ノ端小学校消防クラブ 31名
日新小学校消防クラブ 10名
苫小牧西小学校消防クラブ 32名
北星小学校消防クラブ 21名
拓進小学校消防クラブ 35名
※3校休止中

○消防クラブの概要(がいよう)

・市内の小学4年生、5年生が対象(毎年3月頃に市内各小学校へ募集案内)

・定員は1校あたり、30名程度(1つの教室に収容可能な人数)

・活動は年間3回(6月~11月)、消防職員が各学校へ出向き、放課後の
 クラブ活動の一環として実施
・活動時間は1回あたり45分程度
 
 

○消防クラブの主な活動内容(かつどうないよう)

開講式(かいこうしき)・オリエンテーション

 「クラブ員証の配付、消防の礼式(れいしき)の「気をつけ」、「敬礼(けいれい)」を学びました!」
開講式
敬礼

 

火災予防についての学習・学校内の防火点検

 「火災の発生状況や住宅用火災警報器(じゅうたくようかさいけいほうき)について火災事例から学び、学校内の消防用設備を点検しました!」
DVDによる火災予防学習学校内の点検


 

消火器取扱い訓練

 「消火器の仕組みを学び、訓練用水消火器で使い方を実践しました!」
消火器の仕組み消火器取扱訓練1消火器取扱訓練2


 

消防車両や装備品(そうびひん)の見学

 「タンク車やはしご車を見て消防の仕事を知り、防火衣(ぼうかい)と空気呼吸器(くうきこきゅうき)を体験しました!」
はしご車見学空気呼吸器消防車積載品


 

放水体験(ほうすいたいけん)

 「消防車からホースを伸ばして放水体験しました!」
放水体験1放水体験2放水体験3


 

応急手当訓練(おうきゅうてあてくんれん)

 「訓練用の人形を使い心肺蘇生法(しんぱいそせいほう)を学びました!」
応急手当訓練1応急手当訓練2


 

煙体験(けむりたいけん)

 「スモークマシーンを使って、煙の恐ろしさを体験しながら避難方法(ひなんほうほう)を実践しました!」
煙体験1煙体験2煙体験3


 
クラブに関するお問い合わせ先
苫小牧市消防本部
予防室査察担当
℡0144-84-5031

お問い合わせ

消防本部予防室
053-0052
北海道苫小牧市新開町2丁目12番7号
電話:査察担当:0144-84-5031

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません