ここから本文です。

現在位置

小規模飲食店に関する法令改正について

小規模飲食店に関する法令改正について


 小規模な飲食店にも消火器の設置が義務付けられます。

 消防法施行令の改正により、2019年10月1日から
 これまで消火器の設置義務のなかった小規模な飲食店にも
 消火器の設置及び維持が義務付けられるようになります。
 

対象となる飲食店


 新たに消火器の設置等が義務となるのは以下の要件を満たすものです。

 1 延べ床面積が150平方メートル以下の飲食店又は喫茶店
 2 調理を目的として、ガスコンロなどの火を使用する設備や器具を
   設置している飲食店又は喫茶店
        ※安全性の高いコンロのみを使用しているケースなど
    状況によっては、消火器の設置を要さない場合があります。
 

消火器を設置するときの注意点


 ・設置箇所は床面から1.5メートル以下にすること
 ・転倒を防止するための措置を講じること
 ・「消火器」と表示した標識を見やすい位置に設けること

     
 

消火器を選択する際の留意点


 ・「業務用消火器」を設置すること
  (「住宅用消火器」は消防法令等により設置義務のある場所には設置できません。)
 ・「能力単位」が「A-2」以上のものを選択すること
 ・粉末消火器の場合は、「蓄圧式」のものを選択すること

      
 

消火器の維持管理


 設置した消火器については、6か月ごとに点検しその結果を
 1年に1回以上報告する義務が生じます。
 点検は消火器を設置した方が自ら行うことができます。
 詳しい点検方法や報告の方法は下記のリンクを参照してください。
 ・点検報告パンフレット
 ・点検報告様式

 また、点検報告書が作成できるアプリ(試行版)が下記リンクより
 ダウンロードできますので、ご活用ください。
 ・点検アプリ
 

 点検の結果、異状がある場合や、製造年から5年を超えたもの(蓄圧式のもの)は
 買い替え又は、消防設備業者に点検を依頼してください。


 ・pdf消防法令改正リーフレット(268.13 KB)

 
 
 
 

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

消防本部予防室査察担当
TEL:0144-84-5030

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません