ここからメインメニュー

ここから本文です。

7月 文月 JULY

○校長室から失礼します vol.37(通算126)「熱き戦い」(7月26日)

 22日(木)・25日(日)に、少年野球と少年サッカーの公式戦が行われましたので、観戦に行ってきました。 
 まずは少年野球。「第19回苫小牧民報社旗争奪少年野球大会」初戦に臨んだ泉野イーグルス。6年生主将のヒット&好走塁、6年生右翼手のタイムリーなどで2点を先制します。その後も、4年生一塁手・左翼手がそれぞれ打点をあげるなど、効果的に加点し点差を広げます。
 試合終盤は、相手チームにチャンスを作られますが、5年生捕手が3度の盗塁阻止、レフトへ抜けそうなライナー性のあたりを6年生三塁手が好捕・ダブルプレーで切り抜けるなど、固い守備で反撃を最少失点で食い止めます。試合は5-1で泉野イーグルスが勝利し、見事初戦をものにしました。
 31日(土)には、次の大会が始まるとのこと。選手の皆さん、快進撃を期待していますよ。

 続いて少年サッカー。今回は、泉野SCとエルソーレの対戦でしたが、どちらのチームにも本校児童が所属しているため、中立の立場で、両チームにエールを送りながら観戦しました。
 エルソーレの攻撃の中心を担うのはMF10番とFW11番、ともに本校6年生です。FW11番はスピードとテクニックで相手DFを交わし何度もゴール前に襲いかかり、決定機を演出。守備でも早い寄せと上手な体の入れ方でボールを奪取し、相手チームの攻撃の芽を摘みます。MF10番も見事なボールコントロールとゴール前での落ち着いたプレーを見せゴールを量産。前半で2点、後半にも2点をあげ、勝利に大きく貢献しました。
 前回ご紹介したとおり、エルソーレは全道大会出場を決めています。2人とも、大舞台でも勝利に導くゴールをたくさん決め、活躍することを期待しています。
 一方、泉野SCは、2点をリードされた前半・飲水タイム後から反撃に転じます。前線でボールが収まるようになり、相手ゴールに襲いかかります。すると6年生MF7番がペナルティエリア付近から強烈なシュート。しかし、相手GKの好守に阻まれ、惜しくも得点とはなりません。その後も、守備に、攻撃にと気持ちのこもったプレーを見せましたが、敗戦となりました。6年生主将の負傷離脱中という中での公式戦でしたが、復帰も間近。次の試合・大会に向けて調整し、また素晴らしい戦いをみせてくださいね。両チームの皆さん、お疲れ様でした。

  ○校長室から失礼します vol.36(通算125)「楽しい夏休みを!」(7月26日)

 21日(水)に1学期の終業式が行われました。形を変えながら、無事に全ての学校行事を実施することができた今年の1学期。代表児童の作文発表の中には、「とても楽しい思い出になった」「上級生の姿がかっこよかった。自分たちも来年そうなりたい。」などの言葉がありました。切磋琢磨しながら互いを高め合い、個人の、そして学級・学年としての成長につなげられたこと、また、それぞれの立ち位置で、上級生・学校のリーダー等としての意識・自覚・実践力を高められたことを実感し、実り多き1学期であったことを嬉しく思いますし、子どもたちの頑張りに敬意を表したいと思います。
 ちょうど暑さが厳しくなってきた時期に長期休業に入ります。昨年はここから2週間ほど授業が続きましたが、その点においても、通常の夏休みを迎えられたことに胸をなで下ろしているところです。
 本日・明日と3年生以上の児童を対象にした学習サポートが行われますが、28日(水)からはご家庭での生活となります。各自立てた目標達成に向け、学習や自由研究・作品作り、家のお手伝い・体力作り等々計画的に進めるとともに、ご家族の皆様や友達と楽しい時間を過ごし、有意義な夏休みとなることを期待しています。くれぐれも、事故やけがのないよう安全な生活を心がけ、始業式には元気な笑顔で登校してきてほしいと願っています。児童の皆さん、楽しい夏休みを!保護者の皆様、1学期間の本校教育へのご理解とご支援に感謝申し上げます。ありがとうございました。

○校長室から失礼します vol.35(通算124)「1学期、お疲れ様!」(7月20日)

 いよいよ明日は1学期の終業式です。ここまでの頑張りを称え合い、2学期の活力につなげようと6年生は学活の時間にお楽しみ会を開催しました。会の前に、各教室の代表児童が招待状を届けてくれましたので、飛び入り参加をさせていただきました。
 漫才・コントや手品、クイズにダンス、歌、ゲームと担当児童それぞれが趣向を凝らし、またクラスカラーが存分に発揮された、心温まる素敵な会となりました。
 昨年からも、こうした機会に声をかけてくれた子どもたち。また一つ、思い出を共有させてもらいました。2学期の修学旅行も、楽しみにしていますよ。今日は、楽しいひとときをありがとう。



 

○校長室から失礼します vol.34(通算123)「本を読もう!」(7月19日)

 夏休みまであと3日となりました。ここ数日は夏らしい青空と暑さが続いていますので、子どもたちのワクワク感もさらに高まっていることと思います。
 さて、先週の木曜日から夏休み用の図書貸し出しが行われています。図書室では、借りた本を入れる手提げ袋を持ちながら、キラキラとした目で本を選ぶ子どもたちを見ることができます。今年の夏も家で過ごす時間が長くなりそうですから、心が揺さぶられる物語の世界や偉人たちの生き方に触れることができる本との出会いは、かけがえのない夏の思い出の一つとなりそうですね。
 そんな子どもたちの読書意欲を喚起し、読書活動のサポートをしてくださっているのが、学校図書館司書・PTA図書ボランティアの皆さんです。写真にもあるように、去年に続き、図書室前に七夕の飾りも施してくださいました。子どもたちの願いや購入してほしい図書の名前が書かれた短冊・星の飾りに彩られた空間を歩いていると、自然と図書室に足が向いてしまいます。すてきな魔法をかけてくださる皆さんに、感謝の思いでいっぱいです。
 本日は、司書・ボランティアの皆さんに、お薦めの本を紹介していただきました。借りた本を読み終えてしまい、「何か別な本を読みたいけど、何がいいかな。」と迷ったときに参考にしてください。親子で楽しめる本も多数紹介されています。親子読書で素敵な読書時間を共有するのもいいですね。

『ぶたのじろうさん』
~言葉遊びのような文章で、楽しくスイスイ読める本。ひとり読みにおすすめです。言葉のセンスを磨きたい子、必読本!
『もりのえほん』
~繊細で美しいタッチで描かれている木々や風景の中に生き物がかくれています。親子でゆったりとした時間を持ちたいときにおすすめの1冊です。

『ずーっと ずっと だいすきだよ』
~ペットとのお別れは辛いです。けど、言葉で伝えることは可能です。相手はペットに限りません。大切な人に気持ちを伝えたくなる一冊です。
『二十四の瞳』
~自分が小学生高学年の頃、読書感想文の宿題があり読んだ本です。当時は難しくて読んでも理解するのが大変でした。でも、自分の知らない時代のことを知ることができます。大人になってから読むと、また違った印象になります。
『10歳までに読みたい世界名作 「少女ポリアンナ」、「海底2万マイル」…など』
~子どもが大好きな本のシリーズです。「日本名作」「手ぶくろを買いに・ごんぎつね」「名作ミステリー」「名探偵シャーロックホームズ」などが、これから学校に入ってきます。
『小さなおばけシリーズ おばけのアッチ ソッチ』
~かわいいキャラクターのお話です。字も大きくて読みやすいので、低学年にオススメです。親子で楽しめると思います。

  
○校長室から失礼します vol.33(通算122)「素敵な朝のひととき」(7月13日)

 昨日の朝、校門での子どもたちの出迎えを終え、各教室を回っていると、1年生教室の前に多くの6年生児童が並んでいました。何が始まるのかなと、教室内をのぞいてみると…。

 行われていたのは、6年生による読み聞かせ。なんと今回は、6年生が図工の学習「みんなのお話、始まるよ」で作成した自作の紙芝居。お話も完全オリジナル!学習が始まった当初から、完成したら1年生にお話のプレゼントをすることを目標に制作に励んでいたとのことですが、昨日の朝学習の時間についに、お披露目となりました。
 1年生も大喜びで目と耳と心で聞いています。6年生の巧みな語り口に「え~っ」と驚きの声を上げながら、お話の世界に引き込まれていく1年生の姿に、6年生も大きな喜びと達成感を得ることができたのではと思います。
 学びの成果を分かち合い、ふれ合う姿に、心がほっこりとした素敵な朝のひとときでした。



○校長室から失礼します vol.32(通算121)「勝利の行方は?」(7月9日)

 本日、昼の放送時間を利用し、先日の運動会の結果発表が行われました。Zoomを活用し、紅白それぞれの代表6年生児童への優勝旗・準優勝杯授与の様子を全校に配信しました。さて、気になる結果は…。

 例年にない大接戦の末、紅組が優勝となりました!これもひとえに、児童会が掲げたテーマ「歴史に残るはげしい戦い」を、全児童が胸に秘め、全力でカタチにしたからに他なりません。延期となり長期にわたる取組となりましたが、改めて子どもたちはよく頑張り、すばらしい運動会にしてくれたと思います。
 1学期も残り10日あまり。この成果・頑張りを生かし、つなげて、いい形で1学期を締めくくり、夏休みを迎えてほしいと願っています。

  ○校長室から失礼します vol.31(通算120)「泉野小を代表して」(7月9日)

 5日(月)に、「いじめ問題子どもサミット」が開催されました。例年は、各校の児童会・生徒会の代表児童生徒が一堂に会して開催されるのですが、今年度は新型コロナウィルス感染症対策のため、Zoomによるオンライン開催となりました。
 本校からは、6年生の児童会長と副会長が出席し、いじめ防止に向け児童会で取り組んできた「いじめ防止標語コンクール」や「グッドポイント活動」を紹介。2つの活動を通して、いじめ根絶への意識が高まったことや自他を思いやる言動が増え、互いに認め合う姿が見られるようになったことなど、その取組成果について堂々と発表していました。
 よりよい泉野小、心の学校・泉野小を目指し、高い意識をもって創意工夫しながら活動を進めてくれている児童会役員の皆さん。これからも活躍を期待しています。よろしくお願いしますね!

 


○校長室から失礼します vol.30(通算119)「サッカー少年、大活躍!」(7月8日)

 7日(水)・8日(木)の休み時間に、サッカー少年団の「泉野SC」と「エルソーレ」に所属している6年生の皆さんが、過日行われた『2021ロバパンCUP第53回全道U―12サッカー大会苫小牧予選』の結果報告をしに訪ねてくれました。
 多くの6年生が所属している泉野SC。惜しくも全道出場権の獲得とはなりませんでしたが、3位入賞という好成績を収めました。この先も、まだ大会は続くとのことですので、ぜひ、次回は応援にかけつけたいと思います。優勝を目指し、チーム一丸頑張ってくださいね。
 2名の6年生が所属しているエルソーレは、今大会優勝!来月7日~9日、帯広市で開催される全道大会への出場権を手にしました。MF、FWそれぞれで点取り屋として活躍している2人。「目標は、全道大会優勝です。」と力強く、決意を語ってくれました。大舞台でも、勝利へ導くゴールを決めてくれること、期待していますよ。頑張ってね。



○校長室から失礼します vol.29(通算118)「大舞台でも快走に期待!」(7月5日)

 3日(土)、緑ヶ丘陸上競技場にて、小学生陸上競技大会(全道大会予選)が行われました。5年男子1500mに本校児童が出場するとのお知らせをいただきましたので、観戦してきました。
 青空が広がる良好なコンディションの下、スタート直後からトップに立つと、後続を引き離し、快調に周回を重ねていきます。最後までスピードに乗った走りを見せ、見事1位でフィニッシュ。優勝で全道大会出場の切符を手にしました(おめでとう!)。
 全道大会は、来月15日に函館市で開催されるとのこと。強豪ひしめく大舞台でも臆することなく、快走を見せてくれることを期待しています。頑張ってね!


○校長室から失礼します vol.28(通算117)「こちらも美味!」(7月5日)

 1日(木)に調理実習を行った5年2組1班の皆さんが、校長室にお裾分けを届けてくれました。前回ご紹介した1組と同じく、メニューは「ゆで野菜のサラダ」。野菜の甘み・おいしさが引き立つ見事なゆで加減と味付けで、大変美味しくいただきました。2組1班の皆さん、ごちそうさまでした。ありがとう。

 



○校長室から失礼します vol.27(通算116)「運動会開催③」(7月2日)

 本日2日(金)は、運動会最終日・中学年ブロックの開催日でした。天候が心配されましたが、最後まで雨は降ることなく、良好なコンディションの下で、子どもたちは白熱した戦いを繰り広げました。



 泉野小で一番最後まで練習に励んできた中学年の子どもたち。最後まで、気持ちを切らすことなく、高い熱量をもって挑戦を続けてきました。学級はもちろん、学年の垣根を越えた同組の仲間に対する応援を通して、異学年の交流・絆も深めました。これまでの取組の成果を存分に発揮し、開会式の校長講話で伝えた、『全力・協力・対戦チームへの敬意』を具現化し、“爽やかな戦い”で今年の運動会のフィナーレを飾りました。
 
 観客席から寄せられる大きな拍手に後押しされ、力を出し切ることができた運動会。子どもたちにとって、1学期最高の思い出となると同時に、自分自身を1up成長させる貴重な学びの機会となりました。
 開催期日の延期、そして声を出さない応援や観覧人数制限、ソーシャルディスタンスの確保等、保護者の皆様には、感染症対策へのご理解とご協力をいただき、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
 1学期も残すところ2週間あまり。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
※中学年の保護者の皆様、今日はお子様の頑張り・成長に、たくさんのお褒めの言葉をかけてあげてください。

お問い合わせ

苫小牧市立泉野小学校
0144-72-3817

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー