ここから本文です。

大気汚染の状況について

 大気汚染の主な原因は、固定発生源(工場や事業所、家庭の暖房等)や移動発生源(自動車等)からのばい煙、粉じん等の排出や越境汚染による影響が挙げられます。
 本市では、市内6測定局で自動測定機による二酸化硫黄や窒素酸化物などの常時監視と、ダイオキシン類やベンゼンなど継続的に摂取すると人の健康を損なう恐れのある物質(有害大気汚染物質)の定期測定を行い、大気汚染の状況把握に努めています。
 

現在の大気汚染状況について

 
苫小牧市の大気汚染状況ホームページを公開しました。

現在の苫小牧市内の大気汚染状況については、下記のホームページにて測定値をご覧になれます。
苫小牧市大気汚染状況
 


  現在の北海道内の大気汚染状況については、下記のホームページにて測定値をご覧になれます。
北海道の大気環境(北海道のホームページ)

 
 現在の全国の大気汚染状況については、下記のホームページにて測定値をご覧になれます。
そらまめ君(大気汚染物質広域監視システム 環境省のホームページ)
 

測定地点及び測定結果について

局舎地図

測定項目

測定局名
(属性)
二酸化
硫黄
二酸化
窒素
一酸化
炭素
光化学
オキシダント
非メタン 浮遊粒子状
物質(SPM)
微小粒子状
物質(PM2.5)
有害大気
汚染物質
糸井局
(自動車排ガス)
双葉局
(一般環境)
明野公園局
(一般環境)
沼ノ端公園局
(一般環境)
勇払局
(一般環境)
市役所局
(自動車排ガス)

測定結果(平成28年度) 

 ご覧になりたい月をクリックして下さい。
常時監視測定結果 有害大気汚染物質測定結果 ダイオキシン類測定結果
pdf4月(50.50 KB) pdf4月(50.50 KB)
pdf5月(50.53 KB) pdf5月(50.53 KB) pdf5月(50.53 KB)
pdf6月(45.75 KB) pdf6月(45.75 KB)
pdf7月(45.71 KB) pdf7月(45.71 KB)
pdf8月(62.57 KB) pdf8月(79.77 KB) pdf8月(35.07 KB)
pdf9月(62.74 KB) pdf9月(79.81 KB)
pdf10月(72.05 KB) pdf10月(79.81 KB)
pdf11月(72.40 KB) pdf11月(79.65 KB) pdf11月(35.17 KB)
pdf12月(71.05 KB) pdf12月(43.67 KB)
pdf1月(59.86 KB) pdf1月(43.65 KB)
pdf2月(61.84 KB) pdf2月(43.73 KB) pdf2月(34.09 KB)
3月 pdf3月(43.71 KB)
※ダイオキシン類は年に4回測定を行っております。
 

環境基準達成状況(平成27年度)

 測定を行っている大気汚染物質のうち、人の環境を保護し生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準(以下「環境基準」という。)が定められている物質の達成状況は、下表のとおりとなっています。
 光化学オキシダント環境基準未達成の主な原因は、自然現象(上空のオゾン層の沈降)と考えられています。なお、このことによる人の健康への被害などの報告はありません。
 
物質名 特徴 評価
二酸化硫黄 高濃度で呼吸器に影響を及ぼすほか、森林や湖沼などに影響を与える酸性雨の原因物質になると言われています。
二酸化窒素 高濃度で呼吸器に影響を及ぼすほか、酸性雨及び光化学オキシダントの原因物質になると言われています。
一酸化炭素 血液中のヘモグロビンと結合して酸素を運搬する機能を阻害し、人体に有害な影響を及ぼすと言われています。
光化学オキシダント 光化学スモッグの原因となり、高濃度では粘膜を刺激し、呼吸器への影響を及ぼすほか、農作物などの植物への影響も観測されています。 ×
浮遊粒子状物質(SPM) 大気中に浮遊する粒径10μm以下の粒子のことをいい、高濃度で肺や器官などに付着して呼吸器に影響を及ぼすと言われています。
微小粒子状物質PM2.5) 大気中に浮遊する粒径2.5μm以下の粒子のことで、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器系への影響や、循環器系への影響が懸念されます。







ベンゼン 低濃度であっても長期的な摂取により、発がん性などの健康影響が生じる恐れのある物質です。
トリクロロエチレン
テトラクロロエチレン
ジクロロメタン
ダイオキシン類
  ※評価欄では「○」を環境基準達成、「×」を環境基準未達成とする。
 大気汚染に係る環境基準及び緊急時の措置等については、こちらのリンク先をご参照ください。
 

過年度測定結果

pdf平成27年度測定結果及び評価(360.53 KB)
pdf平成26年度測定結果及び評価(453.83 KB)
pdf平成25年度測定結果及び評価(462.76 KB)


 

大気汚染常時監視測定局再配置について

 パブリックコメントの実施(終了しました)

 パブリックコメントの実施詳細

 平成24年12月21日開催、第5回環境審議会で審議、承認されました。

 平成25年4月より再配置を順次実施します。
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

環境衛生部環境保全課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-57-8806
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません