ここから本文です。

漏油事故にご注意ください

ホームタンクからの漏油について

 近年、ホームタンクからの灯油漏洩事故が多く発生しています。

主な事故の原因

・ホームタンクの老朽化
 特にタンク下部のストレーナー(透明カップ)
・配管の老朽化によるピンホール(小さな穴)の発生
・除雪、草刈り、杭打ちによる配管の破損
・落雪による配管の破損  
                     など

 漏油事故が発生すると

・水道管が汚染され水道水に油臭が付く
・河川や海が汚染される
・土壌汚染の発生により井戸水の使用ができなくなる

漏油事故後に必要な対応

・汚染土の入れ替え
・水道管の交換
・下水管等の清掃

対応費用について

・全て原因者の負担
・周辺住宅の水道管に影響が出た場合も全て原因者が費用負担
・数十万円から数百万円の費用が発生
(対応費用の例)
①縦1m×横1m×高さ1mの土の入れ替えの場合
 土の処分費用だけで約10~12
万円
②縦3m×横3m×高さ2m
の場合
 土の処分費用だけで約146~182万円
※この他に施工費、埋戻用土壌費、水道管交換費等が発生します

漏油事故を防ぐために

・ホームタンクの点検を行う
・10年以上使用しているホームタンクや配管は交換を検討する
・除雪、草刈り等を行う時には配管を傷つけないよう気を付ける
・通常の灯油使用量を把握し、不自然に使用量が増加していないかを確認する
 

漏油事故が発生したら

漏油事故発生のサイン

・灯油の減りが早い
・敷地内で油の臭いがする
・水道水に油の臭いがする
・風呂場や洗面所等の排水口から油の臭いがする

発生後の対応

漏油事故の場合、時間が経つほど汚染範囲が広がり対策費用が増加します。
早急に下記連絡先まで連絡下さい。
(下記連絡先に連絡した場合、市役所内の関係課全てに情報が共有されます)
 
状況 連絡先 電話番号
タンクから漏れている場合 消防 119
水道水に油臭がある場合 市役所水道管理課 0144-32-6696
排水口等から油臭がする場合 市役所下水道計画課 0144-32-6604
その他漏油が疑われる場合 市役所環境保全課 0144-57-8806
 

身近な方への周知について

築年数の経った住宅に住んでいる方や、高齢者が身近にいる場合は、情報の共有をお願します。

[漏油防止パンフレット]
pdf(312.07 KB)

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

環境衛生部環境保全課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-57-8806
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

苫小牧市の環境監視

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません