ここから本文です。

公害防止協定について

公害防止協定とは

 公害防止協定とは、地域の実情や企業の自主的取り組みを含めた、決め細やかな公害対策を企業と自治体が結ぶもので、公害防止の有効な手段の一つとして位置づけられています。
 本市では、環境の保全を図るため、法令に基づく規制に加えて、西部工業地域及び東部地域に立地している主要事業者の汚染物質排出量の抑制や、産業廃棄物を自ら処理する事業者の適正な処理のために北海道や近隣市町とともに公害防止協定を締結しています。
 

公害防止協定遵守状況

  • 平成28年度は、協定違背・不適切事例はありませんでした。

苫小牧市公害防止マニュアル

 当マニュアルは、本市、北海道、関係市町、事業者との相互理解と協力及び連携を図りつつ、本市として、公害防止協定の遵守、適正な運用に向けた基本的な考え方、方策等を明示するものです。
 公害防止協定締結企業に対しては、本マニュアルに沿い指導等を行うとともに、他の事業者に対しても本マニュアルを準用し、公害防止に関する必要な措置を求めていきます。
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

環境衛生部環境保全課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-57-8806
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません