ここから本文です。

現在位置

学校給食で使用する食材の放射性物質検査について

最新の検査結果

検査日 食材 産地
放射性
セシウム
食材使用日 使用献立
2月19日 白菜 茨城県 不検出
(20Bq/kg未満)
2月20日 小学校B
中華スープ
2月21日 人参 青森県 不検出
(20Bq/kg未満)
2月25日 小学校A
トマトのクリームスパゲティ
小学校B
山菜うどん

今までの検査結果については、画面下にあります。

検査目的

苫小牧市では保護者の不安低減を図るため、学校給食で使用する食材の放射性セシウムに関する検査を行い、その結果を公表します。
 

検査対象

平成23年8月4日に原子力災害対策本部が出した、「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方」の対象自治体17都県(福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県、宮城県、岩手県、青森県、秋田県、山形県、新潟県、長野県、埼玉県、東京都、山梨県、静岡県)で生産され、給食の前日に納品される青果物(野菜)とします。
※ 対象自治体に変更があった場合は随時見直しを行います。

検査及び結果の公表までの流れ

上記に示した対象自治体17都県から前日に納品される青果物(野菜)を厚生労働省が定めた「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に基づく検査を市内の民間検査機関に委託し、その結果は下記の「放射性物質検査の結果について」で公表します。

検査項目

放射性セシウム(セシウム-134、-137の合量)

検査を行う委託業者(平成24年度~)

(株)環境総合科学(豊川町)

検査機器

ベクレルモニター OSK 72HT101(オーストラリア Gammasonics社製)

国の定める基準値(平成24年4月施行)

食品群ごとの放射性セシウム基準値
食品群
放射性セシウムの基準値
(Bq/kg)
飲料水 10
牛乳 50
 乳児用食品 50
一般食品
(野菜類、穀類、肉・魚等)
100

放射性物質検査の結果について

検査日 食材 産地 放射性
セシウム
食材使用日 使用献立
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

教育部学校給食共同調理場
053-0053
北海道苫小牧市柳町1丁目3番5号
電話:0144-57-5881
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

小中学校の給食など

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません