ここから本文です。

給食の歴史

給食はなぜ始まったの?

学校給食は、昔十分に食事を取れなかった子供達に昼食を食べさせたことから
始まりました。
給食の歴史
明治22年 山形県忠愛小学校で始まったのが日本で最初です。
献立 ⇒ おにぎり、さけの切り身、つけもの
その後戦争が始まり中止になりました。
昭和21年 12月24日戦争が終わり日本のあちこちで、給食が始まりました。
昭和22年 12月脱脂粉乳(スキムミルク)が始まりました。
「ミルク給食」の始まりです。
昭和26年 小麦粉の寄贈がありパンも給食に出るようになりました。
「完全給食」の始まりです。

苫小牧の給食は?

苫小牧市の給食の歴史
昭和22年 樽前小・西小・東小の3校で実施されました。
最初は「ミルク給食」ではなくお味噌汁のみでした。
のちに苫小牧市も「ミルク給食」が始まり脱脂粉乳が出されました。
昭和26年 給食室が各学校にある自校式給食で「完全給食」が始まりました。
献立 ⇒ パン、脱脂粉乳、おかず
昭和43年 新富町に「苫小牧市学校給食共同調理場」が建てられました。
※苫小牧市の小・中学校の給食を作りました。
昭和51年 週1回の米飯給食が始まりました。
※この時は一人分でパック詰めでした。
献立 ⇒ カレーライス、牛乳、デザート(くだもの)
昭和53年 現在ののぞみ町に「苫小牧市第2学校給食共同調理場」が建てられました。
昭和62年 8月から米飯保温のため保温箱の使用が始まり、温かいご飯が食べられるようになりました。
昭和63年

4月から麺がホット麺になりました。

平成4年 4月からはし持参が始まりました。(献立によっては、センターからスプーンがつくこともあります。)
平成5年 1月から郷土食としてホッキカレーが給食に取り入れられました。
平成15年 5月インド中近東で食べられているパンのひとつで、ナンが給食に取り入れられました。
平成18年 1月清水小学校の児童が、調理実習で苫小牧産の食材を使用し、コロッケ・シチューを作りました。それをアレンジして給食に取り入れました。ネーミングはとまじゃがコロッケとふるさとシチューです。
10月地場産給食として、鮭のポトフとB1豚肉とエリンギのカレー炒めを取り入れました。
平成19年 1月ホッキのホワイトカレーを取り入れました。
NHKラジオで全国に紹介されました。
4月清水小学校3年生が考えた、地場の食材を使ったパン作りをしました。それを給食用にアレンジして"とまたるカップ”ができました。
11月郷土文化「アイヌ文化食」チェプオハウとカボチャラタスケプを取り入れました。オハウは日本食の三平汁に近い味、ラタスケプはカボチャと金時豆、クルミを使った献立です。
平成20年 2月清水小学校3年生が考えた献立、ビタミンたっぷり肉うどん、苫小牧産の豚肉、しめじ、道内産のほーれん草、かぼちゃ、芋を取り入れました。
今では、100種類の献立があります。
平成24年 「苫小牧市第1学校給食共同調理場」が新富町から柳町へと新築移転し、供用が開始されました。

お問い合わせ

教育部第1・第2学校給食共同調理場
第1:053-0053 北海道苫小牧市柳町1丁目3番5号、第2:059-1272 北海道苫小牧市のぞみ町2丁目7番3号
電話:第1:0144-57-5881、第2:0144-67-1815
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません