ここから本文です。

納税方法について

 個人住民税(市民税・道民税)の納税方法には、納付書で納める方法(普通徴収)、給与天引きで納める方法(給与所得に係る特別徴収)、年金からの天引きで収める方法(公的年金等に係る特別徴収)があります。

普通徴収(一般の納税義務者(事業所得者など)の方)

 毎年6月に納税通知書を送付しますので、納期までに個人で納付していただきます。
 納期 は、6月、8月、10月、翌年1月の各月末日まで(休日の場合は次の平日)です。

特別徴収(給与所得者の方) ※詳細はこちらを御覧ください。

 毎年5月に特別徴収税額通知書を事業所を通じてお渡しします。税額は、6月分から翌年5月分までの給与から天引きされ、事業所から市へ納付していただきます。

給与所得者が中途退職した場合

 特別徴収されている方が、納期の途中で退職し給与から控除できなくなった場合は、残りの税額を次のいずれかの方法で納めていただくことになります。
  1. 再就職先で継続して特別徴収する方法
    ※特別徴収を行っていない事業所もありますので、その際は普通徴収で納めていただきます。
  2. 退職時に一括で納める方法
  3. 普通徴収により納める方法

公的年金等からの特別徴収(年金所得者の方)

 4月1日(当該年度の初日)現在、65歳以上で公的年金等を受給されている方は、一定の要件の下、個人住民税が公的年金等から天引き(特別徴収)されます。

納期・徴収方法などについて

 特別徴収開始年度の上半期は納付書(普通徴収)で支払っていただき、年金天引き(特別徴収)は、下半期の10月支給の公的年金から開始となります。なお、翌年度は、年度当初から特別徴収されます。
 納期、徴収方法などについては、次のとおりです。
初年度の徴収時期等について
納期
・月
第1期
6月30日納期限
第2期
8月31日納期限
10月 12月 2月
徴収
方法
普通徴収 納付書でお納めください 特別徴収 年金から天引きされます
税額 年税額の4分の1ずつ 年税額の6分の1ずつ
翌年度の徴収時期等について
納期
・月
4月 6月 8月 10月 12月 2月
徴収
方法
特別徴収 年金から天引きされます
税額 (前年度の年税額×2分の1)÷3 当該年度の年税額から、4~8月に特別徴収した税額を引いた額の3分の1ずつ

お問い合わせ

財政部市民税課
電話:諸税係:0144-32-6244、市民税係:0144-32-6253、0144-32-6254
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

個人住民税(市民税・道民税)

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません