ここから本文です。

使用水量と検針について

水道メーターの検針

  • 水道料金を算定するため、2か月ごとに委託業者(苫管協・第一環境 共同企業体)が水道メーターの検針を行います。
  • 検針の際には、「上下水道料金のお知らせ」を配布し、水道料金と下水道使用料2か月分の合計をお知らせしています。
  • 検針日は地域によって異なります。

メーターについて

  • メーターは給水管につながっている「本体メーター」とご自宅の壁や宅地内に「受信器」を設置しています。(一部、本体メーターのみの場合あり)
  • 冬期間凍結や積雪により「本体メーター」での検針が困難なため、「受信器」を設置し検針がスムーズに行えるようにしています。

検針にご協力ください

  • 「受信器」付近に車や物を置かないでください。
  • 「受信器」や出入口の近くに犬をつながないでください。
  • 「受信器」の周りには排雪を積まないでください。
  検針の行いやすい環境にご協力をお願いします。

上下水道料金のお知らせ(検針票)の見方

  • 上下水道料金のお知らせ(検針票)には、使用水量、請求予定金額、連絡事項などが記載されていますので、必ずご確認ください。
  • 口座振替の方は前回検針分の口座振替済のお知らせが記載されておりますので大切に保管してください。
上下水道料金のお知らせ(検針票)の見方はこちら

いつもより使用水量が多い(料金が高くなった)場合

使用水量の増加にはいくつかの原因が考えられます
  • 使用人数の増加(たとえば、出産や親族の一時帰省)はありませんか?
  • 洗濯や入浴回数が増えていませんか?
  • 水回りの工事等をしませんでしたか?
上記のようなことがない、思い当たることがない場合は漏水の可能性があります。

宅内漏水のチェックポイント

  • 水道管を埋めている付近の壁や地面が濡れていませんか?
  • 蛇口のしまりが悪く、ポタポタと水が出ていませんか?
  • 水洗便所を使用していないのに、水が流れていませんか?
  • 水を使用していないのに、水道メーターが動いていませんか?

水道メーターによる漏水の確認方法

  1. 宅内の蛇口をすべて閉めます。
  2. 水道メーター受信器を見てみましょう。
  3. 受信器のパイロットが動いていないか確認しましょう。
  4. 水道を使用していない状態でパイロットが動いていたら、漏水の可能性があります。
  5. 漏水が疑われる場合は、苫小牧市指定給水装置工事事業者 に相談してください。
 
水道メーターによる漏水の確認方法
受信器 受信器1 受信機2 受信機3 受信機4 受信機5
パイロット
表示
マークが点滅 マークが左右に移動 マークが点滅 マークが円形に移動 マークが順番に移動
パイロットの動き マークが
点滅
マークが
左右に移動
マークが
点滅
マークが
円形に移動
マークが
順番に移動
 「受信器」~ご自宅の壁面や宅地内に設置しています。
 「パイロット」~水道が流れるときに動くデジタル表示(機種によって表示が異なります)

 お問い合わせ先 検針担当:0144‐32‐6685

お問い合わせ

上下水道部営業課
電話:料金係:0144-32-6679、収納係:0144-32-6647
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません