ここから本文です。

家庭ごみの処理にかかる費用

  苫小牧市では平成25年7月から家庭ごみ有料化や紙類資源化などの様々な
  施策が開始され、ごみ減量とリサイクル推進目標の達成をめざしています。

    1人1日あたりの家庭ごみ排出量の目標
          ○平成32年度:530g/人・日
          ○平成36年度:520g/人・日

    リサイクル率の目標
          ○平成32年度:32.0%
          ○平成36年度:33.0%

  家庭ごみ有料化指定ごみ袋の手数料はどのように使われるのか、
  ごみ処理にはどのくらい費用がかかっているのか、お知らせします。   

    

家庭ごみの処理の流れ

家庭ごみが集められた後の流れと、どんな費用がかかるのか見てみよう。

 pdfごみ処理にはどのような費用がかかっているの?(127.70 KB)

平成27年度の指定ごみ袋手数料の使いみち

平成27年度の家庭ごみ有料化手数料の使途です。

pdf平成27年度の家庭ごみ有料化手数料はどのように使われているの?(72.88 KB)
 

ごみ処理にかかる費用と変化

平成27年度原価計算から、ごみ処理にかかる費用と平成18年度からの変化を見てみよう。

pdf平成27年度のごみ処理にはどのくらいお金がかかっているの?ごみ処理の費用はどのように変化してきているの?(211.55 KB)
 

ごみ処理にかかる費用と変化

平成29年度家庭ごみ有料化手数料の使途案です。

pdf平成29年度の家庭ごみ有料化手数料はどのように使われる予定なの?(231.89 KB)





 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

環境衛生部ゼロごみ推進室ゼロごみ推進課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-55-4077
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません