ここから本文です。

家庭ごみ有料化実施計画

 市では大幅なごみ減量とリサイクル推進のため、平成25年7月より家庭ごみ有料化を実施しており、その過程では、平成22年9月22日に苫小牧市廃棄物減量等推進審議会に対し「家庭ごみ有料化について」を諮問し、平成23年3月28日に「家庭ごみを有料化し、大幅なごみ減量を目指すべき」との答申を受け、同年6月に取りまとめた「ごみ減量とリサイクル推進に対する基本的な考え方」、8月に取りまとめた「家庭ごみ有料化実施計画(案)」について7月から10月にかけて行った市民説明会やパブリックコメント等を通じて市民の皆さんから直接ご意見を頂いてまいりました。
 それらのご意見等を踏まえ策定されました「家庭ごみ有料化実施計画」を掲載しております。

家庭ごみ有料化実施計画の概要

家庭ごみ有料化実施計画の概要
目的  大幅なごみ減量の達成
実施時期  平成25年7月
対象
  • 有料
    燃やせるごみ、燃やせないごみ
  • 無料
    資源物(ビン・缶・ペットボトル・紙パック)、プラスチック、紙(平成25年度より)
手数料  ごみ容量1ℓ当たり2円
袋の種類  兼用袋(=「燃やせるごみ」と「燃やせないごみ」兼用)
容量  5リットル 10リットル 20リットル 30リットル 40リットル
単価 10円 20円 40円 60円 80円
大型ごみ 1点につき500円を ⇒300円又は600円の段階設定へ改定
減免等  ボランティア清掃によるごみ・罹災ごみ
 乳幼児・重度障害者(児)・高齢者世帯の紙おむつ
周知  053大作戦ステージ3で実施
美化推進
  • 不法投棄対策
    夜間・休日パトロールの実施
    不法投棄110番の設置
  • 不適正排出対策
    (仮称)ステーションパトロール隊の創設
    (仮称)共同住宅排出マナー改善対策協議会の創設
  • カラス対策
    折りたたみ式ごみステーションの設置

関係資料等


 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

環境衛生部ゼロごみ推進室ゼロごみ推進課
059-1364
北海道苫小牧市字沼ノ端2番地の25
電話:0144-55-4077
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません