ここから本文です。

現在位置

ホームタンクの漏えい事故防止について

ホームタンクからの漏えいにご注意を!

 ご家庭や事業所等に設置されているホームタンク等からの漏えい事故が発生しております。漏れた灯油等が土壌や河川を汚染すると、火災危険はもちろん河川の生態系に深刻な影響を及ぼしかねません。事故を未然に防ぐには日常の点検が非常に大切です。

ホームタンクの点検のポイント

  • ホームタンクが傾いていないか、タンクを支えている脚に腐食がないか。
  • タンク本体や配管に亀裂や腐食がないか。

灯油等の漏れに気付いた場合は

 出火危険があるので消防署に119番通報して下さい。漏れた油を適切に処理するため迅速な通報が大切です。

灯油等を貯蔵する場合は

 貯蔵量により届出又は許可が必要になります。届出が必要ない場合についても、苫小牧市火災予防条例で規制されることとなり安全に貯蔵する義務があります。
灯油等を貯蔵する場合は
油種 条例による届出が必要(個人の住居を除く) 消防法による許可が必要
灯油又は
軽油
200リットル以上1000リットル未満 1000リットル以上
ガソリン 40リットル以上200リットル未満 200リットル以上

お問い合わせ

消防本部予防室
053-0052
北海道苫小牧市新開町2丁目12番7号
電話:予防担当:0144-84-5026、危険物担当:0144-84-5035、査察担当:0144-84-5030
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません