ここから本文です。

ひとり親家庭等医療費助成制度について

 母子及び父子家庭等の児童とその親に対して、医療費の自己負担額の一部を助成する制度です。
 

対象となる方

  1. ひとり親家庭(母子家庭、父子家庭)の18歳未満(注1)の児童とその親や、両親が死亡や行方不明などで両親以外の方に扶養されている児童。
  2. 両親のどちらかが身体障害者手帳1・2級の交付を受けている世帯の18歳未満(注1)の児童と、障害をお持ちでない親。
  3. 上記1、2の家庭で、18歳以上20歳未満(注2)の児童が学生あるいは未就労で母親または父親に扶養されている児童とその親、または両親が死亡などの理由で両親以外の方に扶養されている児童
(注1):18歳に達した日(誕生日の前日)の属する年度の末日(3月31日)までを含みます。
(注2):20歳に達した日(誕生日の前日)の属する月の末日までを含みます。
 

所得制限について

 平成26年8月1日より、医療助成制度について、北海道と同様の基準による所得制限を導入します。
 所得制限を超えた場合は、8月1日から翌年の7月31日まで医療助成の受給が制限されます。
  

  所得制限の表はpdfこちら(18.74 KB) です。

助成の内容

 医療機関等にかかった時の医療費のうち、保険診療の一部負担金から自己負担額を除いた額を助成します。 (入院時の食事療養費標準負担額や生活療養標準負担額など自費でかかるものは除きます。)

 自己負担額の表はpdfこちら(26.45 KB) です。

申請の手続き

 必要書類をお持ちになって申請してください。

手続きに必要なもの

  1. 健康保険証(親、子)
  2. 対象となる方(1)の場合:親の戸籍謄本(未婚の場合は、親と子の戸籍謄本)
  3. 対象となる方(2)の場合:障害をお持ちの方の身体障害者手帳
  4. 対象となる方(3)の場合:上記2または3のほか、学生の方は在学証明書、未就労の方は親が児童を扶養している旨の申立書(ひとり親家庭等医療費受給資格申立書)
  5. 課税所得証明書(転入された方や主たる生計維持者が苫小牧にお住みでない場合に必要です)
    ※前年度分が必要となる場合があります。

医療機関に受診するときは

 交付された「ひとり親家庭等医療費受給者証」と、健康保険証を一緒に医療機関の窓口に提示してください。ただし、受給者証が使用できる地域が限定されております。

〈使用できる地域〉
 児童:入院、通院ともに北海道内
 親:入院は北海道内、通院は苫小牧市、白老町、安平町、厚真町、むかわ町
※限度額適用認定証または限度額適用標準負担額減額認定証をお持ちの方は、一緒に窓口へお出しください。

次のような場合は、いったん病院等に医療費を支払って、後日払い戻しの請求をしてください。

  • 1ヵ月に複数の医療機関に受診があり、自己負担額の合計が自己負担上限額を超えたとき
  • 1ヵ月に同一世帯の同一制度をお持ちの方々の自己負担額の合計が自己負担上限額を超えたとき
  • 受給者証が使用できない地域の病院等で受診したとき
  • 受給者証の交付を受ける前に受診したとき、または受給者証を忘れたとき

払い戻し請求に必要なもの

  • 健康保険証
  • ひとり親家庭等医療費受給者証
  • 支払った領収書(明細が記載されたもの)
  • 印鑑(朱肉を使用するもの)
  • お受け取りになる銀行口座(児童の場合は保護者名義のもの)
  • 高額療養費の支給があった方は決定通知書

保険証を提示せずに病院等に受診したとき、または、治療用装具(コルセット等)をつくったとき

 加入している健康保険(国民健康保険、健康保険組合など)に請求し、保険給付分の払い戻しを受けた後、こども支援課に申請してください。保険診療分の自己負担額から医療助成分の自己負担額を除いた金額が戻ります。
 必要書類は上記のほか、健康保険からの支払決定通知書(苫小牧市国民健康保険の方は必要ありません。)をお持ちください。

登録事項に変更があったとき

受給者証の交付を受けた後に、次のような変更があったときは、変更の届出をしてください。
  • 加入している健康保険が変わったとき
  • 住所、氏名が変わったとき
  • 世帯の異動があったとき
次のような場合は、受給資格がなくなりますので、届出をしてください。
  • 他の市町村へ転出するとき
  • 生活保護を受けることになったとき
  • 健康保険の資格がなくなったとき
  • 児童福祉施設等に入所し、医療給付を受けたとき
  • 所得制限額を超えたとき(平成26年8月1日より適用)
  • 婚姻(事実婚も含む)したとき

交通事故などの第三者行為により受診するとき

 交通事故や第三者の行為による負傷で病院等に受診する場合、受給者証は使用できません。使用した場合または使用したい場合は、こども支援課まで届出をしてください。

高額療養費及び付加給付金の返還について

 保険診療に係る1ヵ月の自己負担金が一定額を超えたとき、その超えた額が高額療養費として、後で保険者から支給されます。また、保険者によっては、付加金が給付されることがあります。ひとり親家庭等医療費受給者証をお持ちの方が、受給者証を使用して病院等に受診したとき、保険診療の自己負担分から医療助成制度の自己負担額を除いた部分については、苫小牧市が負担していますので、保険者から支給される高額療養費および付加給付金は苫小牧市に返還していただくことになりす。(保険者によっては、苫小牧市が被保険者から受領について委任をしていただく方法をとる場合があります。)

申請受付窓口・払い戻し請求受付窓口

 市役所健康こども部 こども支援課(市役所1階17番窓口)
 または勇払出張所、のぞみ出張所

受付時間

 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く) 午前8時45分から午後5時15分まで
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部こども支援課
電話:助成給付係:0144-32-6416、相談係:0144-32-6369、少年指導係:0144-32-6148
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

乳幼児等・ひとり親家庭等医療費助成制度

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

くらしの手続き
子育て
結婚・離婚

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません