ここから本文です。

未熟児養育医療について

 身体の発育が未熟なまま出生した乳児(いわゆる未熟児)で、医師が指定養育医療機関において入院養育を必要と認めたものに対して 養育医療の給付を行います。

 

給付対象

  • 出生体重が2000グラム以下のもの
  • 生活力が特に薄弱であって医師が入院を必要と認めたもの

費用負担

  • 入院医療費のうち、保険適用後の自己負担額及び入院時食事療養費の自己負担額が公費負担の対象となります。
  • 世帯の所得税額等に応じて、費用の一部は自己負担となります。
  • 自己負担額は、後日、こども支援課から送付される「納付書」で納めていただくことになります。

申請方法

以下の書類のほか、健康保険証、印鑑をお持ちの上、こども支援課まで提出してください。
  • 養育医療給付申請書
  • 養育医療意見書(主治医が記載)
  • 世帯調書
  • 扶養義務者全員の所得税額を証明する書類

世帯の中で18歳未満の未就労者を除く、全員の所得税額を証明する以下の書類が必要です

(ア)生活保護を受けている方
 生活保護受給証明書

(イ)給与所得者・年金受給者等で確定申告をしていない方
 源泉徴収票

(ウ)確定申告をされた方
 確定申告書の控(税務署の受付印の押印済み)

(エ)無職・収入のない方・所得税非課税の方
 市町村民税課税証明書

お問い合わせ

健康こども部こども支援課
電話:助成給付係:0144-32-6416、相談係:0144-32-6369、少年指導係:0144-32-6148
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

乳幼児等・ひとり親家庭等医療費助成制度

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません