ここから本文です。

予防接種について

 
 
 予防接種は、各種の病原体に対して免疫を持たない感受性者への免疫賦与あるいは、免疫の増強効果(ブースター効果)を目的に行われるもので、感染予防、発病予防、重症化予防、感染症のまん延予防、感染症の排除・根絶を目的としています。
 ワクチンの接種にあたっては、母体からの移行抗体の減衰や感染症の発生状況、罹患あるいは重症化しやすい年齢、集団生活の有無、兄弟姉妹の有無、海外への渡航予定等を考慮し、標準的な接種時期の中で、できるだけ早期に接種し、全体の接種率を高める必要があります。
 

定期接種と任意接種

 予防接種法に基づき実施される「定期接種」と、予防接種法に基づかない「任意接種」があります。
 定期接種は、対象となる期間内に接種することで、原則自己負担なく接種可能です。
 任意接種は、疾病予防のために料金を自己負担し、保護者や本人の意思で接種します。

 

料金について

 定期予防接種は原則無料で実施できます。
 任意の予防接種については、自己負担となります。

 

予防接種はお近くの医療機関へ

(1)定期予防接種は、原則、住民登録のある自治体の医療機関にて行います。

 苫小牧市内で接種が可能な医療機関は下記のとおりです。
 接種に向かう前に、事前に予約を取るようお願いいたします。
 ただし、BCGワクチンの接種は、医療機関ではなく、教育・福祉センター(苫小牧市本幸町1丁目2番21号)の3階にて行います。BCGワクチン接種の際には、事前の予約は必要ありませんので、直接会場にお越しください。
 BCGワクチン接種に係る詳しい内容はpdfこちら(329.96 KB)をご覧ください。
 
BCGワクチン以外 BCGワクチン
pdf市内医療機関一覧(50.80 KB) 教育・福祉センター
 

(2)里帰り、出張、進学などで住民登録地で予防接種できない場合は・・・

 事前に手続きが必要となるため、接種を行う前に、苫小牧市健康支援課総務担当(電話番号:0144-32-6407)までご相談ください。
 また、手続きには下記の「予防接種依頼申請書」の提出が必要となります。
 なお、住民登録地以外で予防接種をする場合には、定期接種であっても一時的に自己負担が生じます。当該費用については、接種から1年以内に市に請求いただくことで、上限額までお返しできます。

 *手続きにはお時間がかかるため、お早目にご相談くださいますようお願いいたします。

 ■pdf予防接種依頼申請書(71.77 KB)(PDF)
 ■pdf予防接種依頼申請書記入例(110.73 KB)(PDF)

 

予診と保護者の同伴について

(1)予診を受けましょう

   予防接種を受ける前に、お医者様の問診、検温等の診察を受け、お子様が予防接種を
  受けても問題ないか確認します。この際、お子様は自分の体調をうまく説明できない場
  合もありますので、原則、保護者の同伴が必要になります。
 

(2)保護者が同伴できない場合は、委任状が必要です!

   保護者が同伴することができない場合、お子様の健康状態を普段からよく知る親族等
  が同伴できます。ただし、保護者ではない方が同伴する場合には、同伴者の同意をもっ
     て、保護者の同意とする旨の委任状が必要になります。

   (ⅰ)医療機関を受診する前に委任状を作成し、受診時に受付へ提出します。
   (ⅱ)ただし、日本脳炎の定期接種及びヒトパピローマウィルス感染症の定期接種で
      いずれも13歳以上の者に接種する場合に限り、あらかじめ、接種することの
      保護者の同意を予診票上の保護者自署欄にて確認できれば、委任状の提出は
      必要ありません。
 
pdf委任状の様式(78.28 KB)(PDF)
*一度の予防接種につき、
一枚必要となります。
 

接種時期について

 いつ、どのようなワクチンを接種できるのかを記した予防接種スケジュールを掲載しています。
 予防接種の計画を立てる際にご活用ください。
 
◆0歳の予防接種スケジュール(PDF)
pdf(438.18 KB)
◆小児の予防接種スケジュール(PDF)
pdf(624.12 KB)
※上記一覧表は、NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会ホームページより転載しています。

 
標準的な接種時期 定期接種 任意接種
生後2か月 ヒブ(1回目)
小児用肺炎球菌(1回目)
B型肝炎(1回目)
ロタ
生後3か月 ヒブ(2回目)
小児用肺炎球菌(2回目)
B型肝炎(2回目)
四種混合(1回目)
生後4か月 ヒブ(2回目)
小児用肺炎球菌(2回目)
四種混合(2回目)
生後5か月 BCG
四種混合(3回目)
生後7か月 B型肝炎(3回目)
1歳から ヒブ(4回目)
小児用肺炎球菌(4回目)
MR(1回目)
水痘(1回目)
おたふくかぜ
1歳6か月から 四種混合(4回目)
水痘(2回目)
3歳から 日本脳炎(1回目、2回目)
4歳から 日本脳炎(3回目)
5歳から MR(2回目)
9歳から 日本脳炎(4回目)
11歳から 二種混合
※平成31年4月1日現在、ロタウイルス及びおたふくかぜに係る予防接種は任意です。
※接種の遅れなどで接種スケジュールがわからない場合には、苫小牧市健康支援課総務担当
(電話番号:0144-32-6407)までご相談ください。

 

異なった種類の接種間隔について

 ワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあります。
 
 
定期接種の生ワクチン
27日以上あける

他の予防接種
麻しん風しん混合(MR)
BCG、水痘
任意接種の生ワクチン
ロタ、おたふくかぜ
 
定期接種の不活化ワクチン
6日以上あける

 他の予防接種
ヒブワクチン
小児用肺炎球菌ワクチン
四種混合ワクチン
二種混合ワクチン
B型肝炎ワクチン
日本脳炎ワクチン
任意接種の不活化ワクチン
インフルエンザワクチン




 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません