ここから本文です。

産婦健康診査費助成

概要

 苫小牧市では、平成31年4月1日以降に出産された産婦に対して、産婦健康診査の費用を助成します。


(1)対象者
平成31年4月1日以降に出産された苫小牧市に住民登録のある産婦

(2)助成金額
健診に要した額と5,000円(上限金額)のいずれか低い額

(3)対象となる健診内容
診察・体重測定・血圧測定・尿検査・こころの健康チェック
※上記以外の項目や検査、治療等、健康保険を適用した費用は助成対象外
 

受診票の入手方法

(1)平成31年4月1日以降に母子手帳の交付を受けた方
母子手帳交付時にお渡しします。
(2)平成31年4月1日以前に母子手帳の交付を受けた方
出産前、もしくは出生の手続き時に健康支援課の窓口でお渡しします。
 

受診時期・受診方法

(1)受診時期
出産後2週間前後または出産後1か月前後のいずれか1回

(2)受診方法
受診時に「苫小牧市産婦健康診査受診票」「問診票」を医療機関へ提出してください。
※北海道外の医療機関等で産婦健康診査を受診される方は受診票を使用できません。以下の方法で費用の払い戻し手続きを行ってください。
 

道外の医療機関で受診する(した)場合

 医療機関に「苫小牧市在住者の産婦健康診査を実施する医療機関の方へ」、「産婦健康診査受診票(北海道外用)」、「問診票」、「返信用封筒」を提出の上、受診してください。

(1)費用払い戻し申請期限
産婦健康診査受診日から1年以内
(※産婦健康診査の受診日から、助成の申請時まで苫小牧市に住民登録がある方が対象となります。)
 
(2)申請に必要な持ち物
①母子健康手帳
②産婦健康診査の領収証と診療明細書(健診費用が確認できる書類)
③産婦健康診査受診票(北海道外用)
※健診年月日、検査項目の実施の有無、診察結果、医療機関名、担当医師等が記載されていること。医療機関発行の同内容が記載されている様式でも可。
④苫小牧市産婦健康診査受診票(交付を受け未使用のもの)
⑤印鑑
⑥産婦ご本人名義の通帳(旧姓名義での申請は不可)

 

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません