ここから本文です。

母子健康手帳・父子健康手帳・妊婦健康診査

 妊娠したかな?と思ったら、まず早めに病院受診。出産予定日が確定したら、市役所4階健康支援課にお越しください。母子健康手帳、妊婦一般健康診査受診票などを交付します。
 また、保健師が妊娠・出産・育児などの相談にも応じます。お気軽にご相談ください。
 なお、平成28年4月1日より、母子健康手帳の交付は市役所健康支援課4階のみとなります。
 勇払・のぞみ出張所での交付は行いませんのでご了承ください。

 

母子健康手帳

 
 母子健康手帳には、妊婦健診の結果、出産の状況、お子さんの健診結果、予防接種の状況などが記載され、就学までの大切な記録書となり、お子さんとお母さんの一生の宝物となります。
 母子健康手帳の交付の際には、妊娠届出書へのマイナンバーの記載と本人確認の書類が必要になります。必要書類等につきましては、「マイナンバーを記載する際の本人確認について」http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kurashi/mynumber/identification.htmlをご確認ください。

<母子手帳の発行に必要なもの>
①身分証明書
②マイナンバーカード
(または番号確認書類+身元確認書類)

<本人以外が来庁する場合>
①代理人の身分証明書
pdf委任状(48.08 KB)
(委任する事項に『妊娠の届出等に関すること』など
 と記載し、使用してください)
③妊婦のマイナンバーカード
(または番号確認書類+身元確認書類)

<再発行する場合>
①妊婦または保護者の身分証明書

父子健康手帳

 母子健康手帳交付の際、ご夫婦で協力して育児が楽しめるよう希望者に父子健康手帳をお渡ししています。
 父子健康手帳には妊娠周期における妊婦さんの身体の変化やお子さんの成長発達、お子さんのお世話の仕方などが掲載されています。
 また、お子さんの成長やお父さんの気持ちを自由に記載できる欄もあり、お父さんも楽しんで育児に向き合えるような内容となっております。
 母子健康手帳とあわせて、ご夫婦でお子さんの宝物としてご活用ください。
 

妊婦一般健康診査及び超音波検査(エコー検査)

 おなかの赤ちゃんは順調に育っているかな?お母さんの体に異常はないかな?妊娠によってお母さんの体も大きく変化していますので、どんなに体調が良くても定期的に健診を受けることが大切です。
 健診には毎回費用がかかりますが、苫小牧市では妊婦一般健康診査受診票を14枚、超音波健診受診票を4枚交付し、費用の一部を負担しています。

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

健康こども部健康支援課
電話:総務担当:0144-32-6407、保健担当:0144-32-6410、0144-32-6411
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

妊婦に関すること

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

くらしの手続き
妊娠・出産

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません