ここから本文です。

「要緊急安全確認大規模建築物」の耐震診断結果の公表について

要緊急安全確認大規模建築物とは

 昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建築された次の建築物のうち、一定規模以上のもの。
 ○病院、ホテル・旅館、店舗などの不特定多数の者が利用する大規模建築物
 ○学校、老人ホームなどの避難確保上特に配慮を要する者が利用する大規模建築物
 ○一定量以上の危険物を取り扱う大規模な貯蔵場等

 要緊急安全確認大規模建築物の用途・規模要件は、次のとおりです。
     pdf要緊急安全確認大規模建築物の用途・規模要件一覧表(57.83 KB)

耐震診断結果の公表

 苫小牧市が所管する区域内の要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断結果は、次のとおりです。今後、対象建築物の耐震改修等の進捗状況により、随時内容を更新します。耐震診断結果については、附表と照らし合わせることにより、構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性の評価区分を確認することができます。(「参考 耐震診断結果の見方」を参照してください)。
《耐震診断結果の閲覧に当たっての注意事項》

 建築物の耐震診断は、震度6強から震度7に達する程度の大規模の地震に対する安全性を評価するものです。公表対象の建築物は、違法に建築されたものや劣化が放置されたものでない限りは、震度5強程度の中規模地震に対しては、損傷が生ずるおそれは少なく、倒壊するおそれはありません。
 pdf表紙・目次(39.66 KB)
 pdf要緊急安全確認大規模建築物に係る耐震診断結果総括表(苫小牧市が所管する区域内の建築物)(60.25 KB)
<不特定多数の者が利用する大規模建築物>
 pdf体育館(32.30 KB)
 pdf集会場、公会堂(32.30 KB)
<避難確保上特に配慮を要する者が利用する大規模建築物>
 pdf小学校、中学校、義務教育学校、中等教育学校の前期課程、特別支援学校(57.18 KB)
 pdf老人福祉センター、児童厚生施設、身体障害者福祉センターその他これらに類するもの(37.75 KB)

pdf附表 耐震診断の評価の結果と構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性の評価(32.40 KB)
pdf参考 耐震診断結果の見方(176.97 KB)

pdf※全文(表紙~参考)(310.32 KB) 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

都市建設部建築指導課
電話:建築確認係:0144-32-6522、指導係:0144-32-6527
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

耐震診断・改修、リフォーム等に関すること

マイリスト

  •  

リストに追加する

リストを管理する

マイリストの使い方

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません